メインコンテンツにスキップ

はじめに

iPhone 4Sのバッテリーの交換は簡単な作業です。バッテリーが膨張している場合、適切な予防処置をとってください

最適化性能のためには、新しくインストールするバッテリーの容量を測定してください。バッテリーを10%以下まで消費してから、一気に100%まで充電します。

ビデオの概要

  1. 次の手順に進む前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはアクシデントで穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。
    • 次の手順に進む前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはアクシデントで穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。

    • デバイスの解体を始める前に、電源が切ってあるか必ず確認してください。

    • ドックコネクターの隣に留められた3.6 mmのペンタロープP2ネジを2本外します。

    • ペンタローブネジを取り出す際は、ドライバーがしっかりと装着していることを確認してください。ペンタローブネジは滑りやすいためです。

  2. iPhone上部端に向けてパネルを押し上げます。 パネルが約2mm上部に動きます。
    • iPhone上部端に向けてパネルを押し上げます。

    • パネルが約2mm上部に動きます。

  3. iPhoneの裏側をスライドして引き上げながら背面パネルを外します。背面パネルに付けられたプラスチック製のクリップにダメージを与えないよう丁寧に作業を行ってください。
    • iPhoneの裏側をスライドして引き上げながら背面パネルを外します。背面パネルに付けられたプラスチック製のクリップにダメージを与えないよう丁寧に作業を行ってください。

    • iPhoneから背面パネルを外します。

  4. ロジックボードに付けられたバッテリーコネクターから次のネジを外します。 1.7 mmプラスネジー1本
    • ロジックボードに付けられたバッテリーコネクターから次のネジを外します。

    • 1.7 mmプラスネジー1本

    • 1.5 mmプラスネジー1本

  5. 圧接コンタクトが解放されるまで、バッテリーコネクタから注意深く押し出します。 圧接コンタクトを取り外します。 圧接コンタクトを取り外します。
    • 圧接コンタクトが解放されるまで、バッテリーコネクタから注意深く押し出します。

    • 圧接コンタクトを取り外します。

  6. プラスチックの開口ツールを使って、ロジックボード上のソケットからバッテリコネクタを慎重に持ち上げます。 ツールの先端をラウドスピーカーの筐体とコネクタのメタル製カバーの間に差し込みます。そしてコネクタの底側端から、まず持ち上げます。 バッテリーコネクタは、ロジックボードに対して垂直に外れます。バッテリー側に向けて力が加えないでください。
    • プラスチックの開口ツールを使って、ロジックボード上のソケットからバッテリコネクタを慎重に持ち上げます。

    • ツールの先端をラウドスピーカーの筐体とコネクタのメタル製カバーの間に差し込みます。そしてコネクタの底側端から、まず持ち上げます。

    • バッテリーコネクタは、ロジックボードに対して垂直に外れます。バッテリー側に向けて力が加えないでください。

    • バッテリーコネクタのソケット自体には接触しないでください。ロジックボードから外れてしまうことがあります。4つの小さな半田付けポイントがあり、特に注意が必要です!

  7. バッテリーコネクタを再装着する前に、プレッシャー接合部分を元の位置に戻す際は慎重に作業を進めてください。 画像のように、プラスネジの上部に装着します。そしてゴールドの接合部分は、バッテリーコネクタの向きに取り付けてください。 プレッシャー接合部分は、必ず窓拭き用クリーナーやイソプロピルアルコールなどの脱脂剤で拭きとってださい。 指油は、無線干渉を引き起こす可能性があります。
    • バッテリーコネクタを再装着する前に、プレッシャー接合部分を元の位置に戻す際は慎重に作業を進めてください。 画像のように、プラスネジの上部に装着します。そしてゴールドの接合部分は、バッテリーコネクタの向きに取り付けてください。

    • プレッシャー接合部分は、必ず窓拭き用クリーナーやイソプロピルアルコールなどの脱脂剤で拭きとってださい。 指油は、無線干渉を引き起こす可能性があります。

  8. プラスチックの開口ツール先端をバッテリーとデバイス下部の外付けケースとの間に差し込みます。 プラスチックの開口ツールをバッテリー右端に沿って動かします。外付けケースにバッテリーを留めている接着剤から完全に剥がすまで数カ所でバッテリーを下から押し上げます。
    • プラスチックの開口ツール先端をバッテリーとデバイス下部の外付けケースとの間に差し込みます。

    • プラスチックの開口ツールをバッテリー右端に沿って動かします。外付けケースにバッテリーを留めている接着剤から完全に剥がすまで数カ所でバッテリーを下から押し上げます。

  9. バッテリー下から出ている透明のプラスチックプルタブを使って引っ張り、iPhoneに接着剤で留められたバッテリーを外します。 プラスチックのプルタブは簡単に裂けてしまうため、力一杯引っ張らないようにご注意ください。
    • バッテリー下から出ている透明のプラスチックプルタブを使って引っ張り、iPhoneに接着剤で留められたバッテリーを外します。

    • プラスチックのプルタブは簡単に裂けてしまうため、力一杯引っ張らないようにご注意ください。

    • バッテリーを取り出します。

    • 再組み立ての後にハードリセットを行ってください。幾つかの問題を防ぐことができ、トラブルシューティングを簡単にできるからです。

    • 交換用バッテリーに未使用のケーブルが付いている場合は、バッテリーを取り付ける前に、ケーブルを適切な形状に慎重に折ります

    • 交換用バッテリーを装着する間、一時的にバッテリーコネクタをデバイス本体に接続して、配置が正しくできているか確認してください。一旦バッテリーを接着剤で固定して、バッテリーコネクターの接続を外します。

    • 再組み立てが終わったら、ハードリセットを行なってください。この作業により、トラブルシュートを簡略化でき、起こりうる問題を防ぐことができます。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の方向に従って作業を進めてください。

もし交換後iPhoneが継続して再起動する場合、ホームボタンとスリープボタンを同時に約10秒押して"ハードセット"する必要があります。(端末がリスタートするまで)

新しいバッテリーでWiFiや携帯電話の接続の問題があればiTunesを利用して端末を回復してください。

最適化性能のためには、新しく入れ替えたバッテリーの容量を測ってください。バッテリーを10%以下まで消費してから一気に100%まで充電します。

修理がうまく行きませんか?トラブルシューティングヘルプのために、私たちのアンサーコミュニティを参照してください。

3913 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

611,018 ポイント

1,203のガイドは作成済み

249 件のコメント

When I removed the battery the glue was holding it in. I used the screw driver to pry it out. It sparked and I'm sure shorted the logic board. VERY IMPORTANT ONLY USE PLASTIC TOOL WHEN REMOVING BATTERY! Now I have no service. I swapped a different logic board into same phone and works fine. Any suggestions on how to fix the old logic board are appreciated.

Eric - 返信

Used a screw driver once to lift up battery, shorted the board. No display. Had to give another iPhone 4 to customer.

I now on always use my nail to lift up the battery. Never had issues since doing that.

Ben -

Well, the phillips screwdriver was a bit awkward. Had to hold screwdriver top down with one hand and turn driver with other hand. All else was as stated. Never had to touch any internal parts with my bare hands just used tools. That saves the worries about static or corrosion. One part that I failed to see in write up is the small case ground. Don't loose it it will come loose once screw is out.

brriverrat - 返信

A couple of suggestions.

1). If you are over about 40, some sort of hands free magnifier helps a lot - I used a headband mounted jewelers magifier called an Optivisor.

2). A pair of fine tipped tweezers and a gentle touch will let you grab the pressure contact in step 5 without getting skin oil on it.

3). Work over some sort of tray to stop small parts from rolling away.

4). If you don't have a spudger or a set of plastic case opening tools (or you know you have them, but can't recall their exact location at this moment...*cough*), the corner of an an expired credit card, or a stiff guitar pick will work to pry the battery loose. It will likely bend the card though, so do use an expired one. I used an empty Starbucks gift card I found in a junk drawer...

npkeith - 返信

I'm over 40, I wish I read your tips first! both a magnifier and tweezers would have helped, and possiby prevented the spark... It's charging, fingers crossed that the tiny spark wasn't enough to fry anything!

ashleedawg -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 95

過去 7 日: 540

過去 30 日: 2,476

今までの合計 1,660,023