メインコンテンツにスキップ

はじめに

この作業にはプロフェッショナルレベルのスキルと特殊なツールが必要です

iphone11/11 Pro/11 Pro Maxをサードパーティー(非純正品)ディスプレイを使って修理した際、重要な警告メッセージが表示された経験はありますか?

この警告は、”Apple純正品を用いて修理を行う認定された技術者による修理がとても重要です”と通知しています。認定技術者とはApple、Appleni承認されたサービス提供者や独立した修理店などの技術者を表し、彼らは正規のOEM部品及びツールを使用することを条件にAppleより承認されています。

ではどうすればiPhone11シリーズにおける非純正ディスプレイ使用時の警告メッセージを解決できるか?

下記のガイドを見れば、あなたの求めている解決策がみつかるでしょう!

ビデオの概要

  1. iPhoneが反応しなくなったり、スクリーンが破損した場合、新しいスクリーンへの交換が必要になります。
    • iPhoneが反応しなくなったり、スクリーンが破損した場合、新しいスクリーンへの交換が必要になります。

    • 新しい純正スクリーンを取り付けた後、電源ボタンを押してiPhoneを起動すると重要な警告メッセージが表示されます。

    • Tips: 重要な警告メッセージは第三者製造のスクリーンに表示されるもので、アフターマーケットのスクリーン、純正スクリーンのパーツであるかは関係ありません。

  2. iPhone11シリーズで画面修理警告が表示されるのは何故でしょうか?iPhoneのシステムは起動中にタッチモジュールのデータを検証します。タッチモジュールはスクリーンの裏に位置しているので、スクリーン交換作業がタッチモジュールデータとiPhoneとの間でミスマッチを引き起こすことが要因となり得ます。
    • iPhone11シリーズで画面修理警告が表示されるのは何故でしょうか?iPhoneのシステムは起動中にタッチモジュールのデータを検証します。タッチモジュールはスクリーンの裏に位置しているので、スクリーン交換作業がタッチモジュールデータとiPhoneとの間でミスマッチを引き起こすことが要因となり得ます。

    • 現時点で有効なソリューションはオリジナルスクリーンのタッチモジュールを交換用スクリーンにハンダ付けすることです。

    • タッチモジュールはスクリーンの裏側にあるので、従来のハンダ吸い取りツールではスクリーンを壊しやすくなります。現在私たちは新しいチップ研磨ツールを開発中です。

  3. 新しい交換用スクリーンのタッチモジュールの周囲に耐熱テープを巻き付けます。その後スクリーンを保護フィルムで包みます。
    • 新しい交換用スクリーンのタッチモジュールの周囲に耐熱テープを巻き付けます。その後スクリーンを保護フィルムで包みます。

    • これでタッチモジュールを電気チップ研磨ツールで研磨する準備が整いました。

    • 研磨作業は忍耐が伴います。初めにトップレイヤー(表面の層)から始め、順番に次の層へと作業を行います。また近くにあるフレキケーブルを破損させないように注意してください。

    • 固定しているハンダが外れたら研磨作業を止めます。ハンダがついていた部分をPCBクリーナーを含ませた綿棒で清掃してください。

  4. これから交換前のオリジナルスクリーンのタッチモジュールを取り外し、交換する新しいスクリーンにハンダ付けする必要があります。
    • これから交換前のオリジナルスクリーンのタッチモジュールを取り外し、交換する新しいスクリーンにハンダ付けする必要があります。

    • オリジナルスクリーンからイヤホンスピーカーとセンサーのフレキケーブルを取り外します。そして小さな紙片をタッチモジュールのフレキケーブルの下に置きます。ホットエアガンで加熱し、タッチモジュールをオリジナルスクリーンから外します。(力が必要な工程です)

    • そして低融点ハンダをタッチモジュールに付けます。365℃に調整したはんだゴテでハンダの残差と黒い接着剤を取り除きます。その後ハンダ吸い取り線で十分にクリーニングします。

    • ハンダボールを再形成したタッチモジュールを作るために続けます。

  5. これからハンダボールの形成が終わったタッチモジュールを交換用スクリーンにはんだづけします。
    • これからハンダボールの形成が終わったタッチモジュールを交換用スクリーンにはんだづけします。

    • ハンダ付の前に、タッチフレキケーブの下にバールを挿入してください。より作業をスムーズするために、この場所にイソプロピルアルコールを塗布することもできます。メタルプレートと紙を断熱材として保温するために使います。スクリーンがハンダ付作業時の高熱により破損を防いでくれます。

    • 適量のハンダフラックスをボンディングパッド(チップ上に形成された金属皮膜による電極)に塗布します。タッチモジュールを適正な場所に配置し、ホットエアガンでハンダ付けをしてください。

  6. イヤホンスピーカーをセンサー用フレキケーブルを取り付けます。
    • イヤホンスピーカーをセンサー用フレキケーブルを取り付けます。

    • これでiPhoneの組み立てが終了し、テストできる状態になりました。電源ボタンを押し、iPhoneを起動します。”設定”>"一般">"情報"を表示します。重要な警告が表示されなければ修理完了です。

終わりに

アドバイス;本作業には、熟達したマザーボード修理テクニックや手作業のスキルが必要です。

9 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Phryne

メンバー登録日: 2019年11月17日

17,594 ポイント

18のガイドは作成済み

7 件のコメント

If we change it by an original display, we must change the touch ic?

Augusto Luz - 返信

Or you must buy a board that copy the data from the old screen to the new.

Daniele Carminati -

Cazzate, il problema si presenta anche se cambi con un display originale (provato personalmente a spostere un display originale tra due iphone 11)

francesca di maggio - 返信

Hai letto per bene la guida? C’è scritto che il messaggio non dipende dall’originalità dello schermo, ma dal modulo touch, che deve essere trasferito dal vecchio pannello del telefono a quello nuovo. Oppure è possibile acquistare delle schede che copiano i dati dal modulo e li sovrascrivono sul nuovo.

Daniele Carminati -

is this just a much more difficult way than the copying and writing data using a programmer method or does that method only fix certain problems??

Bobby Jr - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 166

過去 7 日: 1,550

過去 30 日: 6,441

今までの合計 60,722