メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

iPhone(初代)の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    私たちはiPhoneを手に入れました。今はフォトスタジオに向かっています。

    手順2

    それでは、スペックの概要を簡単に記述します。

    手順3

    私たちはこのデバイスをどうやって開ければ良いか、実は分からないことをなんとか、ここで誤魔化そうとしています。

    手順4

    ランダムファクト:

    手順5

    iPhoneの正面です。バッテリーは箱から取り出した時に、ある程度充電されていました。

    手順6

    iPhoneの背面です。

    手順7

    私たちはiPhoneをバラバラにしました。作業には少し手こずりました。

    手順8

    前後のケースを分離します。

    手順9

    やっとです!あなたの待ち望んでいた瞬間です。

    手順10

    これは3.7v リチウムイオンポリマー電池です。

    手順11

    2本のアンテナケーブルの接続を外します。

    手順12

    ロジックボードをフロントパネルに固定している3本の#00プラスネジを外します。ネジは次の通りです

    手順13

    iPhone上部に搭載されたカメラを取り出します。

    手順14

    iPhone周囲に付けられた10本の#00プラスネジを取り外します。

    手順15

    バッテリーはAppleのモデルナンバーで 616-0290 L1S1376APPCです。

    手順16

    ロジックボードを持ち上げると、底に3本のコネクタがあります。これらはスピーカー、タッチセンサー、ディスプレイケーブルです。

    手順17

    残りのコネクタも接続を外します。

    手順18

    固定バーを上にしてドックコネクタケーブルを外します。

    手順19

    ロジックボードの拡大写真です。ロジックボードは2層あり、内側のコンポーネントを確認することはできません。

    手順20

    iPhoneからロジックボードとバッテリーを外すと画像のようになります。

    手順21

    ドックコネクターの左側にあるアンテナケーブルの接続を外します。

    手順22

    大きな黒いプラスチックケースからアンテナリボンシートをはがします。

    手順23

    アンテナが覆っていた真空の黒色プラスチックの部分を取り外します。

    手順24

    iPhoneは完全に分解されました!

    手順25

    さらなる検討の末、私たちはロジックボードを破壊することなくそれを開ける方法を見つけました。

    手順26

    この画像では空白のように見える中央下部のチップにはこのように表記されています。:MARVELL, W8686B13, 702AUUP. This is Marvell's 802.11b/g18.4mm2 chip.

    手順27 — 最終結果

    初代iPhoneの修理難易度スコアは10点中2点です(10が最も修理しやすい指標です)。

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります