メインコンテンツにスキップ

はじめに

ホームボタンボタンカバーを交換するにはこのガイドをご利用ください。本来の機能付きホームボタンを交換するには ホームボタンのリボンケーブルガイドをご覧ください。

またこの手順を参照して、

ホームボタンブラケットの交換もできます。

ビデオの概要

  1. ディスプレイガラスにひび割れがある場合、修理作業中の怪我を防ぐため、ガラス表面にテープを貼って破損箇所が広がらないようにします。 iPhoneの画面上に透明テープを貼り、表面全体を覆います。 これはガラスの破片を固定し、ディスプレイをこじ開けたり、引き上げた際に構造を保つことができます。
    • ディスプレイガラスにひび割れがある場合、修理作業中の怪我を防ぐため、ガラス表面にテープを貼って破損箇所が広がらないようにします。

    • iPhoneの画面上に透明テープを貼り、表面全体を覆います。

    • これはガラスの破片を固定し、ディスプレイをこじ開けたり、引き上げた際に構造を保つことができます。

    • 作業中にガラスの破片が目に飛び散るのを防ぐため、保護メガネを着用ください。

  2. 次の手順に進む前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはアクシデントで穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。
    • 次の手順に進む前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはアクシデントで穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。

    • 解体作業を始める前にiPhoneの電源を切ってください。

    • Lightningコネクター両側の 3.8 mmペンタロープネジを2本取り外します。

  3. 次の2つの手順ではiPhone 5c本体を安全に開口するために必須の工具であるiSclackの使い方を紹介します。ぜひiPhone 5, 5sや 5cの修理作業でこの工具をご利用ください。iSclackをご利用にならない場合は手順5までスキップしてください。 iSclackのレバーを閉め吸盤カップを開きます。 吸盤カップの間にiPhoneを挟みプラスチックの溝に本体の下部を差し込みます。
    • 次の2つの手順ではiPhone 5c本体を安全に開口するために必須の工具であるiSclackの使い方を紹介します。ぜひiPhone 5, 5sや 5cの修理作業でこの工具をご利用ください。iSclackをご利用にならない場合は手順5までスキップしてください。

    • iSclackのレバーを閉め吸盤カップを開きます。

    • 吸盤カップの間にiPhoneを挟みプラスチックの溝に本体の下部を差し込みます。

    • 上部の吸盤カップはホームボタンより上に接着させてください。

    • iSclackのレバーを開いて吸盤を閉じます。iPhoneの両面、中心部に吸盤カップをしっかりと押し当てます。

  4. iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めていきます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがってきます。 iSclackはiPhoneを安全に開口できるようにデザインされていますが、ホームボタンケーブルにダメージを与える場合があります。
    • iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めていきます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがってきます。

    • iSclackはiPhoneを安全に開口できるようにデザインされていますが、ホームボタンケーブルにダメージを与える場合があります。

    • 2つの吸盤カップを iPhoneから取り外してください

    • 次の3つの手順をスキップして手順8まで進んでください。

  5. カップをしっかりとホームボタン上部のスクリーンにしっかりと密着させます。
    • カップをしっかりとホームボタン上部のスクリーンにしっかりと密着させます。

    • カップの吸盤がスクリーンにしっかりと密着していることを確認してください。

  6. 吸盤カップがフロントパネルアセンブリに密着していることを確認してください。 iPhone を片手でしっかりと抑えながら、吸盤カップを少しずつ引き上げて、本体背面ケースからフロントパネルのホームボタン端を引き離していきます。
    • 吸盤カップがフロントパネルアセンブリに密着していることを確認してください。

    • iPhone を片手でしっかりと抑えながら、吸盤カップを少しずつ引き上げて、本体背面ケースからフロントパネルのホームボタン端を引き離していきます。

    • 時間をかけてゆっくりと同じ力加減で作業します。ディスプレイアセンブリは他のデバイスに比べて、特に頑丈に装着されています。

    • 吸盤カップを上に持ち上げながら、プラスチック製の開口ツールで、ゆっくりと背面ケースの端からフロントパネルアセンブリを引き離します。

    • フロントパネルアセンブリを背面ケースに留めているクリップが幾つか付けられています。フロントパネルアセンブリを外すには、吸盤カップとプラスチック開封ツール両方を使う必要があります。

  7. 吸盤カップの持ち手を引っ張り、吸盤カップの吸引シールを弱めます。
    • 吸盤カップの持ち手を引っ張り、吸盤カップの吸引シールを弱めます。

    • ディスプレイアセンブリから吸盤カップを取り外します。

  8. フロントパネルのホームボタン端を持ち上げて開き、本体上部付近のコネクターにアクセスします。 ディスプレイを約90度の角度で開き、作業中邪魔にならないよう、後ろに衝立を設置して固定します。
    • フロントパネルのホームボタン端を持ち上げて開き、本体上部付近のコネクターにアクセスします。

    • ディスプレイを約90度の角度で開き、作業中邪魔にならないよう、後ろに衝立を設置して固定します。

    • 緊急の際は、衝立として未開封の飲料缶をご利用できます。

    • 作業中、ディスプレイをしっかりと固定するためにゴムで留めてください。ディスプレイケーブルに余剰な力が加わるのを防いでくれます。

  9. PCラップトップ用バッテリー

    iFixitの品質保証付きトップPCブランド用バッテリー

    ショップを見る

    PCラップトップ用バッテリー

    iFixitの品質保証付きトップPCブランド用バッテリー

    ショップを見る
  10. ロジックボードに留められたメタル製のバッテリコネクターのブラケットから1.6 mm #000プラスネジを2本外します。
    • ロジックボードに留められたメタル製のバッテリコネクターのブラケットから1.6 mm #000プラスネジを2本外します。

  11. iPhoneからバッテリーコネクターのブラケットを取り出します。
    • iPhoneからバッテリーコネクターのブラケットを取り出します。

  12. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードからバッテリコネクターを外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードからバッテリコネクターを外します。

  13. ロジックボードに留められたフロントパネルアセンブリケーブルブラケットから、次の#000 プラスネジを外します。
    • ロジックボードに留められたフロントパネルアセンブリケーブルブラケットから、次の#000 プラスネジを外します。

    • 1.3 mmネジー2本

    • 1.7 mmネジー1本

    • 3.25 mm ネジー1本

    • 再組み立ての際には上記手順にあるネジの位置を十分に確認してください。謝って右側下のネジ穴に3.25 mmのネジや1.7 mm ネジのどちらかを装着すると、デバイスが正しく機能せず、ロジックボードに致命的なダメージを与えてしまうことがあります。

    • ネジを固く締めすぎないようにご注意ください。簡単にネジが留まらない場合は、誤ったサイズのネジを装着している可能性があります。無理に留めないでください。

  14. ロジックボードからフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り出します。
    • ロジックボードからフロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを取り出します。

  15. プラスチック開口ツールを使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。 コネクターのみに接触してください。ロジックボードのソケットには触れないでください。
    • プラスチック開口ツールを使って、正面カメラとセンサーケーブルコネクターの接続を外します。

    • コネクターのみに接触してください。ロジックボードのソケットには触れないでください。

  16. フロントパネルを手で固定しながら、LCDケーブルコネクターを外します。 LCDとデジタイザーコネクターは同じケーブルアセンブリに繋がっています。そのため、LCDコネクターの接続を外すと双方のコネクターが外れてしまいます。ディスプレイを取り出す前に、2つのケーブルの接続が完全に切ってあるか確認してください。 デバイスを再組み立てする際に、LCDケーブルがコネクターから外れてしまうことがあります。これは電話の電源を入れた時、黒い画面に白い線が入る状態の原因となります。この症状が現れる場合は単純にケーブルをコネクターに再接続をして、電話を再起動してください。電話の再起動はバッテリーを一度外して、再度取り付けます。
    • フロントパネルを手で固定しながら、LCDケーブルコネクターを外します。

    • LCDとデジタイザーコネクターは同じケーブルアセンブリに繋がっています。そのため、LCDコネクターの接続を外すと双方のコネクターが外れてしまいます。ディスプレイを取り出す前に、2つのケーブルの接続が完全に切ってあるか確認してください。

    • デバイスを再組み立てする際に、LCDケーブルがコネクターから外れてしまうことがあります。これは電話の電源を入れた時、黒い画面に白い線が入る状態の原因となります。この症状が現れる場合は単純にケーブルをコネクターに再接続をして、電話を再起動してください。電話の再起動はバッテリーを一度外して、再度取り付けます。

  17. 背面ケースからフロントパネルアセンブリを取り外します。
    • 背面ケースからフロントパネルアセンブリを取り外します。

  18. ディスプレイアセンブリに留められたホームボタンブラケットから1.3 mm #000プラスネジを2本外します。
    • ディスプレイアセンブリに留められたホームボタンブラケットから1.3 mm #000プラスネジを2本外します。

  19. プラスチック製開口ツールを使って、ディスプレイアセンブリからホームボタンリボンケーブルを取り外します。 右側のブレーカー接点の下から外していきます。それから左側に移ります。
    • プラスチック製開口ツールを使って、ディスプレイアセンブリからホームボタンリボンケーブルを取り外します。

    • 右側のブレーカー接点の下から外していきます。それから左側に移ります。

    • 左側から右側に作業を進めていくと、リボンケーブルを裂いてしまう可能性があります。ブレーカー接点はフロントパネルに留められています。先に接着剤を取ってから作業を始めます。

    • プラスチック製開口ツールがブレーカー接点下でスライドしにくい場合は、ツールを裏返して、接着剤を緩めるためにブレーカーの右側に向けてゆっくりと押し当てます。

  20. ディスプレイアセンブリからホームボタンリボンケーブルを取り出します。
    • ディスプレイアセンブリからホームボタンリボンケーブルを取り出します。

    • 新しいホームボタンリボンを装着する場合は、再組み立ての際にメタル製ブラケットを確認して新しいリボンケーブルに移してください。

  21. フロントパネルからホームボタン上部の右端角を丁寧に押して外します。 ホームボタンを完全に押し出さないでください。角が取り外せたら、スパッジャーを使って外します。
    • フロントパネルからホームボタン上部の右端角を丁寧に押して外します。

    • ホームボタンを完全に押し出さないでください。角が取り外せたら、スパッジャーを使って外します。

    • ホームボタンの膜面はとても薄くできています。ボタンが裂けてしまうと感じたら、熱を当てて温めてから、作業を再開してください。

  22. スパッジャーでディスプレイから残りのホームボタン部分を丁寧に剥がします。
    • スパッジャーでディスプレイから残りのホームボタン部分を丁寧に剥がします。

  23. フロントパネルからホームボタンアセンブリを取り出します。
    • フロントパネルからホームボタンアセンブリを取り出します。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

98 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Goldheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

378,760 ポイント

543のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

99 メンバー

9,254のガイドは作成済み

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 31

過去 7 日: 51

過去 30 日: 230

今までの合計 48,128