メインコンテンツにスキップ

はじめに

2番目のハードドライブもしくはSSDをiMacに追加するとスピードの改善とストレージの倍増につながります。新しいソフトウェアをインストールする際のトラブルも少なくなります。このガイドを使って、光学ベイハードドライブのエンクロージャーを使って、インストールしてください。

    • ガラスパネルの上部コーナー付近の2箇所に、重量用の吸盤カップを取り付けます。

    • 吸盤カップを装着するには、まず可動ハンドルがガラスパネル表面と平行になるように吸盤カップを載せます。(2番目の画像を参照してください。)

    • 吸盤カップをガラスに軽く当てながら、可動ハンドルをもう一方のハンドルと平行になるまで持ち上げます。(3番目の画像を参照してください。)

    • 吸盤が上手く固着しない場合は、ガラスパネルと吸盤カップの両方を柔らかくリントフリー(メガネ拭きなど)の布を湿らせて軽く拭きます。( 一番効果的な方法は、蒸留水、もしくは蒸留水と白酢を同じ割合で調合したものを布に含ませます。)

    • 吸盤カップを使ってディスプレイガラスを運ばないでください。吸盤カップのいずれか上手く固着されていないと、スクリーンが落下して壊れてしまう可能性があります。

    • 購入時のオリジナルiMac用梱包ボックスは、ガラスパネルを保管するのに最適な場所です。 それ以外は、安定した水平上の表面、机の上にタオルを敷いた上に載せておくと安全です。

  1. ガラスパネル上部端の裏側に沿って付けられたスチール製の取り付けピンが外れるように、LCDパネル表面に対してガラスパネルを垂直になるよう、ゆっくりと持ち上げます。 ガラスパネルをiMac下端端から引き離し、慎重に脇に置きます。 吸盤カップを使用してガラスパネルを運ばないでください。どちらかのグリップを失うと、パネルが落下して破損する可能性があります。
    • ガラスパネル上部端の裏側に沿って付けられたスチール製の取り付けピンが外れるように、LCDパネル表面に対してガラスパネルを垂直になるよう、ゆっくりと持ち上げます。

    • ガラスパネルをiMac下端端から引き離し、慎重に脇に置きます。

    • 吸盤カップを使用してガラスパネルを運ばないでください。どちらかのグリップを失うと、パネルが落下して破損する可能性があります。

    • ガラスパネルを安全に置いた後、時間の経過とともに吸引力でガラスが割れてしまう可能性があるので、必ず吸盤カップを外してください。

    • 再装着の際は、ガラスパネル内側とLCDの表面を慎重に拭いてください。デバイス本体の電源を入れると、ほこりや指紋が内部に閉じ込められています。

  2. LCDをアウターケースに固定しているT10トルクスネジを8本外します。
    • LCDをアウターケースに固定しているT10トルクスネジを8本外します。

  3. iMac のスタンド側を奥に向け、手前側に上部を向け、iMacを倒して平らな場所へ慎重に置きます。 外側のケースからディスプレイを持ち上げるには、あまり隙間がないため、細いフック付きのツールを使用するのが良いでしょう。私達は3枚目の画像で見られるように、曲がったクリップを作成し、液晶パネルを取り外す作業に使用しました。 曲がったクリップを使用して、ディスプレイの上端の片側をスチール製の外枠からそっと持ち上げます。
    • iMac のスタンド側を奥に向け、手前側に上部を向け、iMacを倒して平らな場所へ慎重に置きます。

    • 外側のケースからディスプレイを持ち上げるには、あまり隙間がないため、細いフック付きのツールを使用するのが良いでしょう。私達は3枚目の画像で見られるように、曲がったクリップを作成し、液晶パネルを取り外す作業に使用しました。

    • 曲がったクリップを使用して、ディスプレイの上端の片側をスチール製の外枠からそっと持ち上げます。

    • 片側のディスプレイの上端を持ち上げたら、鉛筆またはペンを使用して、持ち上げたディスプレイに立てかけて支えるようにします。そして、引っ掛けた道具を使ってもう片側を持ち上げます。

    • ディスプレイを持ち上げるときは注意が必要です。ディスプレイと本体のマザーボードの2つのコンポーネントを接続する短いリボンケーブルがつながっており、ディスプレイはあまり持ち上げすぎないようにする必要があります。ディスプレイと本体を接続しているケーブルを確認しながら作業をしてください。

  4. iMac の左上の隅近くにLEDドライバボードから接続されている、垂直同期信号用のリボンケーブルがあります。リボンケーブルをピンセットでつまんで慎重にソケットから引き抜きます。 一部のiMacではリボンケーブルではなく4本の独立した細くてとても壊れやすいワイヤになっています。 ピンセットがプラグから外れた場合は、アセンブリからワイヤを引き抜く可能性が非常に高いため注意してください。
    • iMac の左上の隅近くにLEDドライバボードから接続されている、垂直同期信号用のリボンケーブルがあります。リボンケーブルをピンセットでつまんで慎重にソケットから引き抜きます。

    • 一部のiMacではリボンケーブルではなく4本の独立した細くてとても壊れやすいワイヤになっています。 ピンセットがプラグから外れた場合は、アセンブリからワイヤを引き抜く可能性が非常に高いため注意してください。

  5. ディスプレイを持ち上げて、LEDドライバボードに接続されたLEDバックライト用の電源ケーブルを外します。
    • ディスプレイを持ち上げて、LEDドライバボードに接続されたLEDバックライト用の電源ケーブルを外します。

  6. ディスプレイデータケーブルのコネクタアーム両端を一緒につまみ、ロジックボードのソケットからアンロックします。
    • ディスプレイデータケーブルのコネクタアーム両端を一緒につまみ、ロジックボードのソケットからアンロックします。

    • ディスプレイデータケーブルコネクタを引き抜き、ロジックボードのソケットからケーブルを外します。

    • ケーブルコネクタとロジックボードソケットは、非常に壊れやすいため、ケーブルを外すときは慎重に作業を進めてください。後でケーブルを再接続するときは、できるだけ力を加えないでください。

  7. 十分にスペースを空けて、ディスプレイを持ち上げます。LCD用の温度センサケーブルコネクタをロジックボードのソケットから外します。
    • 十分にスペースを空けて、ディスプレイを持ち上げます。LCD用の温度センサケーブルコネクタをロジックボードのソケットから外します。

    • 作業完了後に、ファンが全速力で回転している場合は、この温度センサケーブルの接続、またはハードドライブの温度センサーケーブルを確認してください。 温度センサーのコネクターソケットは非常に壊れやすいので、センサーケーブルを元に戻すときは十分に注意してください。

  8. Skip the upgrade.

    Take $10 off $50 with
    SKIPANDSAVE10

    Save Now

    Skip the upgrade.

    Take $10 off $50 with
    SKIPANDSAVE10

    Save Now
  9. 慎重にディスプレイをiMacの上端に向かって引き抜き、外側のケースから持ち上げます。
    • 慎重にディスプレイをiMacの上端に向かって引き抜き、外側のケースから持ち上げます。

  10. 光学ドライブをアウターケースに固定しているT10トルクスネジを4本外します。
    • 光学ドライブをアウターケースに固定しているT10トルクスネジを4本外します。

  11. ロジックボード上のソケットから光学ドライブの温度センサーコネクタを引き離します。
    • ロジックボード上のソケットから光学ドライブの温度センサーコネクタを引き離します。

  12. スパッジャーを光学ドライブコネクタと光学ドライブの間に差し込みます。 光学ドライブコネクタを光学ドライブから、わずかに乖離するため、スパッジャーをひねり、それから指を使ってドライブからコネクタを引き離します。
    • スパッジャーを光学ドライブコネクタと光学ドライブの間に差し込みます。

    • 光学ドライブコネクタを光学ドライブから、わずかに乖離するため、スパッジャーをひねり、それから指を使ってドライブからコネクタを引き離します。

  13. 光学ドライブの左側端を若干持ち上げて、外ケースの右側端から引き離します。
    • 光学ドライブの左側端を若干持ち上げて、外ケースの右側端から引き離します。

    • 再組み立ての際には、光学ドライブのフェースプレートに2つのホールが付いています。光学ドライブのフェースプレートには2つの穴が開いています。この穴に、2つの短くて太いプラスチック製ポストが正しく装着されているか確認してください。

  14. アルミ製テープの赤でハイライトされた部分を剥がします。残りの部分は黒いプラスチックの光学ドライブブラケットに装着したままにしてください。 EMIテープ全体を光学ドライブブラケットから剥がす必要はありません。
    • アルミ製テープの赤でハイライトされた部分を剥がします。残りの部分は黒いプラスチックの光学ドライブブラケットに装着したままにしてください。

    • EMIテープ全体を光学ドライブブラケットから剥がす必要はありません。

  15. 光学ドライブの両側からT10トルクスネジを2本(合計4本)ずつ外します。 光学ドライブの両側からT10トルクスネジを2本(合計4本)ずつ外します。
    • 光学ドライブの両側からT10トルクスネジを2本(合計4本)ずつ外します。

  16. スパッジャーの先端を使って、光学ドライブブラケットの各タブを、ドライブ下部にあるスロットから押し出します。 光学ドライブのブラケットを光学ドライブから、わずかに回転させて取り出します。 光学ドライブのブラケットを、光学ドライブのオープンエンドから引き抜きます。作業中、タブが引っかからないようにご注意ください。
    • スパッジャーの先端を使って、光学ドライブブラケットの各タブを、ドライブ下部にあるスロットから押し出します。

    • 光学ドライブのブラケットを光学ドライブから、わずかに回転させて取り出します。

    • 光学ドライブのブラケットを、光学ドライブのオープンエンドから引き抜きます。作業中、タブが引っかからないようにご注意ください。

  17. スパッジャーの先端を使って、光学ドライブのサーマルセンサを覆っているフォーム製テープの一部分を剥がします。 スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブに装着された接着剤からサーマルセンサを慎重に剥がします。
    • スパッジャーの先端を使って、光学ドライブのサーマルセンサを覆っているフォーム製テープの一部分を剥がします。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブに装着された接着剤からサーマルセンサを慎重に剥がします。

    • 光学ドライブ内部にディスクや異物が詰まってしまった場合用に、修理ガイドを用意しています。

  18. 光学エンクロージャーベイから3.0 mm #0 プラスネジを3本外します。
    • 光学エンクロージャーベイから3.0 mm #0 プラスネジを3本外します。

  19. 左側端より作業を始め、光学エンクロージャーベイを引っ張って開きます。 続けてエンクロージャーの残り2つについても分離するまで引っ張って開きます。 続けてエンクロージャーの残り2つについても分離するまで引っ張って開きます。
    • 左側端より作業を始め、光学エンクロージャーベイを引っ張って開きます。

    • 続けてエンクロージャーの残り2つについても分離するまで引っ張って開きます。

  20. 光学エンクロージャーベイにフェイスプレートを固定している3.0 mm #0プラスネジを2本外します。
    • 光学エンクロージャーベイにフェイスプレートを固定している3.0 mm #0プラスネジを2本外します。

  21. 光学エンクロージャーベイから黒いプラスチック製フェイスプレートを持ち上げて、外します。 フェイスプレートもしくは2本のプラスネジはこれで必要ありません。今後、エンクロージャーにフェイスプレートを再度取り付けたい時が出てくる場合があるかもしれません。その時のために保管しましょう。 フェイスプレートなしで光学エンクロージャーベイを再組み立てします。固定するには、オリジナルの3.0 mmプラスネジを使用してください。
    • 光学エンクロージャーベイから黒いプラスチック製フェイスプレートを持ち上げて、外します。

    • フェイスプレートもしくは2本のプラスネジはこれで必要ありません。今後、エンクロージャーにフェイスプレートを再度取り付けたい時が出てくる場合があるかもしれません。その時のために保管しましょう。

    • フェイスプレートなしで光学エンクロージャーベイを再組み立てします。固定するには、オリジナルの3.0 mmプラスネジを使用してください。

  22. 光学ハードドライブエンクロージャベイ両側のクリップのいずれかを押し込みながら持ち上げて、エンクロージャから外したらプラスチック製ポジショナを取り出します。 光学ハードドライブエンクロージャベイ両側のクリップのいずれかを押し込みながら持ち上げて、エンクロージャから外したらプラスチック製ポジショナを取り出します。
    • 光学ハードドライブエンクロージャベイ両側のクリップのいずれかを押し込みながら持ち上げて、エンクロージャから外したらプラスチック製ポジショナを取り出します。

  23. エンクロージャーにハードドライブを戻す前に、ハードドライブコネクタが裏側に向いているか確認してください。 慎重にハードドライブをエンクロージャーのハードドライブスロットに装着します。 片手でエンクロージャーをしっかりと持ちながら、もう一方の手でハードドライブをエンクロージャーコネクターに押し込んで装着します。
    • エンクロージャーにハードドライブを戻す前に、ハードドライブコネクタが裏側に向いているか確認してください。

    • 慎重にハードドライブをエンクロージャーのハードドライブスロットに装着します。

    • 片手でエンクロージャーをしっかりと持ちながら、もう一方の手でハードドライブをエンクロージャーコネクターに押し込んで装着します。

  24. ハードドライブがぴったりと装着できたら、ハードドライブをエンクロージャの底部に固定しながら、プラスチック製ポジショナを再挿入します。 オリジナルの光学ドライブから取り外したケーブルを光学エンクロージャーベイに再接続します。
    • ハードドライブがぴったりと装着できたら、ハードドライブをエンクロージャの底部に固定しながら、プラスチック製ポジショナを再挿入します。

    • オリジナルの光学ドライブから取り外したケーブルを光学エンクロージャーベイに再接続します。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

120 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Brittany McCrigler

メンバー登録日: 2012年03月05日

82,220 ポイント

132のガイドは作成済み

Not terribly difficult, though I did install an SSD in my son's 20" iMac. Used the OWC data doubler bracket, which, of course, isn't designed for the iMac. I had to bend some metal in order to make it work at a very basic level, but otherwise didn't run into any real roadblocks.

Joseph Bonito - 返信

I used OWC Data Doubler. Fit no prob.

John Lavenia -

Success, and not as difficult as I thought. Getting the glass out (27") was a bit nervous but it's strong and the suction cups work well. The display itself has a heavy frame around it so also is strong. I used a large soft artist's brush to dust the display and inner glass. I carefully used needle nose pliers on the cables and connectors, couldn't get enough grip with tweezers.

Andrew Crabb - 返信

I have iMac late 2009 (EMC 2374) and the optical bay fits well into it. I installed Samsung SSD 850 PRO 256 Gb with a documented speed 520/550 (write/read). But unfortunately it seems because of ODD (optical disk drive) link I've got only 250/270. Anyway I'm pretty happy, because I merged SSD with my hybrid HDD 2 Tb (150/150) and now have 2.25 Tb Fusion drive with about x2 speed. My advise - don't buy expensive SSD with high speed if you want to link it through optical bay - the speed will be cut anyway.

evgeniyfedoseev - 返信

The real matter is the interface that is an old 3GB/s instead of a recent 6GB/s that limit the performance of SSD drive

Simone Richelmy -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 14

過去 7 日: 91

過去 30 日: 374

今までの合計 146,698