メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

バックガラスの解体は、バックガラスを修復する第一の手順です。 iPhoneXS Maxを例にして、レーザーマシンを使用してデバイスを分解せずに、壊れたガラスを効率的に修復する方法です。

ビデオの概要

  1. ガラスが破損したiPhoneXSMaxがあります。 最初に機能テストを実行します。 ワイヤレス充電をテストします。何も問題はありません。
    • ガラスが破損したiPhoneXSMaxがあります。 最初に機能テストを実行します。 ワイヤレス充電をテストします。何も問題はありません。

  2. 次に、レーザーマシンで背面ガラスをスキャンします。
    • 次に、レーザーマシンで背面ガラスをスキャンします。

    • デバイスの電源を切り、フォーカスポジショニングプローブの下に、上下逆に配置します。 パネルの”オートフォーカス”ボタンを押します。

    • 焦点距離インジケーターをオンにした状態で、デバイスを操作パネル上に逆さまに配置します。

  3. マッチングプログラムを実行します。 対応するモデルと図面を選択してください。 すべてのパラメータを設定します。
    • マッチングプログラムを実行します。 対応するモデルと図面を選択してください。 すべてのパラメータを設定します。

    • ”レッドライト”をクリックして、レーザー照準機能をオンにします。それから”マーク”をクリックして、背面ガラスをレーザー光でスキャンします。

    • 注:レーザー光によるスキャン中、スモッグが発生します。 そのため、空気清浄機のスイッチを入れてください。

  4. 作業が終了すると、背面ガラスが透明になります。
    • 作業が終了すると、背面ガラスが透明になります。

    • もう一度、デバイスの電源を入れて機能テストを実行します。 すべて順調であれば、イヤレス充電もうまくいくはずです。

  5. 次に、ミッドフレームから背面ガラスを外します。 スキャンしたバックガラスは簡単に分離できます。
    • 次に、ミッドフレームから背面ガラスを外します。 スキャンしたバックガラスは簡単に分離できます。

    • 金属製のへらを背面ガラスと中央フレームの間の隙間に挿入します。 前後にスライドさせて、背面ガラスを中央フレームから分離します。

  6. 背面ガラスが完全に分離されたら、レーザー光でスキャンして、中央フレームに残っている接着剤を取り除きます
    • 背面ガラスが完全に分離されたら、レーザー光でスキャンして、中央フレームに残っている接着剤を取り除きます

  7. 完了したら、ミッドフレームを綺麗にクリーニングします。
    • 完了したら、ミッドフレームを綺麗にクリーニングします。

    • ミッドフレームにB7000接着剤を塗布します。 新しい大きな穴のバックガラスを所定の位置に置き、接着します

    • 完了したら、デバイス4つの側面を固定して、接着剤が乾くまで数分待ちます。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

92%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Phryne

メンバー登録日: 2019年11月17日

10,461 ポイント

80のガイドは作成済み

2 件のコメント

Yeah, like I have a laser machine.

Gregg Stanley - 返信

Thanks for the turorial. Like a laser machine can be found hanging around like a regular tool.

Franklin - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 77

過去 7 日: 644

過去 30 日: 2,913

今までの合計 12,121