メインコンテンツにスキップ

はじめに

Samsung Galaxy Note10のワイヤレス充電コイルを交換する方法です。

  1. 解体作業を始める前にデバイスの電源を切ってください。
    • 解体作業を始める前にデバイスの電源を切ってください。

    • 温めた iOpenerを準備して、バックパネル左側端に1分間当てます。

    • ヘアドライヤー、ヒートガン、ホットプレートでも対応できます。デバイスをオーバーヒートしないようにご注意ください。ディスプレイや内蔵バッテリーは熱によるダメージを受けやすいためです。

  2. バックパネルの加熱された端に、吸盤をできるだけ近づけて装着します。 背面ガラスにひどいひび割れがある場合は、透明のガムテープを貼っておくと、吸盤が密着します。または、吸盤の代わりに非常に強力なテープを使用することもできます。吸盤がつかない場合は、吸盤と割れたパネルを瞬間接着剤でくっつけることもできます。 吸盤を継続的に強い力で引き上げ、バックパネルとフレームの間に隙間を作ります。
    • バックパネルの加熱された端に、吸盤をできるだけ近づけて装着します。

    • 背面ガラスにひどいひび割れがある場合は、透明のガムテープを貼っておくと、吸盤が密着します。または、吸盤の代わりに非常に強力なテープを使用することもできます。吸盤がつかない場合は、吸盤と割れたパネルを瞬間接着剤でくっつけることもできます。

    • 吸盤を継続的に強い力で引き上げ、バックパネルとフレームの間に隙間を作ります。

    • お使いのモデルによっては、使用年数によって難しい場合があります。うまくいかない場合は、端にさらに熱を加えて、もう一度試してみてください。

    • オープニングピックの先端を隙間に差し込みます。

  3. オープニングピックを左端から下側に向かってスライドさせ、接着剤をスライスします。 オープニングピックを半分以上差し込むと、内部パーツが破損する恐れがあります。 接着剤の再装着を防ぐため、左下にピックを差し込んだままにしてください。
    • オープニングピックを左端から下側に向かってスライドさせ、接着剤をスライスします。

    • オープニングピックを半分以上差し込むと、内部パーツが破損する恐れがあります。

    • 接着剤の再装着を防ぐため、左下にピックを差し込んだままにしてください。

  4. 2本目のオープニングピックを差し込み、左側から左上に向かってスライドさせ、接着剤をスライスします。 接着剤の再装着を防ぐため、左上にピックを差し込んだままにしてください。 接着剤の再装着を防ぐため、左上にピックを差し込んだままにしてください。
    • 2本目のオープニングピックを差し込み、左側から左上に向かってスライドさせ、接着剤をスライスします。

    • 接着剤の再装着を防ぐため、左上にピックを差し込んだままにしてください。

  5. 温めたiOpenerを用意し、デバイス上部のエッジに1分間当てます。
    • 温めたiOpenerを用意し、デバイス上部のエッジに1分間当てます。

  6. デバイス上部端の隙間に3枚目のオープニングピックを差し込みます。 右上コーナーにオープニングピックをスライドしながら、接着剤を切開します。 接着剤の再装着を防ぐため、右上にピックを差し込んだままにしてください。
    • デバイス上部端の隙間に3枚目のオープニングピックを差し込みます。

    • 右上コーナーにオープニングピックをスライドしながら、接着剤を切開します。

    • 接着剤の再装着を防ぐため、右上にピックを差し込んだままにしてください。

  7. 温めたiOpenerを用意して、デバイスの右端に1分間当てます。
    • 温めたiOpenerを用意して、デバイスの右端に1分間当てます。

  8. 最後のオープニングピックをデバイス右側の隙間に差し込み、デバイス本体右下コーナーに向かってスライドさせて接着剤を切開します。 バックパネルは、下側端に近づくにつれてデバイス本体から分離し始めます。
    • 最後のオープニングピックをデバイス右側の隙間に差し込み、デバイス本体右下コーナーに向かってスライドさせて接着剤を切開します。

    • バックパネルは、下側端に近づくにつれてデバイス本体から分離し始めます。

    • オープニングピックをデバイス周辺全体で前後にスライドさせ、切開しきれていない接着剤をスライスします。硬くなった接着剤を見つけた場合は再加熱してください。

  9. バックパネルを持ち上げて外します。 バックパネルを持ち上げて外します。 バックパネルを持ち上げて外します。
    • バックパネルを持ち上げて外します。

  10. プラスドライバーを使って、ワイヤレス充電コイルを固定している4mm ネジを5本外します。
    • プラスドライバーを使って、ワイヤレス充電コイルを固定している4mm ネジを5本外します。

  11. ピンセットを使って、バッテリーコネクタを覆っているメタルシールドを裏返します。 ピンセットを使って、バッテリーコネクタを覆っているメタルシールドを裏返します。 ピンセットを使って、バッテリーコネクタを覆っているメタルシールドを裏返します。
    • ピンセットを使って、バッテリーコネクタを覆っているメタルシールドを裏返します。

  12. メタルシールドを固定しながら、邪魔にならない位置に移動させ、スパッジャーの先端を使ってバッテリーコネクタをこじ開けて接続を外します。 メタルシールドを固定しながら、邪魔にならない位置に移動させ、スパッジャーの先端を使ってバッテリーコネクタをこじ開けて接続を外します。
    • メタルシールドを固定しながら、邪魔にならない位置に移動させ、スパッジャーの先端を使ってバッテリーコネクタをこじ開けて接続を外します。

  13. スパッジャーの先端を使って、ワイヤレス充電コイルのコネクタをマザーボードから外します。 スパッジャーの先端を使って、ワイヤレス充電コイルのコネクタをマザーボードから外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ワイヤレス充電コイルのコネクタをマザーボードから外します。

  14. メタルシールドを傾けて、指でつまみます。 ワイヤレス充電コイルをデバイスから剥がします。 ワイヤレス充電コイルはデバイスに軽く接着剤で固定されています。
    • メタルシールドを傾けて、指でつまみます。

    • ワイヤレス充電コイルをデバイスから剥がします。

    • ワイヤレス充電コイルはデバイスに軽く接着剤で固定されています。

    • ワイヤレス充電コイルを外します。

終わりに

交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを取り付ける前に接着剤の裏張りを取る必要があります。

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

e-wasteを処理する場合は、認可済みリサイクルセンターR2を通じて廃棄してください。

修理がうまく進みませんか?ベーシックな トラブルシューティングを試してみるか、このモデルのアンサーコミュニティを参照してください。

3 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Carsten Frauenheim

メンバー登録日: 2020年03月10日

68,908 ポイント

330のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

143 メンバー

16,765のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 2

過去 7 日: 49

過去 30 日: 190

今までの合計 2,890