メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

iPhone 12 Pro ディスプレイアセンブリの交換

ガイドの前提条件

この翻訳が完了したとみなされる前に、全ての必須条件ガイドを翻訳する必要があります。

iPhone 12 Pro ペンタローブの交換

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この概要は、検索結果にのみ表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1 — iPhone 下部端を温めます

      iPhoneの下側端を温めるとディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開口作業が簡単になります。

      手順2 — 吸盤カップを装着します

      次の2手順は便利なiSclackの使用方法です。修理を頻繁に行う方はぜひ準備しておくことをお勧めします。iSclackを使用しない場合は、代用手段が書かれた次の手順2つをスキップしてください。

      手順3 — ディスプレイをわずかに持ち上げます

      iPhoneをしっかりと持ちながら、iSclackのハンドルを閉めて、デバイス本体のリアケースからスクリーンを少しづつ引き離します。

      手順4 — 吸盤カップを装着します

      ハンドル付きのシングルタイプの吸盤を使用している場合、デバイス本体の下側端に沿って吸盤を取り付けます。ガラスのカーブした部分から離してください。

      手順5 — ディスプレイをわずかに持ち上げます

      吸盤カップをしっかりと引き上げます。リアケースとフロントパネルの間に僅かな隙間が生じるまで一定の力で引っ張ります。

      手順6 — スクリーンの接着剤を切開します

      開口ピックを本体下側の左端周辺までスライドします。それから、ディスプレイに留められた接着剤を切断しながら端に沿って本体上側に向けて移動します。

      手順7

      iPhoneの下側端に開口ピックを再度差し込みます。接着剤を切断しながら本体下側の右端より上部に向けてスライドします。

      手順8

      ディスプレイの上部端は接着剤とクリップ両方によって固定されています。

      手順9 — iPhone本体を開きます

      吸盤ハンドルもしくはiSclackを外していない場合、ここで外してください。

      手順10 — バッテリーとディスプレイコネクタカバーのネジを外します

      バッテリーとディスプレイコネクタカバーを固定している1.1 mm Y000 長ネジを2本外します。

      手順11 — バッテリーとディスプレイコネクタカバーを取り出します

      カバーを取り出します。

      手順12 — バッテリーの接続を外します

      スパッジャーの先端もしくは清潔な爪先を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクタをこじ開けます。

      手順13 — ディスプレイケーブルの接続を外します

      スパッジャーもしくは爪先を使って、ディスプレイケーブルコネクタの接続を外します。

      手順14 — フロントセンサとデジタイザの接続を外します。

      スパッジャーもしくは指先を使って、デジタイザケーブルコネクタの接続を外します。

      手順15 — フロントセンサーコネクタカバーのネジを外します

      Y000ドライバーを使って、フロントセンサーコネクタカバーを固定している4本のネジを外します。

      手順16 — フロントセンサーコネクタカバーを取り出します

      右側の小さなクリップが外れるまで、カバーを左側から持ち上げます。

      手順17 — フロントセンサーの接続を外します

      スパッジャーもしくは爪先を使って、フロントセンサーアセンブリのケーブルコネクタの接続を外します。

      手順18 — ディスプレイアセンブリを外します

      ディスプレイアセンブリを取り出します。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります