はじめに

ここでは、ボタンとトリガーボタンを修理するために下部基板を取り外す方法を紹介します。

  1. バッテリーパックのカバーを外します。
    • バッテリーパックのカバーを外します。

    • バッテリーを取り外します。

  2. ナイロン製スパッジャーを使ってこの作業を行ってください。ここではメタルスパッジャーを使用しています。 サイドハンドルを外すため、コントローラーをしっかりと握ります。スパッジャーをフロントとハンドルプレートの間にできた隙間に差し込みます。
    • ナイロン製スパッジャーを使ってこの作業を行ってください。ここではメタルスパッジャーを使用しています。

    • サイドハンドルを外すため、コントローラーをしっかりと握ります。スパッジャーをフロントとハンドルプレートの間にできた隙間に差し込みます。

    • スパッジャーを前後に動かしながら、フロントプレートからサイドプレートを外します。サイドプレートの隙間全体にスパッジャーを動かして作業を進めてください。

  3. ラベルの裏のコントローラ中央部分に隠れたネジがついています。 ドライバーを使って、ラベルの中央部分の穴に向けて直接押し込んで穴を開けます。
    • ラベルの裏のコントローラ中央部分に隠れたネジがついています。

    • ドライバーを使って、ラベルの中央部分の穴に向けて直接押し込んで穴を開けます。

      • もしラベルに穴を開けたくない場合はラベルを剥がしてください。

    • T8 安全トルクスネジ用のドライバーを使って、コントローラ裏側に留められた10mmネジを5本外します。

  4. バックプレートを取り外します。
    • バックプレートを取り外します。

  5. フェイスプレートを取り外します。
    • フェイスプレートを取り外します。

  6. 予め振動用モーターをソケットから外しておいてください。 ハンダを除去し、モーターと基板をつないでいる赤と黒の導線を外します。
    • 予め振動用モーターをソケットから外しておいてください。

    • ハンダを除去し、モーターと基板をつないでいる赤と黒の導線を外します。

    • ハンダを除去し、上部基板につながっている黒とグレーの導線を外します。

    • モーターを外します。

    • はんだごてを使用する際は、周りの部品を損傷させないよう、また火傷しないように気をつけてください。

    • はんだごての使用方法は、こちらをご覧ください。

  7. Free shipping on all orders over $100.00 or containing a Pro Tech Toolkit!

    当社のショップを閲覧する
  8. モーターの台座付近にある2本の7mm T6ネジを外します。
    • モーターの台座付近にある2本の7mm T6ネジを外します。

  9. 基板の中央付近をしっかりと握ります。
    • 基板の中央付近をしっかりと握ります。

    • 基板を軽く前後に揺すりながら持ち上げて取り外します。

    • 基板を外す際にある程度の力が必要です。

  10. コントローラ前部のワイヤーを留めている黄色のテープを剥がします。
    • コントローラ前部のワイヤーを留めている黄色のテープを剥がします。

  11. トリガーの下側にある2つの7mm T6六角ネジを緩めます。 トリガーの下側にある2つの7mm T6六角ネジを緩めます。 トリガーの下側にある2つの7mm T6六角ネジを緩めます。
    • トリガーの下側にある2つの7mm T6六角ネジを緩めます。

  12. トリガーのカバーを取り外します。
    • トリガーのカバーを取り外します。

  13. マザーボードから半田付けされたワイヤを取り外します。
    • マザーボードから半田付けされたワイヤを取り外します。

    • ソケットからランブルモータを取り出して、接続されたワイヤを引っ張ります。

  14. マザーボードに留められた6本のT6トルクスネジを外します。 マザーボードに留められた6本のT6トルクスネジを外します。
    • マザーボードに留められた6本のT6トルクスネジを外します。

  15. 樹脂製のツメを外し、上部バンパーを外します。ツメは表裏どちらにもあります。 ナイロン樹脂製のスパッジャの使用を推奨します。基板付近で金属のスパッジャを使用すると、デバイスを損傷する可能性があります。
    • 樹脂製のツメを外し、上部バンパーを外します。ツメは表裏どちらにもあります。

    • ナイロン樹脂製のスパッジャの使用を推奨します。基板付近で金属のスパッジャを使用すると、デバイスを損傷する可能性があります。

  16. ホームボタン周りのカバーを持ち上げて外します。 スパッジャを使用して反対側から叩き出します。
    • ホームボタン周りのカバーを持ち上げて外します。

    • スパッジャを使用して反対側から叩き出します。

    • ナイロン樹脂製のスパッジャの使用を推奨します。基板付近で金属のスパッジャを使用すると、デバイスを損傷する可能性があります。

    • この作業にはかなりの力を要します。

  17. 下部基板を取り外します。
    • 下部基板を取り外します。

まとめ

再度組み立てる際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

19 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Liam Gow

メンバー登録日: 2015年01月22日

3,581 ポイント

3のガイドは作成済み

チーム

Cal Poly, Team 20-15, Maness Winter 2015 Cal Poly, Team 20-15, Maness Winter 2015人のメンバー

CPSU-MANESS-W15S20G15

5 メンバー

38のガイドは作成済み

Is de-soldering optional?

John Gonzalez - 返信

Considering the placement of wires attached by solder on both sides of the top board, it would be quite difficult to reach anything beneath it otherwise. I suppose it depends on what you're trying to achieve.

In any case, you might as well try to move it without desoldering if desoldering is going to be an issue. Make sure not to pull hard, though.

Liam Gow -

I have a question... Will the motherboard you can get at the store here work it the newer controllers with built in headphone jack?

ETHREAL1 - 返信

I would expect not, I'm afraid. The motherboards will probably have different circuitry, even if the shapes are the same, which they may not be.

Liam Gow -

The position/mounting of the LB and RB buttons on the motherboard piece between the day-one/sans-jack and the newer 3.5mm jack (non-Slim) boards are completely different.

The older revision motherboard has the mountings inverted (pointing downwards to the south end-headset attachment port- of the controller) compared to the newer ones.

The newer ones have the circuit with the bumper buttons mounted pointing to the north end toward the bumpers on the top of the controller.

icho - 返信

統計データを表示:

過去 24時間: 20

過去 7 日: 136

過去 30 日: 555

今までの合計 30,376