メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

他のパーツの修理にアクセスするために必要なディスプレイアセンブリの取り外し必須条件ガイド。

  1. この手順でケーブルの接続を外したり再接続する前にバッテリーが切れていることを確認してください。 スパッジャーの平面側先端や指の爪を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクタをまっすぐ引き上げて、接続を外します。 これらのケーブルを再接続する際は、カチッと音がして装着されるまで、コネクタの先端をソケットに押し込みます。それから反対側のコネクタも同じ作業を繰り返します。コネクタの中央部分を押さないでください。コネクタが僅かでもずれてしまうと曲がってしまい、永続的なダメージの原因となります。
    • この手順でケーブルの接続を外したり再接続する前にバッテリーが切れていることを確認してください。

    • スパッジャーの平面側先端や指の爪を使って、ロジックボード上のソケットから2つのディスプレイコネクタをまっすぐ引き上げて、接続を外します。

    • これらのケーブルを再接続する際は、カチッと音がして装着されるまで、コネクタの先端をソケットに押し込みます。それから反対側のコネクタも同じ作業を繰り返します。コネクタの中央部分を押さないでください。コネクタが僅かでもずれてしまうと曲がってしまい、永続的なダメージの原因となります。

    • もしiPhoneを組み立て直した後に、画面が真っ暗になったり、白い線が表示されたり、タッチの反応が悪い場合は、両方のケーブルを取り外して慎重に再接続し、完全に装着されていることを確認してください。

  2. 正面パネルのセンサーアセンブリコネクター上に固定されたブラケットから1.3 mm #000プラスネジを2本外します。 あるデバイスによってはY000が使用されています。Appleは製品の製造ラインの途中からY000ネジの使用に切り替えました。 あるデバイスによってはY000が使用されています。Appleは製品の製造ラインの途中からY000ネジの使用に切り替えました。
    • 正面パネルのセンサーアセンブリコネクター上に固定されたブラケットから1.3 mm #000プラスネジを2本外します。

    • あるデバイスによってはY000が使用されています。Appleは製品の製造ラインの途中からY000ネジの使用に切り替えました。

  3. 正面パネルのセンサーアセンブリコネクターの接続をロジックボード上のソケットから外します。 再度接続する際には、この平たいコネクターが曲がるリスクを最小にするために、コネクターを一度に接続してください。
    • 正面パネルのセンサーアセンブリコネクターの接続をロジックボード上のソケットから外します。

    • 再度接続する際には、この平たいコネクターが曲がるリスクを最小にするために、コネクターを一度に接続してください。

  4. ディスプレイアセンブリを取り出します。
終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

4 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Evan Noronha

メンバー登録日: 2015年02月05日

205,108 ポイント

178のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

134 メンバー

15,494のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 1

過去 30 日: 11

今までの合計 2,362