分解ページ作成のガイドライン

ご自身で行われる分解のウェブページを作成するにはこのガイドラインを参照してください!

分解とは何? ¶ 

分解とはハードウェア、ガジェット、ギズモ、あらゆる物の内部を垣間見ることです。

iFixitが始まったとき、既存のソフトウェアを使用せず、独自の社内画像エディタ/アップローダを実装することにしました。 年月を経てソフトウェアの発達は、分解は迅速かつ有効的に生成できるようになりました。 今後数年間で、ユーザーは分解ページはどのように作成されたかメールでの質問が可能となり、同時にユーザーが分解データベースに貢献することができます。 誰にでもこのプラットフォームを公開することの重要性を認識しています。そして昨年半年をかけてユーザーがアクセスできるようシステムの半分を開発しました。今、このツールを無料で利用することができ、お気に入りのガジェットの分解ページを作成することができます。

画像 ¶ 

撮影方法 ¶ 

ギターの弦を取り付ける作業の中で、この作業に関する実に多くの画像を撮影することができます。そのためのガイドを作成しました。私たちが毎回の撮影で心がけているプロのような分解写真を撮る方法を参照してください。

アスペクト比 ¶ 

現在、市場で販売されているカメラの大多数は4:3の比率で撮影します。 "ポイントアンドシュート"カメラをお持ちの場合は4:3の比率であることが多いです。 私たちは、一般的でないSLR(3:2のアスペクト比で写真を撮る)とは対照的に、ほとんどのユーザがポイントアンドシュートタイプのカメラを持つという前提に基づいて、イメージエディタシステムを設計しました。 画像エディタを使用すると、4:3の比率ではない画像をアップロードすることができますが、4:3に切り取る必要があります。

SLRカメラを使用するユーザーには、写真を切り抜くためのオプションがいくつかあります:

  • ファイルは、iFixitのイメージエディタを使用して、適切なアスペクト比に簡単に切り取ることができます。
  • Photoshopを使用して各画像を個別にトリミングするか、バッチ処理を設定してすべての画像を同時に処理することができます。
  • 様々なフリー/安価な画像バッチプロセッサが存在しますが、一部には画像を切り抜く機能が含まれています。

ご注意: 画像を切り取るためにバッチプロセッサを使用する場合は注意が必要です。 画像が大きく切り取られると、重要な細部が側面で切り取られることがあります。

サイズと画質 ¶ 

アップロードされる画像は、少なくとも800 x 600ピクセルのサイズである必要があります。 800 x 600ピクセルより小さい画像は、実行中のタスクを適切に表示するのに十分ではありません。

一般的に画像をできるだけ大きくしてアップロードすると、ユーザーは写真を拡大して詳細を確認できます。 大サイズの画像はアップロードに時間がかかりますが、最終的な結果を考慮すれば、その価値があります。 というわけで、カメラのフル解像度の画像をアップロードできます(1枚あたり最大10.0 MB)。

様々な共通フォーマット(JPG、GIF、PNGなど)で対応できます。

アップロード ¶ 

画像のアップロードには、FlashとJavascriptが必要です。(Flashは好きではありませんが、複数の画像を同時にアップロードする場合に必要です。) 写真のアップロードに問題がある場合は、あなたのブラウザのバージョン、Flashのバージョン、そして何が問題か詳細を[http://meta.ifixit .com | meta.ifixit]に投稿してください。担当者から連絡があります。

マークアップ ¶ 

分解は修理ガイドを一つ一つに解体されたものではなく、またマークアップをたくさん持つべきではありません。分解中は細かい手順を省略することができます。また取り外す各ネジにマークアップを追加する必要はありません。

マークアップは、デバイス分解の興味深い部分または謎を秘めた部分のために取っておく必要があります。 人によっては、解体するための参考に分解を使用する場合もありますが、潜在的な危険性がある点を指摘してください。

テキストの作成 ¶ 

あなたが書いたテキストは何千人もの人々が参照します。 分解を世界に向けて公開する前に、明確に、何度も校正してください。 あなたの作った分解が注目を浴びるために、人種/ 性的な内容を暗示させたり、使用しないでください。

箇条書き ¶ 

箇条書きは、分解ページの画像をテキストに関連付けるために使用されます。 いくつかの異なる弾丸スタイルがあり、下の画像に紹介されています。

Block Image
  • 色付きの箇条書きを使用して、ガイドイメージの対応する色付きのマークアップと一致させてください。
  • 注意記号は、デバイス自体が損傷する危険性をユーザーに警告するために使用する必要があります。
  • 注釈の箇条書きには、描かれていない動作、より詳細な説明、または別の方法などを表記できます。
  • リマインダの箇条書きは、再組み立ての作業についての記述にのみ使用してください。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! 貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

統計データを表示:

過去 24時間: 6

過去 7 日: 49

過去 30 日: 187

今までの合計 18,375