はじめに

Love is in the MacBook Air、そして恋に落ちる新商品の2017年 MacBook Pro 13インチモデルのTouch Barが登場です。このMacBook Airで新しく登場するもの、他モデルから拝借されているもの、厄介な機能は何でしょうか?さあ分解を始めましょう。

InstagramTwitterTwitter日本語版or Facebookをフォローして私たちと友達になりましょう。

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのMacBook Pro 13" Touch Bar 2017を修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

  1. 新品のMacの香りは最高ですが、このスペックはどれぐらい新しいのでしょうか?調べてみましょう。
    • 新品のMacの香りは最高ですが、このスペックはどれぐらい新しいのでしょうか?調べてみましょう。

      • 13.3インチ(対角)LEDバックライトIPS Retina ディスプレイ、2,560 x 1,600ピクセル標準解像度 (227 dpi)、数百万色以上対応

      • 3.1GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)

      • 8GB 2,133MHz LPDDR3 SDRAM

      • 256GB PCIeベースオンボードSSD

      • Integrated Intel Iris Plus Graphics 650

      • 4つのThunderbolt 3(USB-C) ポートと3.5mmヘッドフォンジャック

      • 802.11ac Wi-Fiワイヤレスネットワーク、Bluetooth 4.2

  2. 既に同じ作業を経験しているおかげで、面倒な吸盤ーこじ開けー開口ピックをスライドして、この小さな外ケースをすぐに開口できました。
    • 既に同じ作業を経験しているおかげで、面倒な吸盤ーこじ開けー開口ピックをスライドして、この小さな外ケースをすぐに開口できました。

    • このカバーが開くと、密に詰め込まれた内部が現れました。なんだか前に同じものを見たことがあるかのようなデジャブ感覚になります。

    • 2017年MacBook Pro 13インチモデル Touch Barを比較してみましょう…(2番目の画像)

    • …比較するものは2016年MacBook Pro 13インチモデルです。(3番目の画像)

    • どれも一緒に見えますが、バッテリー容量は49.2Whと若干少ないです。

    • 唯一確認できる違いといえば、ファンの仕上げ方法です。まるで4K iMacを洗練させたかのようです。

    • このノートブックにはめられた手錠の様な基盤を取り出します。すると,まるで口髭の様な形に変身しました。中身の秘密は以下の通りです。

      • Intel Core i5-7267U プロセッサー、 Intel Iris Plus Graphics 650

      • Intel® JHL6540 Thunderbolt™ 3 Controller

      • SanDisk SDRQKBDC4 064G 64 GB NANDフラッシュメモリー (基板上のこちら側は2つ搭載されているため合計 128 GB)

      • Samsung K4E6E304EB-EGCG LPDDR3 DRAM (4 x 2 GB=合計8 GB)

      • Texas Instruments SN650839 72C27RNGI、TI/Stellaris LM4FS1EH SMCコントローラー (TM4EA231の交換コードネーム)

      • H9CKNNN4GTATMR-NTH

      • 村田製作所/Apple 339S00056 Wi-Fiモジュール

    • 裏側も見てみましょう。

      • 2x SanDisk SDRQKBDC4 64 GB NAND フラッシュストレージ (2016年 Escape モデルの取り外し可能SSDと同一)—合計256 GB

      • APL1023 343S00736 (Touch Barとペアのカスタム製Apple T1チップに見えます)そして (Apple製でしょうか?) 338S00193-A1 17148HDK

      • 2x Texas Instruments TI CD3215C00 68C7QKW G1

      • Intersil 95828 HRTZ X708FGK

      • Texas Instruments HD3SS215 6.0 Gbps HDMI DisplayPort 2:1/1:2 Differential Switch

      • Macronix MX25L6473EZNI-10GシリアルFlashメモリ

      • Secure Element 008とNXP PN549を含むNXP 66V10NFCコントローラー (iPhone 6sと同一)

  3. 最終案
    • トラックパッドはバッテリーを最初に取り出さなくても取り外しが可能です。
    • ペンタローブネジの使用により、デバイスへの作業が不必要に難しくなります。
    • バッテリーアセンブリはとても頑丈にケースに接着剤で留められています。そのため、交換作業は複雑になります。
    • チップ、RAMフラッシュメモリーが基板に半田付けされています。
    • Touch Barの交換は難しく、スクリーンにダメージが入ってしまいます。
    • Touch IDセンサーは電源スイッチとしての機能も兼ねています。基板上のT1チップとペアで出荷されています。そのため壊れた電源スイッチを修理するにはAppleに相談するか、新しいロジックボードに交換するしかありせん。
    修理難易度スコア
    1
    10点満点中1点の修理難易度
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Also, good luck getting your data off of those pci-e style hard drives.

j0vian - 返信

There is a special boot mode in which the Mac basically acts like a network connected drive (NAS)

Mining15 -

I'll stick with my repairable and upgrade friendly MacBook Pro 2012 thanks.

Apple lost a winning edge when they removed user serviceable from their vernacular.

Justin - 返信

I’m inclined to agree.

This will very likely be my last Mac.

When did Apple decide to play games like MS used to?

Corey DeLasaux -

You should do an in-depth analysis of they new keyboard, and see if there are actual structural differences between the 2016 keyboard and the new 2017 one, and if so provide some pictures.

Johannes - 返信

統計データを表示:

過去 24時間: 159

過去 7 日: 911

過去 30 日: 4,246

今までの合計 177,886