メインコンテンツにスキップ

Fix Your Stuff

Right to Repair

Parts & Tools

ビデオの概要

はじめに

分解ビデオを日本語字幕付きでご覧いただけます。YouTubeアカウントにログインした後、画面右下の設定から字幕をクリックして、”Japanese”を選択してください。

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのMicrosoft Surface Laptop 3を修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

    まとめ
    • 前モデルより大幅な改良が加えられた賢明なデザインのおかげで、開口方法は簡単です。
    • M.2 SSDは完全にモジュールで、簡単にアクセスできます。
    • トルクスプラスネジは比較的特殊なドライバーですが、iFixitの標準トルクスネジ用ドライバーでも対応できます。
    • ディスプレイへのアクセスがデザイン上、優先されていますが、サブコンポーネントがモジュールではないため、高額な完全ユニットに交換しなければなりません。
    • 多くのコンポーネントがモジュールであるのに対し、複雑なレイヤー構造が修理を難しくしています。
    • 接着剤で頑丈に固定されたバッテリーが、やがて消耗して交換が必要になった時、作業は大変難しいでしょう。
    リペアビリティのスコア
    5
    10点中5点のリペアビリティ
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

8 件のコメント

What is the purpose of the metal shield covering the trackpad and keyboard cable connectors? Is it to protect them or it is just a barrier to prevent repair?

Dinan Blueje - 返信

It’s a form of electromagnetic shielding I assume. This is a very common design on smartphones but not on laptops, no idea why Microsoft does this.

Meng Ziyue -

Since there are heatpipes running all over these metal shieldings, it’s also reasonable to say that they act as a form of heatsink to even out the heat

Meng Ziyue -

@dblueje It’s likely a shield to protect against electromagnetic interference.

Finally, Microsoft has a laptop that can be opened.

Ethan Zuo - 返信

That’s unfortunate, because you can’t remove the shield without destroying it(so it will never go back in again).

Dinan Blueje -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 30

過去 7 日: 268

過去 30 日: 1,152

今までの合計 5,779