メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

このガイドを参照して、Xbox 360からCPUヒートシンクを取り出します。CPUヒートシンクを再インストールする際は、放熱グリスを必ず塗布してください。

  1. ハードドライブアセンブリを摘んで、正面側端を持ち上げながら、リリースボタンを押します。 ハードドライブアセンブリを上部ベントから外します。
    • ハードドライブアセンブリを摘んで、正面側端を持ち上げながら、リリースボタンを押します。

    • ハードドライブアセンブリを上部ベントから外します。

    • コンソールを縦に立てて、下部端を手前に配置します。

    • この開口手順では、Xbox 360用開口ツールがスパッジャーの代わりとして使用できます。

    • スパッジャーの平面側先端、もしくはXbox 360開口ツールの先端を下部ベントの正面側端にできた小さな隙間に差し込みます。

    • 下部ベントの正面端をこじ開けて、フェイスプレートを外します。

  2. 次の手順では、スパッジャーもしくはXbox 360開口ツールの先端を使って、下部ベントの左右に沿って留められたクリップを外します。クリップの位置は赤く表示しています。 プラスチックのサイドケース部分にあるホールの中にツールを差し込みます。 プラスチックのサイドケース部分にあるホールの中にツールを差し込みます。
    • 次の手順では、スパッジャーもしくはXbox 360開口ツールの先端を使って、下部ベントの左右に沿って留められたクリップを外します。クリップの位置は赤く表示しています。

    • プラスチックのサイドケース部分にあるホールの中にツールを差し込みます。

  3. クリップを外すには、下部ベントの正面側端から始めます。 下部ベントの正面側端をわずかに持ち上げながら、下部ベントの正面側に一番近いクリップを、スパッジャーの先端でコンソールの内側に向けて押し上げます。
    • クリップを外すには、下部ベントの正面側端から始めます。

    • 下部ベントの正面側端をわずかに持ち上げながら、下部ベントの正面側に一番近いクリップを、スパッジャーの先端でコンソールの内側に向けて押し上げます。

  4. 同じプロセスを繰り返して、下部ベントの中央部分の2つのクリップも外します。 同じプロセスを繰り返して、下部ベントの中央部分の2つのクリップも外します。
    • 同じプロセスを繰り返して、下部ベントの中央部分の2つのクリップも外します。

  5. スパッジャーの先端を使って、Xbox裏側に一番近い下部ベント上のクリップを外します。 スパッジャーの先端を使って、Xbox裏側に一番近い下部ベント上のクリップを外します。
    • スパッジャーの先端を使って、Xbox裏側に一番近い下部ベント上のクリップを外します。

  6. 下部ベントを取り出します。
    • 下部ベントを取り出します。

  7. スパッジャーの平面側先端を、フェイスプレートと電源ボタン付近の外側ケースの間に差し込みます。 スパッジャーをフェイスプレートの端に沿ってスライドして、コンソール正面側に固定されているクリップを外します。
    • スパッジャーの平面側先端を、フェイスプレートと電源ボタン付近の外側ケースの間に差し込みます。

    • スパッジャーをフェイスプレートの端に沿ってスライドして、コンソール正面側に固定されているクリップを外します。

    • Xbox 360の開口ツールを使って作業をすることも可能ですが、プラスチックケースに傷を加えることがあります。

    • あるいは、フェイスプレートをXboxから手で慎重に引き抜いて外してください。

  8. 同じ作業を繰り返して、フェイスプレートの左側も外します。
    • 同じ作業を繰り返して、フェイスプレートの左側も外します。

  9. コンソールの正面側からフェイスプレートを外します。
    • コンソールの正面側からフェイスプレートを外します。

  10. コンソールを縦に立てて、上部端を手前に置きます。 上部の通気口はクリップでコンソールに固定されています。 画像にあるように、最初の2つのクリップは、正面プレートに最も近い上部の通気口の下にあります。
    • コンソールを縦に立てて、上部端を手前に置きます。

    • 上部の通気口はクリップでコンソールに固定されています。 画像にあるように、最初の2つのクリップは、正面プレートに最も近い上部の通気口の下にあります。

  11. スパッジャーの平面側先端を前で説明した小さな隙間に差し込み、クリップを外します。 もしくはXbox 360開口ツールを使うこともできます。
    • スパッジャーの平面側先端を前で説明した小さな隙間に差し込み、クリップを外します。

    • もしくはXbox 360開口ツールを使うこともできます。

  12. 次の手順では、スパッジャーのセタンを使って、上部ベントの左右に沿って留められたクリップを外します。クリップの位置は、画像でハイライトを入れています。 次の手順では、スパッジャーのセタンを使って、上部ベントの左右に沿って留められたクリップを外します。クリップの位置は、画像でハイライトを入れています。 次の手順では、スパッジャーのセタンを使って、上部ベントの左右に沿って留められたクリップを外します。クリップの位置は、画像でハイライトを入れています。
    • 次の手順では、スパッジャーのセタンを使って、上部ベントの左右に沿って留められたクリップを外します。クリップの位置は、画像でハイライトを入れています。

  13. クリップを外すには、上部ベント中央から作業を始めます。 上部ベントの正面側端をわずかに持ち上げながら、スパッジャーの先端を使って、上部ベント中央付近のクリップをコンソール内側に向けて押し出します。
    • クリップを外すには、上部ベント中央から作業を始めます。

    • 上部ベントの正面側端をわずかに持ち上げながら、スパッジャーの先端を使って、上部ベント中央付近のクリップをコンソール内側に向けて押し出します。

  14. スパッジャーの先端を使って、Xbox上部ケース裏側付近の上部ベント上に留められたクリップを外します。
    • スパッジャーの先端を使って、Xbox上部ケース裏側付近の上部ベント上に留められたクリップを外します。

  15. 今あるものを使い続けましょう

    オールインワインキットで安く修理して、節約しましょう。

    iPhone 修理キットを見る

    今あるものを使い続けましょう

    オールインワインキットで安く修理して、節約しましょう。

    iPhone 修理キットを見る
  16. コンソール裏側付近のゴム足の下に隠れた最後のクリップを外します。 スパッジャーの先端を使って、Xbox裏側に近い上部ベント上のクリップを外します。
    • コンソール裏側付近のゴム足の下に隠れた最後のクリップを外します。

    • スパッジャーの先端を使って、Xbox裏側に近い上部ベント上のクリップを外します。

    • 本体から上部ベントを取り出します。

  17. コンソールの上部端を下向きに立てます。
    • コンソールの上部端を下向きに立てます。

    • コンソールから慎重に保証対象外となる、ボイドステッカーを剥がします。

  18. 上部と下部のケースは、コンソールの正面側と背面側に留められたラッチによって取り付けられています。 上部ケースをコンソールから外すには、ラッチを外さなければなりません。 スパッジャーの平面側先端を使って、次のラッチを外します。 正面側USBポートの上
    • 上部と下部のケースは、コンソールの正面側と背面側に留められたラッチによって取り付けられています。 上部ケースをコンソールから外すには、ラッチを外さなければなりません。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、次のラッチを外します。

    • 正面側USBポートの上

    • 正面側USBポートの下

    • メモリユニットスロットの上

  19. エジェクとボタン上の最後のラッチを外すため、スパッジャーの平面側先端を差し込んで上向きにこじ開けます。
    • エジェクとボタン上の最後のラッチを外すため、スパッジャーの平面側先端を差し込んで上向きにこじ開けます。

  20. わずかに下部ケースの正面側をわずかに持ち上げて、正面のラッチを完全に外します。
    • わずかに下部ケースの正面側をわずかに持ち上げて、正面のラッチを完全に外します。

  21. 上部と下部のケースは、コンソール裏側の7つのリリースラッチによって固定されています。ラッチの位置は赤でハイライトしています。 上部と下部のケースは、コンソール裏側の7つのリリースラッチによって固定されています。ラッチの位置は赤でハイライトしています。
    • 上部と下部のケースは、コンソール裏側の7つのリリースラッチによって固定されています。ラッチの位置は赤でハイライトしています。

  22. Xbox 360の開口ツールを使って、 I/Oポート付近の上部ケースと下部ケースを固定しているクリップを押し込みます。 ツールで押し込みながら、下部と上部ケースを押して固定クリップを外します。 ツールで押し込みながら、下部と上部ケースを押して固定クリップを外します。
    • Xbox 360の開口ツールを使って、 I/Oポート付近の上部ケースと下部ケースを固定しているクリップを押し込みます。

    • ツールで押し込みながら、下部と上部ケースを押して固定クリップを外します。

  23. 上部と下部のケースを押し離しながら、スパッジャーの先端またはXbox 360の開口ツールを使って、赤でハイライトされている長いクリップをデバイス中央に向けて押します。 このクリップが外れると、電源コネクタ付近のクリップのみが、上部ケースと下部ケースを固定しています。
    • 上部と下部のケースを押し離しながら、スパッジャーの先端またはXbox 360の開口ツールを使って、赤でハイライトされている長いクリップをデバイス中央に向けて押します。

    • このクリップが外れると、電源コネクタ付近のクリップのみが、上部ケースと下部ケースを固定しています。

  24. Xbox 360の開口ツールを使って、電源コネクタ付近の残りのクリップ2つを押し出します。
    • Xbox 360の開口ツールを使って、電源コネクタ付近の残りのクリップ2つを押し出します。

    • 上部と下部ケースを押し出して、固定しているクリップを外します。

  25. コンソール正面が下向きになるように立てます。
    • コンソール正面が下向きになるように立てます。

    • 下部ケースの後ろ側をつまんで、上向きに持ち上げて、コンソールから外します。

    • 電源プラグ付近の下部ケースを過度に変形させないように、ご注意ください。ひび割れがしやすくなっています。

  26. スパッジャーの先端を使って、メタルケース上のイジェクトボタンを固定しているクリップを外します。 スパッジャーの平面側先端を、イジェクトボタンと光学ドライブの間に差し込みます。
    • スパッジャーの先端を使って、メタルケース上のイジェクトボタンを固定しているクリップを外します。

    • スパッジャーの平面側先端を、イジェクトボタンと光学ドライブの間に差し込みます。

    • イジェクトボタンを固定しているポートからこじ開けて外します。

    • この作業は、Xbox 360開口ツールでも対応できます。

  27. 上部ケースをメタルケースに固定しているシルバーの64mm T10トルクスネジを6本外します。
    • 上部ケースをメタルケースに固定しているシルバーの64mm T10トルクスネジを6本外します。

  28. 上部ケースが上向きになるようコンソールの位置を調整します。
    • 上部ケースが上向きになるようコンソールの位置を調整します。

    • 上部ケースをまっすぐ持ち上げて、コンソールから取り外します。

  29. 光学ドライブとメタルケースを固定しているシルバーのテープを剥がします。
    • 光学ドライブとメタルケースを固定しているシルバーのテープを剥がします。

  30. 光学ドライブを僅かに持ち上げて、光学ドライブの裏側に搭載されたSATAと電源コネクタの接続を外せるだけのスペースを作ります。
    • 光学ドライブを僅かに持ち上げて、光学ドライブの裏側に搭載されたSATAと電源コネクタの接続を外せるだけのスペースを作ります。

    • 光学ドライブをまだ完全に取り出さないでください。2つのケーブルはマザーボードと繋がったままです。

  31. 電源コネクタのケーブルをつまんで、まっすぐ光学ドライブ上のソケットから引き抜きます。 光学ドライブのソケットから、SATAデータコネクタの接続を外します。
    • 電源コネクタのケーブルをつまんで、まっすぐ光学ドライブ上のソケットから引き抜きます。

    • 光学ドライブのソケットから、SATAデータコネクタの接続を外します。

  32. メタルケースから光学ドライブアセンブリを持ち上げます。
    • メタルケースから光学ドライブアセンブリを持ち上げます。

  33. スパッジャーの平面側先端を、冷却ファンダクトの上部の小さな長方形の開口部分に差し込みます。 ファンダクトの固定クリップを慎重に外します。
    • スパッジャーの平面側先端を、冷却ファンダクトの上部の小さな長方形の開口部分に差し込みます。

    • ファンダクトの固定クリップを慎重に外します。

    • Xbox 360の開口ツールでも対応できます。

  34. メタル製シャーシのストリップをデュアルファンの上に持ち上げながら、ファンをマザーボード中央側に引っ張ります。 デュアルファンアセンブリを完全に取り出さないでください。マザーボードにケーブルが繋がっています。
    • メタル製シャーシのストリップをデュアルファンの上に持ち上げながら、ファンをマザーボード中央側に引っ張ります。

    • デュアルファンアセンブリを完全に取り出さないでください。マザーボードにケーブルが繋がっています。

  35. デュアルファンコネクタを、マザーボードのソケットからまっすぐ持ち上げます。
    • デュアルファンコネクタを、マザーボードのソケットからまっすぐ持ち上げます。

    • あるファン用コネクタには固定タブがついています。お持ちのモデルに固定タブがついている場合は、このタブを押さえ続けながら、ファンをマザーボードから外します。

    • デュアルファンアセンブリをコンソールから取り出します。

  36. スパッジャーの平面側先端を使って、RFモジュールの上部と左端に沿って、RFモジュールシールドを固定しているクリップを外します。 爪先を使って、RFモジュールからクリップを外すこともできます。 RFモジュールシールドをコンソールから取り出します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、RFモジュールの上部と左端に沿って、RFモジュールシールドを固定しているクリップを外します。

    • 爪先を使って、RFモジュールからクリップを外すこともできます。

    • RFモジュールシールドをコンソールから取り出します。

  37. メタル製シャーシとRFモジュールを固定している5.6mm T8トルクスネジを外します。
    • メタル製シャーシとRFモジュールを固定している5.6mm T8トルクスネジを外します。

  38. RFモジュールをつまんで、マザーボード上のソケットからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。 コンソールからRFモジュールを取り出します。
    • RFモジュールをつまんで、マザーボード上のソケットからまっすぐ持ち上げて、接続を外します。

    • コンソールからRFモジュールを取り出します。

  39. メタルケースとマザーボードを固定している次のネジを外します。
    • メタルケースとマザーボードを固定している次のネジを外します。

    • ゴールド 11mm T10トルクスネジー9本

    • 黒 5.6mm T8トルクスネジー8本

    • Red Ring of Deathの修理キットをインストールした後、Xbox 360を再組み立てする場合は、オレンジでハイライトされたT8トルクスネジ8本は使用しません。

  40. シャーシからマザーボードが落下しないように気をつけながら、Xboxを裏返します。 正面側端よりマザーボードアセンブリを持ち上げます。
    • シャーシからマザーボードが落下しないように気をつけながら、Xboxを裏返します。

    • 正面側端よりマザーボードアセンブリを持ち上げます。

    • メタル製ケースからマザーボードを外す際に、ソケットにダメージを与えないようご注意ください。

    • メタル製ケースからマザーボードアセンブリを取り出します。

  41. 小さなマイナスドライバーの先端を、ヒートシンク上のXクランプと固定ポストの間に差し込みます。
    • 小さなマイナスドライバーの先端を、ヒートシンク上のXクランプと固定ポストの間に差し込みます。

    • 固定ポスト上に生じる小さな溝の上にXクランプが持ち上がるまで、固定ポストよりXクランプをこじ開けて外します。

  42. スクリュードライバーをXクランプとこの固定ポストの間に、マザーボードと並行に差し込みます。 Xクランプが、固定ポストより完全に外れるまで、ドライバーをひねります。
    • スクリュードライバーをXクランプとこの固定ポストの間に、マザーボードと並行に差し込みます。

    • Xクランプが、固定ポストより完全に外れるまで、ドライバーをひねります。

    • Xクランプ上の4つのコーナー全てに同じ作業を繰り返します。

    • Xクランプの最後のコーナーを外したら、マザーボードを裏返します。落下による損傷を防ぐために、CPUヒートシンクを必ず取ってください。

  43. Xクランプを再インストールするには、まずヒートシンク上のポストにXクランプの二箇所コーナーを当てます。
    • Xクランプを再インストールするには、まずヒートシンク上のポストにXクランプの二箇所コーナーを当てます。

    • Xクランプの3番目のアームをヒートシンクに取り付けられたポストに押し付けながら、小型のマイナスドライバを使用して、Xクランプをヒートシンクポストからこじ開けます。

    • こじ開ける際に、Xクランプのアーム上を押さえて、ヒートシンクに付けられたポストに入っている固定用の溝まで押し下げます。

    • この手順を繰り返して、Xクランプの4番目のアームもインストールします。 

  44. CPUヒートシンクを取り出します。
    • CPUヒートシンクを取り出します。

    • CPUヒートシンクを再インストールする前に、放熱グリスを必ず塗布してください。

    • ヒートシンクをマザーボード上に戻さなければならない場合、放熱グリスのガイドを参照してください。

終わりに

このデバイスを再組み立てするには、インストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

45 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

642,084 ポイント

1,203のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 6

過去 7 日: 36

過去 30 日: 144

今までの合計 47,104