はじめに

iOpenerは絶縁された、電子レンジで温めることができる保温バッグで、iPadや類似デバイスの先端に留められた接着剤を温めるために利用されます。

パーツ

パーツは必要ありません。

  1. 電子レンジに付着している汚れがiOpenerに付いてしまうことがあるので、使用前に電子レンジの底をきれいに拭き取ってください。
    • 電子レンジに付着している汚れがiOpenerに付いてしまうことがあるので、使用前に電子レンジの底をきれいに拭き取ってください。

    • iOpenerを電子レンジ中央に置きます。

      • 回転型の電子レンジ:iOpenerが電子レンジのターンテーブルで回転しているか確認してください。iOpenerが作動中に留まってしまうと、熱しすぎや焦げてしまいます。

  2. iOpenerを30秒温めます。
    • iOpenerを30秒温めます。

    • 修理作業中はiOpenerが冷めてしまいますので、使用毎に電子レンジに30秒入れて温めてからご利用ください。

    • 作業中、iOpenerを温めすぎないようにご注意ください。温めすぎるとiOpenerを破裂させてしまうことがあります。

    • 膨らんでいる状態のiOpenerは絶対に触らないでください。

    • 適切に温められたiOpenerは約10分間、温かい状態を保ちます。

    • 電子レンジからiOpenerを取り出します。iOpenerの中央は熱くなっているため、両端の平面になっている部分を持ってください。

    • iOpenerは大変熱くなっていることがあります。必要であれば、オーブン用のミトンカバーをご利用ください。

    • iOpenerの何も表示がない裏側を下にしてデバイスの接着剤を取り外したい部分の上部に当てます。適度な温度に温まり、 iOpener内部の液体が平らになっているか確認してください。

    • フロントパネルを開封する前に約90秒間、デバイスに iOpenerを当てます。

    • この時点で、プラスチック製の開封ツールを使って、スクリーン下をこじ開け始めます。どこをどのように作業を進めていくかはそれぞれの修理ガイドをご覧ください。

    • 作業中、 iOpenerを再度温める必要があります。 iOpenerを温めすぎないようにするには、 iOpenerを触って完全に冷たくなるまで待つことです。電子レンジに30秒以上入れないでください。

ゴール

301 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldberg

メンバー登録日: 2009年10月17日

398,539 ポイント

412のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

108 メンバー

7,513のガイドは作成済み

I bought two of these, and I can't get an iPad 2 to open using the iOpener; I'm going to keep trying, but heads up, it's not as easy as 1-2-3. I'll update if I get it to work.

Kevin McCartney - 返信

Step 2 says to wait 5 minutes between reheating, step 4 says to wait 3 minutes.

Also, do you sell the "this is a microwave" stickers? xD

Mark Brown - 返信

Will this tool damage the lcd/ pixels or even the camera/sensor if placed on the edge above those? I need to soften up the adhesive only, not replacing the screen at all. I have a surface pro 4.

allanwl - 返信

A short remark about how much force will then be needed to separate the old battery from the heated adhesive would be helpful. I found that even after I was able to begin the insertion of a plastic card between the battery and the case, it required a great deal of force to push the card further under the battery to complete the separation.

Steven Aigner - 返信

While the iOpener tool kit may be the best solution for some applications it is decidedly NOT the optimal tool for removing and replacing a badly cracked Samsung S7 back. The iOpener was simply unable to get the adhesive hot enough to get it to release. Also, the cracked back did not provide enough uninterrupted surface for the suction cap to maintain enough suction to lift the back after I heated it with a heat gun. Overall an EXTREMELY frustrating experience. I do not fault iFixit for this but there could be a little more nuanced explanation about which applications are the best fit for the kit. Mostly I’d like to send a big effuuu to Samsung and all the other smart phone manufacturers who are systematically locking end user out of their purchases. Setting aside the sealed backs it’s absurd that we spend $700 on a smart phone and then have to spend another $40-60 for a protective case and a screen protector. The is no other consumer good we would put up with this.

Alain - 返信

統計データを表示:

過去 24時間: 137

過去 7 日: 890

過去 30 日: 4,184

今までの合計 173,194