メインコンテンツにスキップ

はじめに

iMacがディスクを読み込めませんか?このガイドを使って、機能しない光学ドライブを交換しましょう。

    • 作業を始める前に、iMacの電源を切り、画像のように本体を倒して、柔らかい表面上に載せてください。

    • ガラスパネルの上部コーナーの2箇所に吸盤カップを取り付けます。

    • iFixitが販売している吸盤カップを取り付けるには、まず吸盤カップの持ち手ハンドルをガラスパネルの表面に対して水平になるように上げてください。ガラスに吸盤カップを軽く装着して、もう一方のハンドルも平行になるように上げてください。

    • 吸盤カップがうまく装着しない場合は、ガラスパネルと吸盤カップを中性洗剤などで綺麗に拭き取ってください。

  1. ゆっくりとガラスパネルをLCD表面に垂直になるように持ち上げて、スチール製のマウントピン ガラスパネルをiMacの底側端から引き抜き、丁寧に脇に置いてください。
    • ゆっくりとガラスパネルをLCD表面に垂直になるように持ち上げて、スチール製のマウントピン

    • ガラスパネルをiMacの底側端から引き抜き、丁寧に脇に置いてください。

    • 再組み立ての際には、ガラスパネルの内側やLCD表面を綺麗に拭いてください。デバイスの電源を入れると、ほこりや指紋が内部に閉じ込められ、視界が遮られてしまうことがあります。

  2. アウターケースからディスプレイを固定している8 mm T10トルクスネジを8本外します。 最後の2枚の画像はディスプレイ両側の詳細です。 最後の2枚の画像はディスプレイ両側の詳細です。
    • アウターケースからディスプレイを固定している8 mm T10トルクスネジを8本外します。

    • 最後の2枚の画像はディスプレイ両側の詳細です。

  3. アウターケースからディスプレイ上部端をわずかに持ち上げます。
    • アウターケースからディスプレイ上部端をわずかに持ち上げます。

    • あまり高く持ち上げすぎないでください。ロジックボードとディスプレイは数本のケーブルで繋がったままです。

  4. iMacの左上隅付近にあるLEDドライバボードのソケットから垂直の同期リボンケーブルを引き出します。 垂直の同期リボンケーブル端はZIFになっていますが、ソケットにはロックや固定フラップが付いていません。 ケーブルをソケットからiMacのオプティカルドライブ側に引き抜いて、LEDドライバーボードから外します。 垂直の同期リボンケーブル端はZIFになっていますが、ソケットにはロックや固定フラップが付いていません。 ケーブルをソケットからiMacのオプティカルドライブ側に引き抜いて、LEDドライバーボードから外します。
    • iMacの左上隅付近にあるLEDドライバボードのソケットから垂直の同期リボンケーブルを引き出します。

    • 垂直の同期リボンケーブル端はZIFになっていますが、ソケットにはロックや固定フラップが付いていません。 ケーブルをソケットからiMacのオプティカルドライブ側に引き抜いて、LEDドライバーボードから外します。

  5. LEDバックライト電源ケーブルをLEDドライバボードから接続を外すため、ディスプレイをアウターケースから外します。 コネクタをソケットから引き離しながら(iMacの下端に向かって)ロック機構を押し下げて、LEDバックライト電源ケーブルの接続を外します。 コネクタをソケットから引き離しながら(iMacの下端に向かって)ロック機構を押し下げて、LEDバックライト電源ケーブルの接続を外します。
    • LEDバックライト電源ケーブルをLEDドライバボードから接続を外すため、ディスプレイをアウターケースから外します。

    • コネクタをソケットから引き離しながら(iMacの下端に向かって)ロック機構を押し下げて、LEDバックライト電源ケーブルの接続を外します。

  6. PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る

    PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る
  7. ロジックボード上のソケットからディスプレイデーターケーブルコネクタの接続を外すため、2つのコネクタケーブルのアーム両側を掴みます。
    • ロジックボード上のソケットからディスプレイデーターケーブルコネクタの接続を外すため、2つのコネクタケーブルのアーム両側を掴みます。

    • ディスプレイデータケーブルのコネクタを、ロジックボードのソケットから引き抜きます。

    • このケーブルは簡単にダメージが入ってしまうため、ケーブルの接続を外す時、再接続するときはご注意ください。

  8. ロジックボード上のソケットからLCDサーマルセンサケーブルのコネクタを外します。
    • ロジックボード上のソケットからLCDサーマルセンサケーブルのコネクタを外します。

    • 作業完了後に、ファンがフルスピードで回転している場合は、この接続またはハードドライブのサーマルセンサーケーブルを点検してください。

  9. iMacの上部端に向けて、ディスプレイを丁寧に引き抜いてください。そしてアウターケースから持ち上げて取り出します。作業中、ケーブルが引っかかっていないか確認してください。
    • iMacの上部端に向けて、ディスプレイを丁寧に引き抜いてください。そしてアウターケースから持ち上げて取り出します。作業中、ケーブルが引っかかっていないか確認してください。

  10. ロジックボード上のソケットから光学ドライブサーマルセンサのコネクタを引き抜きます。
    • ロジックボード上のソケットから光学ドライブサーマルセンサのコネクタを引き抜きます。

  11. アウターケースに光学ドライブを固定している9 mm T10トルクスネジを4本外します。
    • アウターケースに光学ドライブを固定している9 mm T10トルクスネジを4本外します。

  12. 光学ドライブの内側端を持ち上げ、ロジックボードに取り付けられたフレームの周囲に付けられたコネクタを解きながら外します。
    • 光学ドライブの内側端を持ち上げ、ロジックボードに取り付けられたフレームの周囲に付けられたコネクタを解きながら外します。

    • 光学ドライブケーブルの接続を外すため、アウターケース端にあるマウント用ピンから光学ドライブを慎重に引き抜きます。

  13. スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブケーブルの接続を外します。

  14. 光学ドライブブラケットからEMIテープ全体を剥がす必要はありません。光学ドライブのボディにつけられた赤色でハイライトされた部分のみを剥がしてください。 赤色でハイライトされたアルミテープ部分のみを剥がします。残りは黒い光学ドライブブラケットに装着したままにします。
    • 光学ドライブブラケットからEMIテープ全体を剥がす必要はありません。光学ドライブのボディにつけられた赤色でハイライトされた部分のみを剥がしてください。

    • 赤色でハイライトされたアルミテープ部分のみを剥がします。残りは黒い光学ドライブブラケットに装着したままにします。

  15. 光学ドライブの両側からT10トルクスネジを2本ずつ(計4本)外します。 光学ドライブの両側からT10トルクスネジを2本ずつ(計4本)外します。
    • 光学ドライブの両側からT10トルクスネジを2本ずつ(計4本)外します。

  16. 必要に応じて、スパッジャーの先端を使って光学ドライブの底につけられた光学ドライブブラケット用のスロットに押し込んで、ブラケットのタブを外します。 光学ドライブブラケットを光学ドライブからわずかに回して外します。 光学ドライブブラケットを光学ドライブのオープンエンドから引き離します。タブが引っ掛からないようにご注意ください。
    • 必要に応じて、スパッジャーの先端を使って光学ドライブの底につけられた光学ドライブブラケット用のスロットに押し込んで、ブラケットのタブを外します。

    • 光学ドライブブラケットを光学ドライブからわずかに回して外します。

    • 光学ドライブブラケットを光学ドライブのオープンエンドから引き離します。タブが引っ掛からないようにご注意ください。

  17. スパッジャーの先端を使って、光学ドライブサーマルセンサを覆っているフォーム製テープの一部分を剥がします。 スパッジャーのフラットエンドを使って、サーマルセンサを光学ドライブに固定している接着剤を丁寧に剥がします。
    • スパッジャーの先端を使って、光学ドライブサーマルセンサを覆っているフォーム製テープの一部分を剥がします。

    • スパッジャーのフラットエンドを使って、サーマルセンサを光学ドライブに固定している接着剤を丁寧に剥がします。

    • 光学ドライブ内部にディスクや他の異物が詰まっている場合は、このガイドを参照して問題を解消しましょう。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

24 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

88%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Bookholt

522,261 ポイント

618のガイドは作成済み

A word of caution when reassembling. Be sure to replace the LCD thermal sensor connector and the optical drive thermal sensor connector with the contacts facing down. They are both very small and easy to overlook the contact points. If either or both are reinstalled wrong the iMac will not power up. You will get a white screen momentarily and then it will go black. I made that mistake and had to go back in and correctly insert them which solved the power up problem.

cwrd - 返信

I successfully put an SSD (mounted in OWC data doubler) into the optical drive slot.

I got slightly thrown for a moment that at step 10, the iMac was apparently rotated 180 degrees. I didn't really want to change my work position, so I turned my iPad upside down to follow the pictures correctly. Not sure why the perspective changed at that point in the manual.

The other "interesting" task was reattaching the LCD, what with the nearby rare earth magnets trying to steal the screws. Having a heavily magnetized torx screwdriver was a big help; I just took a magnet of my own and stuck it on the handle end of the shaft, and then it held the screw enough to make the job possible.

I was quite relieved when my iMac booted after all this. :)

neilweinstock - 返信

Per error se'm va introduir una targeta portadora de microSD tipus SD a traves de la ranura del lector de CD-DVD.

Seguint aquesta guia perfectament bé explicada i amb les eines adequades, T10 Torx, tornavís de rellotger tipus estrella o philips i en el meu cas dues ventoses solidaries tipus mànec d'enganxar a la paret de la dutxa per no caure; he aconseguit recuperar la microSD, el lector de CD-DVD i el iMAC continua sencer.

Mil gràcies Andrew Bookholt, ets un crack e indubtablement molt bona persona.

atvillarroya - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 7

過去 7 日: 22

過去 30 日: 114

今までの合計 65,770