メインコンテンツにスキップ

リサイクルとは、製品を最後まで使い切ったときに残された手段です。リサイクルは最終手段です。愛用してきたガジェットを正しくリサイクルするために、このブログを参照にしてください。そして正しい方法でリサイクルをしている人たちに倣いましょう。

ガジェット

iPhone SEのパーツはどの程度、個別アップグレードが可能でしょうか?

Appleは新モデル全体の設計に経費をかせず、節約しながら、新モデルのスペックをアップグレードしているのに、なぜ私たちはお金をかけてアップグレードしなければならないのでしょうか? カメラはより高性能に、バッテリーはより効率が良く、プロセッサはより高速に。これらのアップグレードを得るためには、新モデルを手に入れるしかありません。Project AraやPuzzlephoneを聞いたことがありますか?自作PCの概念をスマートフォン市場に持ち込むという夢のような話です。コンセプトは簡単です。デバイスではなく、テクノロジーをアップグレードします。10万円を払って新機種を手に入れて、まだ使える携帯電話を引き出しの奥に眠らせるのではなく、カメラパーツを購入し、それをデバイス本体にインストールします。結果として、30gほどのe-wasteを廃棄するか、古いパーツとして売ることができます。少し時代の先端を走っていたNewtonと同じように、先導してくれるのでしょうか。 iPhone SEは第3世代モデルに突入しましたが、どれもiPhone 8の筐体にうまく収まります。iPhone 8、第2世代iPhone SE、2022年モデルiPhone SEは、すべて同じボディで、全体的に同じパーツを使っています。パーツを入れ替えてアップグレード可能なパーツの夢は、もうすぐそこまで来ていますが、重要なパーツの交換はどの程度可能なのでしょうか? iPhone SE 第3世代モデル iPhone SE 第3世代は基本的に第2世代モデルと同じです。サービスが必要な時は、 iPhone SE 2020の修理ガイドに従うことをお勧めします。また、Appleが公開している修理ガイドも参考にしてみてください。ただし、中身を見て驚愕しないでください。これはAppleが期待している現実です。 iPhone SE 2022のパーツ交換の互換性 2台のiPhone間でパーツ交換をする場合、正常に動作するもの、動作はするけれど機能を損なうもの、全く動作しないものに分けられます。最初の2つについては、パーツの形状が適合し、デバイスは正常に動作しますが、Appleのトレードマークである「確認できません」という警告が表示されます。しかし場合によっては、2つの新品のiPhoneの間で交換された純正パーツであっても、Appleからの恩恵(および/または手数料)がなければ、パーツのペアリングができないため機能が失われることがあります。そこで、2022年モデルのiPhone SE、2020年の前モデル、そして先代モデルのiPhone 8の間でどのパーツが交換後も機能するかどうかを、”可能”、”可能ですが…(限定的)”、”不可能”と判定した結果をお伝えします。 iPhone SEのバッテリー の交換 iPhone SE 2022のバッテリーを同モデルにインストール:可能ですが…バッテリーの交換を考慮した時、交換できるのは良い兆候ですが、残念ながら「非純正パーツ」の警告が表示されます。唯一失ってしまう機能は、バッテリヘルスを表示することができません。正真正銘、純正のバッテリーを使用していても、Appleは自身で承認できるまで、あなたが行なった修理を「純正ではない」ものと見なします。…

リサイクル

古いiPhoneのバッテリーを適切にリサイクルする方法

事実:熊はビーツを食べます。別のあまり面白くない事実:EPA(経済連携協定)はバッテリー廃棄に関する規定がありません。つまりバッテリーを通常の一般ゴミに捨るか、米国では各州の裁量に委ねています。一般ゴミには、紙くず、持ち帰りピザのボックス、汚れたナプキン、その他の可燃物が詰まっています。修理後のバッテリーを(驚くほど可燃性の高い)ゴミ箱に捨てるのではなく、リサイクルして焼却処理されるのを防ぎましょう。 なぜ気に留めなければならないのでしょうか?ゴミはゴミです。しかし、そうとはいかない… 数年前、Samsung Note7モデルのバッテリーが自然発火するアクシデントが相次いだのを覚えていますか?あまりの騒ぎに、アメリカ国内の空港ではNote 7を国内便に持ち込むことが禁止されました。それほどリチウムイオンバッテリーは危険性の高いものです。しかしNote 7に搭載されていたバッテリーだけでなく、全てのリチウムイオンバッテリー に危険が潜んでいます。 リチウムイオンバッテリー は、スマートフォンや電気自動車、電子タバコ、子供のおもちゃなど、身近にある様々なガジェットに搭載されています。化学物質の汚染、製造不良、過度の熱など、あらゆる要因によって熱を伴う暴走反応を引き起こし、爆発に至る可能性があります。リチウムイオンバッテリー に穴が開くと、バッテリー がショートして温度が急激に上昇し、バッテリー付近にあるものを発火させる可能性があります。 バッテリーが攻撃してくるとき 古くなって廃棄されたiPhoneのバッテリー がゴミ箱に廃棄されることを想像してみてください。トラックの荷台に積まれ、目的地に着くまで直射日光の下で揺さぶられ続けます。熱や圧力が高くなりすぎると、バッテリーは発火し、トラックの荷台の全ての搭載物に引火する可能性があります。実は、このような事態は頻繁に起こっています。実際にリチウムイオンバッテリーは、リサイクル運搬用トラックの火災の主な原因の一つです。昨年、カリフォルニア州で発生した廃棄物処理施設火災の65%がリチウムイオンバッテリーによるものでした。ニューヨーク州クイーンズ地区のリサイクル施設で発生したバッテリー火災は2日間にわたって燃え続け、ロングアイランド鉄道の4つの支線が数時間にわたって不通になった例もあります。この映像(下)に驚愕しない人はいないでしょう。 バッテリーによる引火は最悪な結果をもたらすことがあります。カリフォルニア州では、既に史上最悪の火災シーズンを迎えています。 さらに、リチウムイオンバッテリー が運搬/分別作業から危険を逃れたとしても、最終的には埋め立てられ、土壌に有害な金属が溶出して汚染され、最終的には水源に流れ込む可能性が高くなります。これは深刻な問題で、2017年に米国で販売されたリチウムイオンバッテリーの量だけでも、7万トンに達する可能性があります。これは、タイタニック号を爆発させる1.3個分の有毒爆発力を含んでいます。 iPhoneバッテリーの正しいリサイクル方法 善良で良識のある方は、リチウムイオンバッテリーを安全に処分してください。バッテリーの交換が終了したら、次のような手順に従ってください。 バッテリーが破損している形跡がない場合: この便利なロケーターを使用して、お近くのバッテリー回収場所を探してださい。(日本国内対象) ヨドバシカメラやヤマダ電機などの大手家電量販店には、不要になったバッテリーの回収ボックスが設置されています。 すぐに廃棄できない場合は、静電気が発生しにくく、鋭利な物が近くにない、涼しく乾燥した場所でバッテリーを保管してください。 バッテリーが膨張している場合: 金属製バケツや缶に砂を入れて、耐火性の容器を作ります。リサイクルセンターに持ち込むまで、膨張したバッテリーを容器の中で保管してください。 バッテリーを取り外す作業中に穴が開いてしまったが、引火していない場合: リサイクルセンターに持ち込める安定した状態になるまで、前述の耐火容器に入れます。 バッテリーに引火した場合: 泡消火器、CO2やABCドライケミカル、粉末黒鉛、銅粉、ソーダ(炭酸ソーダ)などで消火します。消火器がない場合は、乾燥した砂や食卓塩も使用できます。状態が安定したら、砂をいれたバケツにバッテリー を保管して、リサイクルセンターに安全に引き渡します。 しかし、バッテリーはどこにでも存在する普遍的なものでありながら、恐ろしい存在です。メーカーでさえ、バッテリーの取り外しを簡単にしてくれません。 このブログは「転ばぬ先の杖」です。リチウムイオンバッテリーの正しい知識を身につけ、安全に処分することで、今後の修理に責任を持つことができます。そして、バッテリーによる火災が発生する前に、下の”シェアする”ボタンを押して、安全なリサイクル方法を広めましょう! 訂正: この記事の公開当初のバージョンでは、膨張したバッテリーを塩水の入ったバケツに2、3日入れることを推奨していました。この方法はリチウムイオンバッテリーの放電には効果があることが証明 されていますが、その全体的な効果についてはまだ調査中です。そのため現時点では、膨張したリチウムイオンバッテリーを安全に保管する方法として確立されているのは、耐火性の容器を使用することだけです。…