メインコンテンツにスキップ

はじめに

Nintendo 3DS XL 2015 の方向パッドが壊れていたり、全く反応しない場合は、この交換用パーツを使って、問題を修理しましょう。

  1. 作業を始める前に、デバイスの電源が切れているか確認してください。電源が入ったまま作業を始めると、感電やデバイスの損傷を引き起こす可能性があります。
    • 作業を始める前に、デバイスの電源が切れているか確認してください。電源が入ったまま作業を始めると、感電やデバイスの損傷を引き起こす可能性があります。

    • 3DSを裏返します。ゲームカード、ヘッドホン、充電ケーブル、スタイラス、その他デバイスに接続しているものがあれば全て外します。

  2. JIS #0ドライバーを使って、裏面の黒いネジ2本を緩めます。
    • JIS #0ドライバーを使って、裏面の黒いネジ2本を緩めます。

    • ネジは脱落防止ワッシャーで固定されているので、完全に外れることはないはずです。

  3. いったんネジが緩まったらバックカバーをこじ開けます。
    • いったんネジが緩まったらバックカバーをこじ開けます。

  4. バッテリーは3DSの左手側にあります。先端が鋭利なツールをバッテリー上部中央にある小さな隙間に差し込み、持ち上げます。
    • バッテリーは3DSの左手側にあります。先端が鋭利なツールをバッテリー上部中央にある小さな隙間に差し込み、持ち上げます。

  5. JIS #000ドライバーを使って、補助カバーの端沿い付近に留められている6mmネジを6本外します。
    • JIS #000ドライバーを使って、補助カバーの端沿い付近に留められている6mmネジを6本外します。

  6. ピンセットを使って、3DSの上部端に留められたラバーバンパーを慎重に外します。これを取り出すと、2本の6mmネジが出てきます。JIS #000ドライバーを使って外します。 ピンセットを使って、3DSの上部端に留められたラバーバンパーを慎重に外します。これを取り出すと、2本の6mmネジが出てきます。JIS #000ドライバーを使って外します。
    • ピンセットを使って、3DSの上部端に留められたラバーバンパーを慎重に外します。これを取り出すと、2本の6mmネジが出てきます。JIS #000ドライバーを使って外します。

  7. カバーを外すには、慎重にヒンジから持ち上げて取り外します。(ヘッドホンポートを外すため)それから、ヒンジ側に向けてカバーをテコのように持ち上げて、回路基板を露出させます。 まだカバーを外さないでください。デリケートなリボンケーブルがマザーボードに繋がった状態です。 まだカバーを外さないでください。デリケートなリボンケーブルがマザーボードに繋がった状態です。
    • カバーを外すには、慎重にヒンジから持ち上げて取り外します。(ヘッドホンポートを外すため)それから、ヒンジ側に向けてカバーをテコのように持ち上げて、回路基板を露出させます。

    • まだカバーを外さないでください。デリケートなリボンケーブルがマザーボードに繋がった状態です。

  8. ピンセットを使って、L/R/ZL/ZR ボタンリボンをマザーボードに引っ掛けている2つのプラグを持ち上げて外します。これでバックカバーを外せます。外したら脇に保管してください。
    • ピンセットを使って、L/R/ZL/ZR ボタンリボンをマザーボードに引っ掛けている2つのプラグを持ち上げて外します。これでバックカバーを外せます。外したら脇に保管してください。

  9. ピンセットを使って、サークルパッドのリボンコネクタの下にあるグレーの留め金を、右側から上向きにゆっくりと引きます。それからZIFコネクタからリボンをスライドして外します。
    • ピンセットを使って、サークルパッドのリボンコネクタの下にあるグレーの留め金を、右側から上向きにゆっくりと引きます。それからZIFコネクタからリボンをスライドして外します。

  10. JIS #000 ドライバーを使って、サークルパッドを固定している8mmネジを2本外します。
    • JIS #000 ドライバーを使って、サークルパッドを固定している8mmネジを2本外します。

  11. サークルパッドのケースを上向きに持ち上げて、取り出します。わずかに摩擦が生じますが、過度な力を入れる必要はありません。
    • サークルパッドのケースを上向きに持ち上げて、取り出します。わずかに摩擦が生じますが、過度な力を入れる必要はありません。

  12. マザーボードの左上にある、赤色のケーブルが付いたゴールドの端子プラグを探します。指を使って、慎重にプラグを上向きに引き抜いて外します。
    • マザーボードの左上にある、赤色のケーブルが付いたゴールドの端子プラグを探します。指を使って、慎重にプラグを上向きに引き抜いて外します。

    • ピンセットを使って、1つのリボンコネクタの接続を外します。

    • 赤色のケーブルを引っ張らないように、特にご注意ください。

  13. ピンセットを使って、マザーボードの淵に沿って付いている5箇所のリボンケーブルをZIFコネクタから引き抜きます。 このZIFコネクタはロックされているのではなく、重なり合って留められています。コネクタ上のフリップを持ち上げてしまうと破損してしまいます! リボンコネクタには、プラスチックの留め金付きフラップが付いており、ズレ防止にリボンを覆っています。ピンセットを使って、リボンを取り出す前にフラップを持ち上げてください。
    • ピンセットを使って、マザーボードの淵に沿って付いている5箇所のリボンケーブルをZIFコネクタから引き抜きます。

    • このZIFコネクタはロックされているのではなく、重なり合って留められています。コネクタ上のフリップを持ち上げてしまうと破損してしまいます!

    • リボンコネクタには、プラスチックの留め金付きフラップが付いており、ズレ防止にリボンを覆っています。ピンセットを使って、リボンを取り出す前にフラップを持ち上げてください。

    • デバイスを再組み立てする際は、ZIF留め金を必ず下ろしてください。

    • SDカードリーダーがこの画像のように外れているように写っていますが、マザーボードを取り外すかどうかはオプションです。

  14. JIS #000ドライバーを使って、マザーボードの端沿いに留められている4mmネジを6本外します。
    • JIS #000ドライバーを使って、マザーボードの端沿いに留められている4mmネジを6本外します。

  15. マザーボードの下側にある、さらに2つのZIFコネクタにアクセスするために、ヒンジ側に向けて、マザーボードを直角に回転させます。 どちらのコネクタにもラッチが付いておりこれを持ち上げてはずさなければなりません。左側のより長いラッチは黒色で、右側の短いラッチは白色です。フラップを持ち上げて、ボタンをスライドして外し、マザーボードを取り出します。
    • マザーボードの下側にある、さらに2つのZIFコネクタにアクセスするために、ヒンジ側に向けて、マザーボードを直角に回転させます。

    • どちらのコネクタにもラッチが付いておりこれを持ち上げてはずさなければなりません。左側のより長いラッチは黒色で、右側の短いラッチは白色です。フラップを持ち上げて、ボタンをスライドして外し、マザーボードを取り出します。

    • どちらの方向に各ボタンをコネクタ上にスライドするか、ご注意ください。ボタンは異なるからです。

  16. JIS #000ドライバーを使って、ゲームカードリーダーパネルから5mmネジを5本外します。
    • JIS #000ドライバーを使って、ゲームカードリーダーパネルから5mmネジを5本外します。

    • これで、ゲームカードリーダーを取り外して交換できます。

  17. スクウェアパネルから、JIS #000ドライバーで3mmネジを4本外します。
    • スクウェアパネルから、JIS #000ドライバーで3mmネジを4本外します。

    • パネルを上向きにして取り出します。

  18. グレーのラバーカバーを慎重にこじ開けて外します。
    • グレーのラバーカバーを慎重にこじ開けて外します。

    • ピンセットを使って、方向パッドを取り出し、交換します。

終わりに

このデバイスを再組み立てするには、インストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

3 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Thomas Cho

メンバー登録日: 2015年04月02日

155 ポイント

1ガイドが承認済み

チーム

Cal Poly, Team 24-4, Lancaster Spring 2015 Cal Poly, Team 24-4, Lancaster Spring 2015人のメンバー

CPSU-LANCASTER-S15S24G4

4 メンバー

17のガイドは作成済み

9 件のコメント

FYI: Under Tools you state a Philips #000 is needed but in the instructions you have JIS #000.

Austin Merkes - 返信

Submitted an edit! I corrected some of the bit sizes in the instructions as well (in our repair, a #00 was never used).

Zoe Cagle -

FYI: Under Step 13, you missed 1 ribbon cable that also needs to be detached in order for the motherboard to be separated. It is the tiny IC housed in a small PCB near the bottom left of the C-Stick. In fact, this little ribbon gets separated and reattached throughout your guide pictures starting with step 8. Here is a link to the ribbon in question (Note: Pic borrwed from Step 12 which highlights the red cable. Look for my lighter arrow which shows the missing ribbon): http://i.imgur.com/0V7QI4i.jpg

Joe - 返信

Thanks for the tip! The ribbon cable has been added to Step 12. Feel free to edit it to add anything specific about the procedure.

Geoff Wacker -

Total lack of information in these fix instructions about the new black zif connectors. The ones we have all be used to for years are mention in detail (eg. the one for the toddle stick). But nothing about the new ones that supply the home button, mic etc. I have today totally wrecked a customer’s new 3DS XL as a direct result of following this guide. As these new zifs were not mentioned I thought (stupidly) they should just be flipped up but obviously this destroys them. Whoever makes these guides would know these clips to be a problem but neglected to warn would be fixers about them (was it deliberate as I cannot think why you would neglect such a crucial fact). I am still not sure how they operate -. Yours felling stupid for trusting ifix and also very let down.

esmall23 - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 5

過去 7 日: 25

過去 30 日: 115

今までの合計 8,290