メインコンテンツにスキップ

はじめに

Samsung Galaxy S6 Edgeのバイブレーション機能が壊れている場合は、バイブレーター用モーターを交換する時期です。

  1. 紙クリップかSIMカード取り出しツールを、携帯本体の電源ボタン側にあるSIMカードスロットの穴に差し込みます。 ツールをマイクの穴に差し込まないようにご注意ください。破損の恐れがあります。SIMカードトレイがどこにあるか確認してください。 ツールを押し込んでSIMカードトレイを取り出します。
    • 紙クリップかSIMカード取り出しツールを、携帯本体の電源ボタン側にあるSIMカードスロットの穴に差し込みます。

    • ツールをマイクの穴に差し込まないようにご注意ください。破損の恐れがあります。SIMカードトレイがどこにあるか確認してください。

    • ツールを押し込んでSIMカードトレイを取り出します。

    • 電話本体からSIMカードトレイを取り出します。

  2. 電子レンジに付着している汚れがiOpenerに付いてしまうことがあるので、使用前に電子レンジの底をきれいに拭き取ってください。 iOpenerを電子レンジ中央に置きます。
    • 電子レンジに付着している汚れがiOpenerに付いてしまうことがあるので、使用前に電子レンジの底をきれいに拭き取ってください。

    • iOpenerを電子レンジ中央に置きます。

    • 回転型の電子レンジ:iOpenerが電子レンジのターンテーブルで回転しているか確認してください。iOpenerが作動中に留まってしまうと、熱しすぎや焦げてしまいます。

  3. iOpenerを30秒温めます。
    • iOpenerを30秒温めます。

    • 修理作業中はiOpenerが冷めてしまいますので、使用毎に電子レンジに30秒入れて温めてからご利用ください。

    • 作業中、iOpenerを温めすぎないようにご注意ください。温めすぎるとiOpenerを破裂させてしまうことがあります。

    • 膨らんでいる状態のiOpenerは絶対に触らないでください。

    • 適切に温められたiOpenerは約10分間、温かい状態を保ちます。

  4. 電子レンジからiOpenerを取り出します。iOpenerの中央は熱くなっているため、両端の平面になっている部分を持ってください。
    • 電子レンジからiOpenerを取り出します。iOpenerの中央は熱くなっているため、両端の平面になっている部分を持ってください。

    • iOpenerは大変熱くなっていることがあります。必要であれば、オーブン用のミトンカバーをご利用ください。

  5. 電話本体を裏側にします。 ガラスにひびが入っている場合は、取り外し作業の間ガラスを固定する必要があるため、パネル全体に透明の保護テープを貼り付けてください。
    • 電話本体を裏側にします。

    • ガラスにひびが入っている場合は、取り外し作業の間ガラスを固定する必要があるため、パネル全体に透明の保護テープを貼り付けてください。

    • ガラスの端にiOpenerを約30秒間置いて、ガラス周辺に付けられた接着剤を柔らかくします。

    • iOpenerを反対側の端に約30秒間置いて、パネルの残り部分の接着剤も温めます。

  6. 頑丈な吸盤カップを背面ガラスパネルの下半分に取り付けます。 吸盤カップをしっかり留めて蝶番のハンドルを上に上げて吸盤カップをしっかりと留めます。両方のハンドルを持ち手にするため片方のハンドルも上げます。 吸盤カップをしっかり留めて蝶番のハンドルを上に上げて吸盤カップをしっかりと留めます。両方のハンドルを持ち手にするため片方のハンドルも上げます。
    • 頑丈な吸盤カップを背面ガラスパネルの下半分に取り付けます。

    • 吸盤カップをしっかり留めて蝶番のハンドルを上に上げて吸盤カップをしっかりと留めます。両方のハンドルを持ち手にするため片方のハンドルも上げます。

  7. 次の手順では背面パネルをミッドフレームから取り外すため、開口ピックを使います。接着剤が強い場合は、iOpenerを使って熱をあててください。 吸盤カップを使ってパネルの中央部分に取り付けて本体の下部分端を引っ張って持ち上げます。
    • 次の手順では背面パネルをミッドフレームから取り外すため、開口ピックを使います。接着剤が強い場合は、iOpenerを使って熱をあててください。

    • 吸盤カップを使ってパネルの中央部分に取り付けて本体の下部分端を引っ張って持ち上げます。

  8. 持ち上げた際の隙間が十分にできたら、背面ガラスとミッドフレームの間に開口ピックを差し込みます。 持ち上げた際の隙間が十分にできたら、背面ガラスとミッドフレームの間に開口ピックを差し込みます。
    • 持ち上げた際の隙間が十分にできたら、背面ガラスとミッドフレームの間に開口ピックを差し込みます。

  9. 背面ガラスのパネルの左側下部の角まで開口ピックをスライドします。 背面ガラスのパネルの左側下部の角まで開口ピックをスライドします。 背面ガラスのパネルの左側下部の角まで開口ピックをスライドします。
    • 背面ガラスのパネルの左側下部の角まで開口ピックをスライドします。

  10. iPhone X用修理キット

    Warranty up? No worries, we’ve got the fix.

    ショップを見る

    iPhone X用修理キット

    Warranty up? No worries, we’ve got the fix.

    ショップを見る
  11. 本体の電源ボタン側に沿ってピックをスライドします。 本体の電源ボタン側に沿ってピックをスライドします。 本体の電源ボタン側に沿ってピックをスライドします。
    • 本体の電源ボタン側に沿ってピックをスライドします。

  12. 電話本体の上部に沿って開口ピックをスライドします。 電話本体の上部に沿って開口ピックをスライドします。 電話本体の上部に沿って開口ピックをスライドします。
    • 電話本体の上部に沿って開口ピックをスライドします。

  13. 電話本体の音量ボタンにそって開口ピックをスライドします。 電話本体の音量ボタンにそって開口ピックをスライドします。 電話本体の音量ボタンにそって開口ピックをスライドします。
    • 電話本体の音量ボタンにそって開口ピックをスライドします。

  14. コンポーネントを外すため、ミッドフレームを押さえながら背面ガラスパネルを引き上げます。 接着剤からの強い抵抗感を感じたら、数回以上ガラスの下に開口ピックをスライドしてください。 接着剤からの強い抵抗感を感じたら、数回以上ガラスの下に開口ピックをスライドしてください。
    • コンポーネントを外すため、ミッドフレームを押さえながら背面ガラスパネルを引き上げます。

    • 接着剤からの強い抵抗感を感じたら、数回以上ガラスの下に開口ピックをスライドしてください。

  15. 背面パネルとミッドフレームの間に開口ピック差し込みます。 残りの接着剤を緩めるため、電話の上部に沿って開口ピックをスライドします。 2つのパーツを取り外すため、ピックをひねります。
    • 背面パネルとミッドフレームの間に開口ピック差し込みます。

    • 残りの接着剤を緩めるため、電話の上部に沿って開口ピックをスライドします。

    • 2つのパーツを取り外すため、ピックをひねります。

  16. この時点で背面ガラスのパネルは電話本体から完全に取り出せていますが接着ストリップが両側に付いたままです。 背面パネルを引き上げて完全に外します。 背面パネルを引き上げて完全に外します。
    • この時点で背面ガラスのパネルは電話本体から完全に取り出せていますが接着ストリップが両側に付いたままです。

    • 背面パネルを引き上げて完全に外します。

  17. ミッドフレームから3.3 mm #00プラスネジを13本取り外します。
    • ミッドフレームから3.3 mm #00プラスネジを13本取り外します。

  18. バッテリーの裏側を下にして、デバイス本体からミッドフレームの端を持ち上げて外します。 バッテリーの裏側を下にして、デバイス本体からミッドフレームの端を持ち上げて外します。 バッテリーの裏側を下にして、デバイス本体からミッドフレームの端を持ち上げて外します。
    • バッテリーの裏側を下にして、デバイス本体からミッドフレームの端を持ち上げて外します。

  19. スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードからバッテリーリボンケーブルの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードからバッテリーリボンケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードからバッテリーリボンケーブルの接続を外します。

  20. マザーボードからホームボタンリボンケーブルの接続を外します。 マザーボードからホームボタンリボンケーブルの接続を外します。
    • マザーボードからホームボタンリボンケーブルの接続を外します。

  21. スパッジャーの先端を使って、マザーボードから2本のアンテナインターコネクトケーブルの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、マザーボードから2本のアンテナインターコネクトケーブルの接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、マザーボードから2本のアンテナインターコネクトケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、マザーボードから2本のアンテナインターコネクトケーブルの接続を外します。

  22. スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードからディスプレイリボンケーブルの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードからディスプレイリボンケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードからディスプレイリボンケーブルの接続を外します。

  23. マザーボードからイヤホンリボンケーブルの接続を外します。 マザーボードからイヤホンリボンケーブルの接続を外します。
    • マザーボードからイヤホンリボンケーブルの接続を外します。

  24. マザーボードは静電気にとても弱いコンポーネントです。注意して作業を進めてください。iFixit ではこの性質のコンポーネントを扱う際にはダメージを防ぐため、 ここに翻訳を挿入する
    • マザーボードは静電気にとても弱いコンポーネントです。注意して作業を進めてください。iFixit ではこの性質のコンポーネントを扱う際にはダメージを防ぐため、

    • ここに翻訳を挿入する

    • ここに翻訳を挿入する

    • ここに翻訳を挿入する

  25. マザーボードの裏側からドーターボードのリボンケーブルの接続を外します。 マザーボードの裏側からドーターボードのリボンケーブルの接続を外します。
    • マザーボードの裏側からドーターボードのリボンケーブルの接続を外します。

  26. 先端が尖っていないピンセットを使って、バイブレーターのモーターを摘んで、接着剤から解放するため、モーターを左右に揺らします。 先端が尖っていないピンセットを使って、バイブレーターのモーターを摘んで、接着剤から解放するため、モーターを左右に揺らします。
    • 先端が尖っていないピンセットを使って、バイブレーターのモーターを摘んで、接着剤から解放するため、モーターを左右に揺らします。

  27. バイブレーターを引き上げて、ソケットから外して取り出します。
    • バイブレーターを引き上げて、ソケットから外して取り出します。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

ある他の人がこのガイドを完成しました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Blake Klein

メンバー登録日: 2017年01月29日

45,081 ポイント

48のガイドは作成済み

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 4

過去 30 日: 16

今までの合計 228