メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

ヒートシンクとファンは個別のパーツですが、マザーボード上で相互に取り付けられているため、片方を交換する手順は、他方を交換する手順と全く同じです。

  1. Xbox One Sを裏返して、ケースの底部を上に向けます。
    • Xbox One Sを裏返して、ケースの底部を上に向けます。

  2. プラスチック製開口ツールを、底部ケースと格子状に穴が開いた上部との隙間に差し込みます。次に、この隙間でケースを固定しているクリップを探します。
    • プラスチック製開口ツールを、底部ケースと格子状に穴が開いた上部との隙間に差し込みます。次に、この隙間でケースを固定しているクリップを探します。

    • 開口ツールを使用してクリップを外します。黒いケースを底部側からこじ開けて外すのが最も簡単です。

    • ケースをこじ開けていると、パチンという音がします。底部を取り外すのにかなり苦労することもあります。

    • ケースから底部を取り外す際に、クリップを破壊しまうことがあります。

    • まず隅にこじ開け用工具を差し込んでから、Xbox One Sの端に沿ってスライドさせる方法がお勧めです。最初の2、3か所のクリップが外れたら、カバーを持ち上げて残りのクリップの位置を確認します。

  3. 全てのクリップが外れたら、底部パーツをケースから取り外します。
    • 全てのクリップが外れたら、底部パーツをケースから取り外します。

  4. 金属ケースにある、F1~F6と刻印された緑色のネジの位置を全て確認します。 T10トルクスドライバーを使用して、長さ50 ㎜のネジ6本を取り外します。
    • 金属ケースにある、F1~F6と刻印された緑色のネジの位置を全て確認します。

    • T10トルクスドライバーを使用して、長さ50 ㎜のネジ6本を取り外します。

  5. ポートカバーはリベットで固定されています。本体の両側で、こじ開け用工具を上部カバーと金属ケースの間にゆっくりと差し込んで、取り外しの準備を行います。 ポートカバーはリベットで固定されています。本体の両側で、こじ開け用工具を上部カバーと金属ケースの間にゆっくりと差し込んで、取り外しの準備を行います。 ポートカバーはリベットで固定されています。本体の両側で、こじ開け用工具を上部カバーと金属ケースの間にゆっくりと差し込んで、取り外しの準備を行います。
    • ポートカバーはリベットで固定されています。本体の両側で、こじ開け用工具を上部カバーと金属ケースの間にゆっくりと差し込んで、取り外しの準備を行います。

  6. 適切な方法で、慎重にインナーケースをアウターケースから分離します。 適切な方法で、慎重にインナーケースをアウターケースから分離します。
    • 適切な方法で、慎重にインナーケースをアウターケースから分離します。

  7. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  8. ハードドライブを交換するには、C3とC4の位置にある10 ㎜ T-10トルクスネジ2本を、Xbox One Sの裏面から取り外します。 ハードドライブを交換するには、C3とC4の位置にある10 ㎜ T-10トルクスネジ2本を、Xbox One Sの裏面から取り外します。
    • ハードドライブを交換するには、C3とC4の位置にある10 ㎜ T-10トルクスネジ2本を、Xbox One Sの裏面から取り外します。

  9. 慎重にハードドライブとマザーボードの接続を解除します(写真のプラスチック製コネクタ2か所)。 慎重にハードドライブとマザーボードの接続を解除します(写真のプラスチック製コネクタ2か所)。 慎重にハードドライブとマザーボードの接続を解除します(写真のプラスチック製コネクタ2か所)。
    • 慎重にハードドライブとマザーボードの接続を解除します(写真のプラスチック製コネクタ2か所)。

  10. 光学ディスクドライブを取り外すには、「C5」と表記された銀色の10 ㎜ T-10トルクスネジを取り外します。
    • 光学ディスクドライブを取り外すには、「C5」と表記された銀色の10 ㎜ T-10トルクスネジを取り外します。

  11. ディスクドライブをマザーボードから少し引っ張って、マザーボードからプラスチック製コネクタを抜きます。
    • ディスクドライブをマザーボードから少し引っ張って、マザーボードからプラスチック製コネクタを抜きます。

  12. マザーボードを交換するには、「C1」、「C2」、「C6」と表記された銀色の10 ㎜ T-10トルクスネジ3本を取り外す必要があります。
    • マザーボードを交換するには、「C1」、「C2」、「C6」と表記された銀色の10 ㎜ T-10トルクスネジ3本を取り外す必要があります。

    • 「A1」「A2」「A3」「A4」と表記された黒い8 ㎜ T-9トルクスネジ4本を取り外します。

  13. 電源ブロックの反対側の隅にある銀色の長方形クランプの位置を確認します。
    • 電源ブロックの反対側の隅にある銀色の長方形クランプの位置を確認します。

  14. ピンセットでクランプをつまみます。クランプを上方に引っ張り、銀色のケースから抜き取ります。必要に応じて、歯のように前後に細かく動かします。
    • ピンセットでクランプをつまみます。クランプを上方に引っ張り、銀色のケースから抜き取ります。必要に応じて、歯のように前後に細かく動かします。

    • ここで銀色のケースからクランプを抜き取る場合、多少力がかかっても問題ありません。この金属部品は折り曲げが可能であるため、折り曲げてから元に戻せます。

  15. これでクランプが外れたので、慎重にマザーボードを端から持ち上げて、メタルケースから取り外します。マザーボードは簡単に外れるはずです。
    • これでクランプが外れたので、慎重にマザーボードを端から持ち上げて、メタルケースから取り外します。マザーボードは簡単に外れるはずです。

  16. マザーボードを裏返して、金属製のX字型ブラケットを探します。 スパッジャーまたはプラスチック製開口ツールを使用して、ブラケットの四隅にある、小さな緑色の固定具をこじ上げて外します。 これらの写真では、ドライバーを使用してブラケットの隅を持ち上げています。スパッジャーまたはプラスチック製開口ツールを使用すると、マザーボードの損傷を防止できます。
    • マザーボードを裏返して、金属製のX字型ブラケットを探します。

    • スパッジャーまたはプラスチック製開口ツールを使用して、ブラケットの四隅にある、小さな緑色の固定具をこじ上げて外します。

    • これらの写真では、ドライバーを使用してブラケットの隅を持ち上げています。スパッジャーまたはプラスチック製開口ツールを使用すると、マザーボードの損傷を防止できます。

  17. 白いプラスチック製のコネクタを慎重に引っ張って、ボードからファン/ヒートシンクを取り外します。 白いプラスチック製のコネクタを慎重に引っ張って、ボードからファン/ヒートシンクを取り外します。
    • 白いプラスチック製のコネクタを慎重に引っ張って、ボードからファン/ヒートシンクを取り外します。

  18. ヒートシンク/ファンをボードから取り外したら、プラスチック製開口ツールでプラスチック製ファンの長方形クリップをこじ上げて、ファンを金属製ヒートシンクから取り外します。 ファンをこじ上げてヒートシンクから取り外す際には、多少力が必要なこともあります。
    • ヒートシンク/ファンをボードから取り外したら、プラスチック製開口ツールでプラスチック製ファンの長方形クリップをこじ上げて、ファンを金属製ヒートシンクから取り外します。

    • ファンをこじ上げてヒートシンクから取り外す際には、多少力が必要なこともあります。

終わりに

元通りに組み立てるには、これらの手順を逆に実行してください。

12 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

prednin5mgさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Erik Ramazzini

メンバー登録日: 2017年04月26日

1,136 ポイント

3のガイドは作成済み

チーム

Cal Poly, Team S22-G3, Livingston Spring 2017 Cal Poly, Team S22-G3, Livingston Spring 2017人のメンバー

CPSU-LIVINGSTON-S17S22G3

4 メンバー

33のガイドは作成済み

4 件のコメント

After researching replacement costs through local "fixit" places and Microsoft and cost ranging from $140 to $175 for fan replacement. Decided to take chance on this fan for Xbox one S. https://www.amazon.com/gp/product/B07HD3... Take time taking the bottom black plastic cover off once it gets started its easy. The corner by MS logo has tab that seems a bit thicker and took some doing to get off. Followed this guide did not have to do port removal. Once I got main white case off I just took hard drive and optical drive screws out. Just lifted enough to get to tab holding fan onto heat sink. popped them off and then replaced with this unit. Be aware when putting optical drive and hard drive back in place there are plastic tabs that match to holes on motherboard and let the two units sit down all the way. Also If I recall the hard drive goes in first and then  optical drive. 15 minutes from start to finish. Worked like a champ right off! thanks for the awesome guide!

Don - 返信

ACHTUNG!!! Schritt 15 ist UNNÖTIG bzw. hat so wie hier beschrieben womöglich FATALE Folgen für Eure Xbox! (Es sei denn Ihr wollt aus irgendeinem mir nicht ersichtlichen Grund den Kühler austauschen und nicht den Lüfter.) Denn was hier unterschlagen wird: Löst man den Kühler wie in den Bildern gezeigt von der Platine wird die Verbindung zwischen Kühleinheit und Prozessor unterbrochen und die Kühlpaste zerbröselt und verliert jegliche Wirkung!

Der Lüfter lässt sich auch OHNE Ablösen des Kühlkörpers relativ einfach von diesem abhebeln. Falls dennoch der Kühlkörper von der Platine abgelöst werden soll/muss (oder so wie in meinem Fall im blinden Vertrauen auf die Richtigkeit obiger Anleitung unnötigerweise entfernt wurde) UNBEDINGT Prozessor und Kühlkörper von der alten Paste befreien und neue Paste auftragen (Anleitungen hierfür finden sich im Netz).

hypokeimenon - 返信

Es rät sich auf jeden Fall an, die Wärmeleitpaste zwischen Kühlkörper und Prozessor zu wechseln (besonders, wenn sie bereits trocken ist und beim Ausbau zerbröselt), wenn man sich schon die Mühe macht und die Xbox komplett demontiert.

Die Anleitung zum Austausch der Wärmeleitpaste gibt es hier:

放熱グリスの塗布方法

macminitosh -

Ach ja: außerdem fehlt in der Beschreibung das Lösen der beiden seitlich angebrachten Funkmodule (in neuren Modellen?) und zwei zusätzliche Schrauben (B1 und B2) müssen auch noch entfernt werden, um die Hauptplatine lösen zu können. ;-)

hypokeimenon - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 19

過去 7 日: 169

過去 30 日: 694

今までの合計 17,245