メインコンテンツにスキップ

ネジ山が潰れたネジを取り出す方法

必要な工具と部品

ビデオの概要

  1. ネジ山が潰れたネジを取り出す方法, 違う種類のドライバーを使う: 手順 1、 1の画像 1
    • 目の前のネジ山が潰れてしまいました。ドライバーではもう対応できません。打ちたたいて壊す前に次の手順を試してみましょう。

    • これまでとは違うドライバーを使用します。まず潰れたネジ山の一部分でも動かせるか確認するため、わずかに小さいか大きいヘッドサイズのドライバーで試してください。それからマイナスドライバーでも試してみます。

    • すぐにビットがネジを掴めない場合は作業を中止してください。さらにネジ山を潰してしまうことになります。

    • 上記のアドバイスでネジが動く場合は、おめでとうございます!ネジは取り出せます。

  2. ネジ山が潰れたネジを取り出す方法, ゴムバンドを使う: 手順 2、 3の画像 1 ネジ山が潰れたネジを取り出す方法, ゴムバンドを使う: 手順 2、 3の画像 2 ネジ山が潰れたネジを取り出す方法, ゴムバンドを使う: 手順 2、 3の画像 3
    • ゴムバンドを使うとネジを回転させるのに必要なグリップ力を強化できます。

    • ゴムバンドを伸ばして、潰れたネジ山の上に載せてください。

    • ネジ山に合うドライバーを差し込んで、回します。

  3. ネジ山が潰れたネジを取り出す方法, ネジプライヤーを使う: 手順 3、 2の画像 1 ネジ山が潰れたネジを取り出す方法, ネジプライヤーを使う: 手順 3、 2の画像 2
    この手順で使用する道具:
    Screw Extracting Pliers
    $19.99
    購入する
    • ネジ頭にアクセスできる場合、ネジプライヤーを使用してください。ネジが掴める場合は旋回させるとネジが外れるはずです!

    • ネジが少しでも緩くなったら、残りの作業はドライバーで外せます。

  4. ネジ山が潰れたネジを取り出す方法, 接着剤を使う: 手順 4、 3の画像 1 ネジ山が潰れたネジを取り出す方法, 接着剤を使う: 手順 4、 3の画像 2 ネジ山が潰れたネジを取り出す方法, 接着剤を使う: 手順 4、 3の画像 3
    • まだネジが動きませんか?この場合は、ネジ山に強力接着剤を流し込みます。

    • ドライバーをネジ山に差し込んでそのまま接着剤が乾くのを待ちます。

    • ドライバーを下向きに押し込むようにしてしっかりと握り、ネジが動くように旋回させます。

    • ドライバーの先端から接着剤の残りを拭き取ってください。

  5. ネジ山が潰れたネジを取り出す方法, ハンドグラインダーを使う: 手順 5、 1の画像 1
    • ドライバー、プライヤー、ゴムバンド、強力接着剤を使用してもネジが動かない場合は次にハンドグラインダーを試してみましょう。

    • 薄い切断ディスクをハンドグラインダーに取り付けます。切断する前に、ディスクがしっかりと装着されているか確認してください。

    • ハンドグラインダーを使用する際は、破片が飛んで怪我をすることがないよう必ず保護メガネを装着してください。

  6. ネジ山が潰れたネジを取り出す方法: 手順 6、 2の画像 1 ネジ山が潰れたネジを取り出す方法: 手順 6、 2の画像 2
    • この手順では、潰れたネジの頭に浅い溝を彫るためにハンドグラインダーを利用します。するとネジを取り出すためにマイナスドライバーを使用することができます。

    • ネジやデバイスの他の部分にダメージが入るのを防ぐため、低いパワー設定での使用をお勧めします。(ここでは最高が6のうち2で作業を行いました)

    • マイナスドライバーがしっかり装着できるように深い溝を彫りたいと思うかもしれませんが、ドライバーがある程度グリップする程度の浅い溝で十分です。

    • ねじ山が潰れたネジのネジ頭に浅い溝を彫ってください。

  7. ネジ山が潰れたネジを取り出す方法: 手順 7、 1の画像 1
    • ネジを取り外すには、マイナスドライバーを使用します。

    • ドライバーのサイズはネジのサイズによります。彫った溝にフィットする中で最も大きいサイズのドライバーを使って下さい。

    • 切断部分にドライバーがうまく合わない場合は。ハンドグラインダーを使って、溝を大きくしてください。溝を大きくしすぎないように注意して下さい。もし溝を大きくしすぎてしまうと、ドライバーが止まらず、ネジを回すことができなくなります。

    • 再組み立ての前に、保護メガネを装着して圧縮空気などをデバイスに吹き付けて清掃してください。ハンドグラインダーがデバイス内部に金属の破片を飛び散らせるので、圧縮空気などで清掃しないと短絡による故障につながる恐れがあります。

終わりに

ネジ山が潰れたネジを処理する際の追加情報として、このビデオのイントロ部分をご確認ください。

常に高品質のドライバーを使いましょう。安価なドライバーはネジを潰す原因になります。

249 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

作成者

13人の作成者と共同で作成されました。

Jake Devincenzi

メンバー登録日: 04/18/11

117,392 ポイント

57のガイドは作成済み

63 件のコメント

I usually use the soldering iron, resting on the screw head dilation of the materials or any glue on the thread, but if the damage the screw head is large only with the idea of ​​same rotary tool.

Cleyton - 返信

"To reassemble your device, follow these instructions in reverse order."

Yeah, that makes perfect sense... If you put the saw in reverse it glues all the buts of iron back onto the screw :-)

But other than that, this could be useful in some situations. Be careful,of the iron filings on your electronics!

koesper - 返信

Haha, good catch! We've fixed the conclusion. Apologies to all who tried so very hard to follow these instructions in reverse.

Jeff Suovanen -

There's always the ultimate tool if it won't go out, the drill.

Of course you'll have to make new threads if you drill out a screw. However, as a "weapon of last resort", the drill always works.

Branko Dodig - 返信

Thank you for this guide. The Vampliers, however, completely removed the head of my T6 screw. There are two of them holding the display to the top case of my 15'' Macbook Pro. I am on one of the last steps in the Top Case replacement guide.

Can I use a drill if my screw has virtually no head?

Thanks!

A Mac User - 返信

コメントを追加

統計データ:

過去 24時間: 376

過去 7 日: 2,676

過去 30 日: 11,313

今までの合計 1,762,742