メインコンテンツにスキップ

ニュース報道や手順ごとの修理ガイドの内容以外の記事です。iFixit全体の意見よりも、個人やグループのオピニオンが、ここに含れています。

E-waste(電子産業廃棄物)

E-Waste(電子廃棄物)の問題に取り組むなら、マーケットで販売してみましょう。

古くなったガジェットのリサイクル方法を聞かれることがあります。”iFixitで働いている彼なら、5年間クローゼットに眠ったままのBluetoothスピーカーをどうすればいいか知っているだろう “と思われるのです。申し訳ないのですが、私はバッテリーを取り外したり、スピーカーの廃棄場所を探すの手伝いをしたいわけではありません。あなたの使わなくなったガジェットを喜んで買って、使ってくれる人の目に触れさせたいのです。 地球のために何が最善か考えるのは難しい問題です。私たちは皆、テイクアウトの容器に書かれた「3」という数字に目を凝らしては、どのゴミ箱が人類の過ちを正しく修正してくれるのか考えています。これは間違いありません。不要なガジェットを売ったり、使ってくれる人に譲ったりすることは、あなたができる最善の方法です。別名シュレッダーと呼ばれるリサイクルよりも、何倍も素晴らしいことです。難しいのは、不要になった時に売る、寄付する、手放すということを自分に強いることです。それができれば、マーケットは成長し、バッテリーやパーツは廃れることなく、再販しやすくなります。 あなたが得られる唯一の大きなメリットは、修理しやすい製品と再利用のしやすさをメーカー側に要求することです。 しかし、コバルトやババッテリーの発火 、特殊ネジの事柄から、あなたに罪悪感を持たせるつもりはありません。この問題の一部は社会全体にあります。私たちがモノの最後の取り扱いを苦手としているかということです。 さよならを言うのは早すぎます 新しいデバイスを購入して起動させると、まるで新入生のようなデバイスはあなたと友達になりたがります。起動すると「Welcome」「Hello」「Let’s get started」(始めましょう)など、様々な言葉が飛び込んで来ます。太字スタイルのテキストや小さな矢印は、必要に応じてデバイスのメーカーに電話をかけたり、チャットをしたりして、いろいろなことを試させたり、学んだりすることを促してきます。メーカーは、新製品をアンボックスした時の使用体験に多大な努力を費やしています。箱から出したばかりの新ガジェットのおかげで、あなたの生活が少しでも変化したと感じてもらいたいのです。少なくとも、返品保証期間中は。 逆にデバイスに別れを告げる時、あれほど仲が良かった友達があなたを悩ませてきます。AppleやMicrosoftのページでは、廃棄前にするべき作業をウェブ上で紹介しています。少なくとも、マニュアルやウェブでのFAQでは、せいぜい”リサイクルは責任を持って行いましょう”と書いてある程度です。これでは、ブラウザのタブを幾つも開いて、リサイクル場で受け付けてくれる時間や持ち込み可能なアイテムのリストを見比べなければなりません。(これはCOVID-19以前の話です) 通常、ヨドバシカメラやビッグカメラなど大手家電量販店では、不要になったパソコンや小型家電製品をリサイクル回収しています。Appleではトレードインという下取りプログラムを設けています。そうでなければ、手放したいガジェットを必要としている誰かに出会うのを願うしかありません。その時が来るまで、引き出しの中に潜めておくだけです。 ( ”リサイクル”と言う名の怪しいものですが ) 正しい答えはまだありません。私が雇った最後の不動産業者は、携帯電話や様々なガジェットで埋もれたダンボール箱を抱えながら、3回も引っ越しをしています。私の友人の父親は、息子にどうしたらいいか聞く前に、5台のパソコンを積み上げてしまいました。二人ともスクリーンやバッテリーが搭載されたままのものは、ゴミ箱に廃棄できないことを知っていましたが、”何をするべきか”は様々な要素に左右されます。そして現在、古いデバイスは、売ることも、譲ることも、寄付することも難しくなっています。 ここで白旗です。昔使っていた iPhone 5cは台所のジャンク品で埋まっている引き出しの中で眠るしかないのです。 物を手放すことはネガティブなイメージがあるからです 屋根裏に隠されたノートパソコン、E-wasteがもたらすカオス、そして罪悪感の連鎖、これらの事柄を取り扱った書籍「Ends」(Joe MacLeod著)は私の愛読書の一冊です。私たち消費者は、物事が終わりを迎えることに対して、どれほど拒否しているのかを長い目で観察しています。映画、本、ゲームには始まりと中盤、そして終わりがあります。私たちの祖父母世代以前の人々は、モノを修理したり、お下がりにしたり、時には古物商に譲渡したりしました。しかし現代の製品やサービス、アプリは、捨てられるまで放置されます。その要因としては、ピューリタンの労働倫理、新規購入の心理、計画的陳腐化、所有物が壊れると自分の死にリンクする人間の傾向などが挙げられます。誤解のないように、「Ends」はビーチで寝転がって読める、気軽な一冊です。 2020年1月、私は「Ends」の著者であるMacLeod氏に、彼の仕事がE-wasteや廃棄製品にどのように関連しているかをインタビューし、その後も時々メールで交流を続けています。また私たちがデバイスを廃棄することに躊躇してしまうのは、その多くがリスクとリターンの関係にあると、彼は考えています。壊れたソファを処分するのは、ローリスク・ハイリターンです。部屋が広くなるし、ソファを解体しても誰も銀行口座にお金に振り込んでくれないし、ソファが発展途上国の川を汚染しているなんて話はあまり聞かないでしょう。 スマートフォン、ノートパソコン、様々なガジェット類…それらは場所を取りません。しかしこの中には、私たちに関するデータが含まれています。デバイスをワイプした後でも、クラウドサービスへの登録を解除しなければならないかもしれません。そして、電子製品を家のどこかに隠しておくことが、E-waste問題の一端を担っているとは誰も教えてくれません。はっきりと言いましょう、”家のどこかに隠しておくことも、E-wasteを増やしているのです”。 「”don’t :しない “を行動に移すことができるのでしょうか?それは終わりではなく、責任を転嫁しているだけです」とMacLeod氏は言います。「メーカーが製品のライフサイクルにおける自分たちの役割を認識するために、新しい別の手段が必要だと思います。製品をカーボンフリーで消費者に渡すだけでなく、彼らの手から製品を手離させることです。」 今、複雑なデバイスの最後を決めるのは、あなた次第です。だからこそ、大多数の人は結末を決めるよりも、片付ける方が簡単なのです。未来の自分たちがいつか考えてくれるでしょう。他に何ができるでしょうか? 働きましょう、お金も稼げるかもしれません。 実は、やるべきことは分かっているはずです。探している人に自分のものを売る方法があれば、実行できるはずです。売れなければ、必要な人に譲るか、地元の公共機関などで使用できそうな施設や学校を探すこともできます。人々が必要なガジェットを手に入れるために起こすアクションーそれは節約の為だったり、スペアパーツが欲しかったり、再販したり、学校など公共機関での使用やYouTubeでのクレイジーなプロジェクト用などどんな目的でも、リサイクルに出すよりはましです。想像以上に上手くいくと思います。色々考える前に始めてみましょう。 …