メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

インターネット回復には、いくつかの便利なアプリケーションがあります。 このガイドでは、インターネットリカバリを使用してmacOSの新しいコピーを空または破損したSSDにインストールする方法を説明します。

インターネット回復は、2009年以降に製造されたAppleコンピューターでのみ可能です。お持ちのコンピューターが2010年または2011年に発売された場合は、インターネット回復を有効にするには、macOSの最新バージョンに更新する必要がある場合があります。

  1. コンピューターをシャットダウンして下さい。
    • コンピューターをシャットダウンして下さい。

    • もし、新しいドライブにMAcOSをインストールする場合、手順1はスキップしてください。

  2. コンピューターが 完全にシャットダウンしたのを確かめたら、パワーボタンを押してください。それから直ちにcmd + option + R.を押してください。
    • コンピューターが 完全にシャットダウンしたのを確かめたら、パワーボタンを押してください。それから直ちにcmd + option + R.を押してください。

  3. 画像のように、地球のグラフィックが回転を始めますので、コマンドボタンcmd + option + R. から手を離してください。 インターネットリカバリーの準備が始まりますので、ネットにワイヤーで繋がってなければ WIFI につなげてください。
    • 画像のように、地球のグラフィックが回転を始めますので、コマンドボタンcmd + option + R. から手を離してください。

    • インターネットリカバリーの準備が始まりますので、ネットにワイヤーで繋がってなければ WIFI につなげてください。

  4. ネットワークに繋がったら、地球の下に進行中のバーが現れます。
    • ネットワークに繋がったら、地球の下に進行中のバーが現れます。

  5. インターネットリカバリーが始まると、macOSリカバリースクリーンが表示されます。
    • インターネットリカバリーが始まると、macOSリカバリースクリーンが表示されます。

  6. 新しいドライブにmacOSをインストールする前に、インストーラーが認識できるドライブをフォーマットしてください。 回復メニューからディスクユーティリティを開き、ドライブを選択して、[ディスクユーティリティ]ウィンドウの上部にある[消去]ボタンをクリックします。 ドライブの名前を作成し、フォーマットがMac OS拡張(ジャーナリング)またはAPFSに設定されていることを確認します。
    • 新しいドライブにmacOSをインストールする前に、インストーラーが認識できるドライブをフォーマットしてください。

    • 回復メニューからディスクユーティリティを開き、ドライブを選択して、[ディスクユーティリティ]ウィンドウの上部にある[消去]ボタンをクリックします。

    • ドライブの名前を作成し、フォーマットがMac OS拡張(ジャーナリング)またはAPFSに設定されていることを確認します。

    • ドライブが[ディスクユーティリティ]メニューに表示されない場合は、メニューバーの[表示]セクションから[すべてのデバイスを表示]を選択します。

    • 新しいドライブがフォーマットされたら、コマンド+ Qを押してディスクユーティリティを終了し、リカバリメニューに戻ります。

  7. リカバリーメニューから、macOSのインストールを選択してください。
    • リカバリーメニューから、macOSのインストールを選択してください。

  8. プロンプトに従ってmacOSをインストールし、新しくフォーマットされたディスクをインストール対象として選択します。 プロンプトに従ってmacOSをインストールし、新しくフォーマットされたディスクをインストール対象として選択します。
    • プロンプトに従ってmacOSをインストールし、新しくフォーマットされたディスクをインストール対象として選択します。

終わりに

macOSのインストール中に、コンピューターが数回再起動する場合があります。インストールが完了したら、旧ドライブから新ドライブへ移行するために移行アシスタントを使用できます。

84 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Taylor Dixon

メンバー登録日: 2018年06月26日

43,758 ポイント

91のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

134 メンバー

14,648のガイドは作成済み

17 件のコメント

Perfect, it is soooooo easy

Cheers

Michael

Michael Clark - 返信

Super easy

just be super careful with the pentalobe screws, easy to cam out and strip the heads

be sure driver is engaged and apply more down force then you would think before turning

igolten - 返信

Hi there, will this work when upgrading an Early 2011 Macbook Pro with a new SSD and RAM? I don’t want to keep or clone any data that I currently have on the computer. I just want to do a clean install of MacOS without transferring over any old files. Thank you!

Fiona B. - 返信

Fiona, the Early 2011 MacBook Pros didn’t ship with internet recovery, but as long as it had a recent-ish version of MacOS before the SSD upgrade the firmware should have updated, which enables internet recovery! This is a great method for installing a fresh copy of MacOS to a new SSD.

Taylor Dixon -

Hello. Thank you for the article Taylor. I use a MBP 9,2 and wish to replace my ageing 500GB HDD with 500GB SSD and undergo a clean install of macOS. I’ll follow this article and install by the Internet Recovery method. I have a Time Machine backup, from which I want to restore only certain files and folders pertaining to my studies and work. I also want to restore only Keychain. Can you advise me regarding these or direct me by providing helpful links? Thank you.

Rohit Sorkhel - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 225

過去 7 日: 1,766

過去 30 日: 8,171

今までの合計 82,951