メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

注意:あなたはさきほど閲覧しているガイドの前提となるページを編集しています。あなたが行った変更は、この手順を含むガイド全体に影響を与えます。

英語
日本語

手順 1を翻訳中

手順1
Take note of the two seams on the phone: Screen seam: This seam separates the screen from the rest of the phone. This is where you should pry. Frame seam: This is where the plastic frame meets the back cover. It is held in place by screws. Do not pry at this seam.
  • Take note of the two seams on the phone:

  • Screen seam: This seam separates the screen from the rest of the phone. This is where you should pry.

  • Frame seam: This is where the plastic frame meets the back cover. It is held in place by screws. Do not pry at this seam.

  • Before you begin prying, note the following areas on the screen:

  • Screen flex cable: Do not pry deeper than instructed, or you risk damaging this cable.

  • Adhesive perimeter: Prying beyond the narrow perimeter without angling the pick will damage the LCD.

デバイス上の2つのシーム(継ぎ目)にご注目ください。

スクリーン上のシーム:このシームはスクリーンとデバイスの残り部分が繋がっています。ここをこじ開けます。

フレーム上のシーム:ここはプラスチックフレームが、バックカバーと繋がっている部分です。ネジで固定されています。このシームはこじ開けないでください。

シームをこじ開ける前に、スクリーン上の次のエリアにご注意ください。

スクリーンのフレックスケーブル:指示された以上に深くこじ開けないでください。このケーブルのダメージに繋がります。

接着剤周辺: 開口ピックの角度を調節せずに狭い周囲以上をこじ開けてしまうと、LCDが損傷します。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります