はじめに

このガイドを参照して、SDカードボードケーブルと一緒にトリガーボタンを交換しましょう。

  1. バッテリーカバーを下部ケースに固定しているプラスネジを2本外します。 バッテリーカバーにはまだネジが留められています。
    • バッテリーカバーを下部ケースに固定しているプラスネジを2本外します。

    • バッテリーカバーにはまだネジが留められています。

    • バッテリーカバーを掴み、下部ケースから持ち上げます。

  2. バッテリー上部と下部ケースハウジングの間にスパッジャーの先端を押し込み、バッテリーを外すため、上向きに押し出します。 バッテリーを掴み、DSiから取り出します。
    • バッテリー上部と下部ケースハウジングの間にスパッジャーの先端を押し込み、バッテリーを外すため、上向きに押し出します。

    • バッテリーを掴み、DSiから取り出します。

  3. 画像中の赤い円で囲まれた2つのゴム足の下に2本のネジが隠れています。 スパッジャーの先端を使って、下部ケースからゴム足を持ち上げます。
    • 画像中の赤い円で囲まれた2つのゴム足の下に2本のネジが隠れています。

    • スパッジャーの先端を使って、下部ケースからゴム足を持ち上げます。

  4. 下部ケースをDSi本体に固定している次のネジを外します:
    • 下部ケースをDSi本体に固定している次のネジを外します:

      • 5.2mmプラスネジ 6本

      • 2.7mmプラスネジ 1本

  5. Free shipping on all orders over $100.00 or containing a Pro Tech Toolkit!

    当社のショップを閲覧する
  6. DSiの右上角付近の、下部ケースと下部パネルの間にスパッジャーを差し込みます。 アウターケース端に沿ってスパッジャーを注意深くスライドして、本体とケースの間に開口部を作ります。 続けて、DSi本体の周りをスライドして、下部ケースの大部分を離します。
    • DSiの右上角付近の、下部ケースと下部パネルの間にスパッジャーを差し込みます。

    • アウターケース端に沿ってスパッジャーを注意深くスライドして、本体とケースの間に開口部を作ります。

    • 続けて、DSi本体の周りをスライドして、下部ケースの大部分を離します。

  7. 底部端から下部ケースを注意深く持ち上げます。 下部ケースは、赤でハイライトされた音量とSDボードケーブルによってマザーボードに接続されています。DSiの下部ケースをまだ完全に取り外さないでください。
    • 底部端から下部ケースを注意深く持ち上げます。

    • 下部ケースは、赤でハイライトされた音量とSDボードケーブルによってマザーボードに接続されています。DSiの下部ケースをまだ完全に取り外さないでください。

    • マイナスドライバーの平面側の先端を使って、マザーボード上のソケットから音量とSDボードケーブルを持ち上げます。

    • オレンジのボックスでハイライトされたケーブルを完全に取り外すと、アウターケース全体を取り外すことができます。

  8. ハウジングからタッチペンをまっすぐ引き抜き、リアケースから取り出します。
    • ハウジングからタッチペンをまっすぐ引き抜き、リアケースから取り出します。

  9. タッチペンホルダーをリアケースに固定している3.9mmプラスネジを5本外します。
    • タッチペンホルダーをリアケースに固定している3.9mmプラスネジを5本外します。

  10. DSiのリアケースから左プラスチック製プロテクタを持ち上げて外します。 左側からタッチペンホルダーを掴み、DSiから持ち上げて外します。
    • DSiのリアケースから左プラスチック製プロテクタを持ち上げて外します。

    • 左側からタッチペンホルダーを掴み、DSiから持ち上げて外します。

  11. リアケースから右トリガーボタンカバーを持ち上げます。
    • リアケースから右トリガーボタンカバーを持ち上げます。

  12. リアケース内のハウジングからSDボードを持ち上げて、取り出します。 リアケースの溝からトリガーボタン/SDボードケーブルを剥がします。
    • リアケース内のハウジングからSDボードを持ち上げて、取り出します。

    • リアケースの溝からトリガーボタン/SDボードケーブルを剥がします。

  13. 下部ケースからスチール製バッテリートレイを持ち上げ、トリガーボタン/SDボードアセンブリを取り外します。 トリガーボタン/SDボードアセンブリを取り外す際、下部ケースに差し込まれた2つのスチール製ナット(赤でハイライトされています)を紛失しないでください。 分解している最中にアクシデントでトリガーボタンがバラバラに離れたときのために、正しい取り付け位置が3番目の画像に示されています。画像で示された位置にバネを取り付けているか、2つのトリガーボタンカバーが装着される側面のみに付けられているか、同様に画像で確認してください。
    • 下部ケースからスチール製バッテリートレイを持ち上げ、トリガーボタン/SDボードアセンブリを取り外します。

    • トリガーボタン/SDボードアセンブリを取り外す際、下部ケースに差し込まれた2つのスチール製ナット(赤でハイライトされています)を紛失しないでください。

    • 分解している最中にアクシデントでトリガーボタンがバラバラに離れたときのために、正しい取り付け位置が3番目の画像に示されています。画像で示された位置にバネを取り付けているか、2つのトリガーボタンカバーが装着される側面のみに付けられているか、同様に画像で確認してください。

まとめ

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

11 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

580,409 ポイント

1,203のガイドは作成済み

コメント1件

I noticed some pencil marks on the inside of the lower shell that must have come from the factory. There is an m/ to the right of the foam pad, an ax to the right of that, and some kind of numeric marking that says 1T7 12 above the ribbon cable. I'm wondering if it has any significance.

Matthew Maulding - 返信

統計データを表示:

過去 24時間: 3

過去 7 日: 12

過去 30 日: 61

今までの合計 17,232