Skip to main content

はじめに

このガイドはお持ちのハードドライブを交換/アップグレードするためのものです。

このガイドにはSSD搭載のiMacハードドライブをアップグレードする手順も書かれています。SSDの温度センサーをどうやって取り付けるか説明していますので、Macのファンは正確なスピードで動作するでしょう。

iMacを作動させる前にコンピューターのプラグを抜き、電力供給装置のコンデンサを放電するために10秒間電源ボタンを長押ししてください。

細心の注意を払ってください電力供給装置の後ろにあるコンデンサのリード線、またはどんなはんだ接合も絶対に触らないでください。

    • ガラスパネルの上部コーナー付近の2箇所に、重量用の吸盤カップを取り付けます。

    • 吸盤カップを装着するには、まず可動ハンドルがガラスパネル表面と平行になるように吸盤カップを載せます。(2番目の画像を参照してください。)

    • 吸盤カップをガラスに軽く当てながら、可動ハンドルをもう一方のハンドルと平行になるまで持ち上げます。(3番目の画像を参照してください。)

    • 吸盤が上手く固着しない場合は、ガラスパネルと吸盤カップの両方を柔らかくリントフリー(メガネ拭きなど)の布を湿らせて軽く拭きます。( 一番効果的な方法は、蒸留水、もしくは蒸留水と白酢を同じ割合で調合したものを布に含ませます。)

    • 吸盤カップを使ってディスプレイガラスを運ばないでください。吸盤カップのいずれか上手く固着されていないと、スクリーンが落下して壊れてしまう可能性があります。

    • 購入時のオリジナルiMac用梱包ボックスは、ガラスパネルを保管するのに最適な場所です。 それ以外は、安定した水平上の表面、机の上にタオルを敷いた上に載せておくと安全です。

  1. ガラスパネル上部端の裏側に沿って付けられたスチール製の取り付けピンが外れるように、LCDパネル表面に対してガラスパネルを垂直になるよう、ゆっくりと持ち上げます。 ガラスパネルをiMac下端端から引き離し、慎重に脇に置きます。 吸盤カップを使用してガラスパネルを運ばないでください。どちらかのグリップを失うと、パネルが落下して破損する可能性があります。
    • ガラスパネル上部端の裏側に沿って付けられたスチール製の取り付けピンが外れるように、LCDパネル表面に対してガラスパネルを垂直になるよう、ゆっくりと持ち上げます。

    • ガラスパネルをiMac下端端から引き離し、慎重に脇に置きます。

    • 吸盤カップを使用してガラスパネルを運ばないでください。どちらかのグリップを失うと、パネルが落下して破損する可能性があります。

    • ガラスパネルを安全に置いた後、時間の経過とともに吸引力でガラスが割れてしまう可能性があるので、必ず吸盤カップを外してください。

    • 再装着の際は、ガラスパネル内側とLCDの表面を慎重に拭いてください。デバイス本体の電源を入れると、ほこりや指紋が内部に閉じ込められています。

  2. 液晶パネルとアウターケースを固定しているT10 トルクスネジ × 8本を外します
    • 液晶パネルとアウターケースを固定しているT10 トルクスネジ × 8本を外します

    • 油脂が付着すると取れにくいし場合がありますので、液晶面に指が触れないようご注意ください。

    • 必要に応じて、液晶上部中央付近のEMIガスケットを剥がします。

  3. iMacを慎重に平らな面に起きます。 タイトに装着されているため、液晶パネルを持ち上げるには、画像にあるように紙クリップを使って細いフック状の工具を作成してください。 もしくは、iFixit特製デュアルハードドライブキットには、持ち上げるのに最適なアングル付きピンセットが含まれています。
    • iMacを慎重に平らな面に起きます。

    • タイトに装着されているため、液晶パネルを持ち上げるには、画像にあるように紙クリップを使って細いフック状の工具を作成してください。

    • もしくは、iFixit特製デュアルハードドライブキットには、持ち上げるのに最適なアングル付きピンセットが含まれています。

    • 細いフック状の工具で左右どちらか一方の上端角から液晶パネルを引き上げ、フレームから外します。

    • 液晶パネルの一方を持ち上げたら、ケースの外にかけ、もう片方を同様に工具を使って外ケースから持ち上げます。

    • ケーブルにアクセスできるように、液晶パネルを、ゆっくりかつ十分に開きます。

    • 液晶パネル裏面に着いている短いリボンケーブルが2つのパーツに接続されているので、パネルの上部端をあまり高く持ち上げないでください。

  4. 画面の左上の隅の裏側にある垂直同期ケーブルを外しましょう。スパッジャーの先端をうまく利用してコネクタの側面の突起をソケットから慎重にスライドして押し出します。
    • 画面の左上の隅の裏側にある垂直同期ケーブルを外しましょう。スパッジャーの先端をうまく利用してコネクタの側面の突起をソケットから慎重にスライドして押し出します。

  5. この作業では、素手を電源ユニットの背面に差し入れます。電源ユニットの背面のボードがむき出しになっていますが、大容量コンデンサに帯電している高電圧の電流が流れますので、絶対に触れないでください。
    • この作業では、素手を電源ユニットの背面に差し入れます。電源ユニットの背面のボードがむき出しになっていますが、大容量コンデンサに帯電している高電圧の電流が流れますので、絶対に触れないでください。

    • 手でコネクタのつまみを押し下げながらディスプレイ下部に向かってずらし、液晶パネルのLEDケーブルを外します。

  6. コネクタに付いている黒いつまみを画面上部に引っ張り上げることで、液晶パネルケーブルのZIFコネクタを外せます。 コネクタとソケットにダメージを与える可能性があるので、強く引っ張らないでください。
    • コネクタに付いている黒いつまみを画面上部に引っ張り上げることで、液晶パネルケーブルのZIFコネクタを外せます。

    • コネクタとソケットにダメージを与える可能性があるので、強く引っ張らないでください。

    • ディスプレイデーターケーブルを外すには、コネクタの黒いタブをデバイス上部に向けて、続けて引っ張ります。

  7. スパッジャーの先端を使用して、ディスプレイデータケーブルの横にあるディスプレイ電源ケーブルを取り外します。
    • スパッジャーの先端を使用して、ディスプレイデータケーブルの横にあるディスプレイ電源ケーブルを取り外します。

  8. MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now

    MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now
  9. 液晶パネルを上部端に向けて注意深く引き上げ、液晶パネルをiMac本体から持ち上げて取り出します。
    • 液晶パネルを上部端に向けて注意深く引き上げ、液晶パネルをiMac本体から持ち上げて取り出します。

  10. ディスプレイの面を柔らかくて平らな表面の場所に置きます
    • ディスプレイの面を柔らかくて平らな表面の場所に置きます

    • ディスプレーパネルを交換する際は、ディスプレイに付属している全ての部品を新しいディスプレイへ移植する必要があります。新旧のディスプレーを比較して、全てのケーブル、センサー、クッションが移植されていることを確認してください。

    • もしそこに、粘着テープ付きハーネスかケーブルがあった場合、直接ケーブルを引っ張らず、必ずテープを先にはがし取ってください。

    • ケーブルがシャーシに接着剤で固定されている場合、iOpenerかドライヤーを用いて熱し、接着剤を軟化させてください。その後にopening pickをケーブルの下に挿入し、ケーブルを緩めてください。デリケートなコネクターがあるため強引に引っ張ることは避けてください。

    • フォームクッションの下にopening pickをスライドして、少しずつディスプレーから分離し、優しく引っ張ります。取り外したこのクッションを再度新しいディスプレーへ接着するために、新しい両面テープを用意する必要があります。

  11. SATA電源ケーブル及びSATAデータケーブルを、ハードドライブから真っ直ぐ引っ張って接続を外します。 SATA電源ケーブル及びSATAデータケーブルを、ハードドライブから真っ直ぐ引っ張って接続を外します。
    • SATA電源ケーブル及びSATAデータケーブルを、ハードドライブから真っ直ぐ引っ張って接続を外します。

  12. ハードドライブをiMacフレームに固定しているT10トルクスネジを2本外します。 アウターケースからハードドライブの上端をわずかに回転させます。
    • ハードドライブをiMacフレームに固定しているT10トルクスネジを2本外します。

    • アウターケースからハードドライブの上端をわずかに回転させます。

    • 2つの基準ピンからハードドライブを持ち上げて外し、アウターケースから取り出します。

  13. 上部ブラケットをハードドライブに固定しているT8トルクスネジを2本外します。 ハードドライブから上部ブラケットを取り外します。
    • 上部ブラケットをハードドライブに固定しているT8トルクスネジを2本外します。

    • ハードドライブから上部ブラケットを取り外します。

    • ハードドライブの反対側にあるT8トルクスピンを2本外します。

  14. ハードドライブ表面に貼られているEMIフォームを注意深く剥がします。
    • ハードドライブ表面に貼られているEMIフォームを注意深く剥がします。

    • このEMIフォームを新しいハードドライブに忘れずに貼ってください。

  15. ハードドライブをSSDキットと交換する場合、次の9つの手順に従ってください。 指を使って、筐体のフロントプレートのラッチを押し下げます。ラッチを押さえながら、プレートを外します。 フロントプレートを取り外します。
    • ハードドライブをSSDキットと交換する場合、次の9つの手順に従ってください。

    • 指を使って、筐体のフロントプレートのラッチを押し下げます。ラッチを押さえながら、プレートを外します。

    • フロントプレートを取り外します。

  16. SSDのコネクタの狭い側がエンクロージャのコネクタの狭い側と一致するように、小さなSATAコネクタを並べます。 SATAコネクタが完全に装着されるまで、ドライブをエンクロージャの前面からスライドさせて挿入します。 SSDのポートは、一方向でのみエンクロージャと接続します。 ポートが並列していない場合は、SSDを回転して、再度行ってください。
    • SSDのコネクタの狭い側がエンクロージャのコネクタの狭い側と一致するように、小さなSATAコネクタを並べます。

    • SATAコネクタが完全に装着されるまで、ドライブをエンクロージャの前面からスライドさせて挿入します。

    • SSDのポートは、一方向でのみエンクロージャと接続します。 ポートが並列していない場合は、SSDを回転して、再度行ってください。

  17. エンクロージャーのSSDを固定するためのエンクロージャーキットを使って、2本の#1プラスネジをオプションで取り付けることができます。
    • エンクロージャーのSSDを固定するためのエンクロージャーキットを使って、2本の#1プラスネジをオプションで取り付けることができます。

  18. センサー対応SATA電源ケーブルをエンクロージャーのSATAコネクターの幅が広い側に差し込みます。 ケーブルは一方向にしか接続できないように設計されています。 ケーブルが接続できない場合は、180度回転させて、再度やり直してください。
    • センサー対応SATA電源ケーブルをエンクロージャーのSATAコネクターの幅が広い側に差し込みます。

    • ケーブルは一方向にしか接続できないように設計されています。 ケーブルが接続できない場合は、180度回転させて、再度やり直してください。

  19. 小型温度センサーボードの裏面の接着剤をはがします。 温度センサー用ボードをSSD表面の露出した金属部分で、SATAコネクタにできるだけ近い位置に接着します。 エンクロージャーを取り付けるときに邪魔にならないように、余分な温度センサーのワイヤを折り曲げます。
    • 小型温度センサーボードの裏面の接着剤をはがします。

    • 温度センサー用ボードをSSD表面の露出した金属部分で、SATAコネクタにできるだけ近い位置に接着します。

    • エンクロージャーを取り付けるときに邪魔にならないように、余分な温度センサーのワイヤを折り曲げます。

  20. 古いハードドライブのマウントピンをエンクロージャの側面に取り付けます。
    • 古いハードドライブのマウントピンをエンクロージャの側面に取り付けます。

    • エンクロージャ上の穴にはネジ山が付いていない場合があります。そのため、固定用ピンをねじ込むには、さらに手間がかかります。 ゆっくり時間をかけて慎重に、真っ直ぐねじ込んでください。

  21. 古いハードドライブから取り外したマウンティングブラケットを筐体に取り付けます。 古いハードドライブから取り外したマウンティングブラケットを筐体に取り付けます。
    • 古いハードドライブから取り外したマウンティングブラケットを筐体に取り付けます。

  22. iMacのSATA電源ケーブルを、新しい温度対応のSATA電源ケーブルに接続します。 SATAケーブルが、周囲のコンポーネントと干渉しない位置に配線します。
    • iMacのSATA電源ケーブルを、新しい温度対応のSATA電源ケーブルに接続します。

    • SATAケーブルが、周囲のコンポーネントと干渉しない位置に配線します。

  23. iMacのSATAデータケーブルを筐体のSATAデータコネクタに接続します。 iMacのSATAデータケーブルを筐体のSATAデータコネクタに接続します。
    • iMacのSATAデータケーブルを筐体のSATAデータコネクタに接続します。

まとめ

デバイスを組み立て直すには、これらの手順と逆の順序に従ってください。

249 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Phillip Takahashi

メンバー登録日: 2011年08月22日

76,661 ポイント

87のガイドは作成済み

Note that if you are replacing the hard drive with a non-Apple hard drive, then you will have problems with the fan running full speed constantly (see http://blog.macsales.com/10206-further-e...). Basically, you'll need to either install a $30 piece of software to control the fans or short out some wires.

jashugan - 返信

You don´t need to short out the wires, just install the free SSD FAN CONTROL app from EXIRION.NET und you´ll be fine :D

Martin Schober -

remember after the glass, to get the aluminum front off, remove the bay for the memory upgrade on the bottom first before you remove the torx screws ans lift to access the bottom case (Between step 2 and 3)

Killen Prophet - 返信

I'm looking to replace my 3.5" HDD in my iMac (mid-2011) with a 2.5" SSD. Will I need an adapter for this?

admiralpumpkin - 返信

Absolutly. You can buy a official one on the Apple Store. I reccommend the dual-drive (HDD & SDD) tho.

marijndepraetere -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 109

過去 7 日: 617

過去 30 日: 3,072

今までの合計 331,111