メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドを使って、MacBook Unibody Model A1278 の正面端付近に付けられたハードドライブブラケットを交換します。このブラケットにはスリープセンサーと専用ケーブルも含まれます。

  1. ケースを閉じたまま、Unibodyを裏返しにして水平に置きます。
    • ケースを閉じたまま、Unibodyを裏返しにして水平に置きます。

    • アクセスドアのリリース用ラッチの溝側を押し込んで、出てきた先端をつかみます。 リリース用ラッチが垂直になるまで持ち上げます。

  2. これで、アクセスドアを持ち上げて、Unibodyから取り外せるはずです。
    • これで、アクセスドアを持ち上げて、Unibodyから取り外せるはずです。

  3. 作業を開始する前に、アクセスドアのリリースラッチが垂直になっているか確認してください。
    • 作業を開始する前に、アクセスドアのリリースラッチが垂直になっているか確認してください。

    • 白のプラスチック製タブを掴み、バッテリーを引き上げ、Unibodyから取り出します。

  4. 下部ケースをシャーシに固定している次の8本のネジを外します:
    • 下部ケースをシャーシに固定している次の8本のネジを外します:

    • 3mmプラスネジ 1本

    • 13.5mmプラスネジ 3本

    • 3.5mmプラスネジ 4本

  5. 両手を使って、上部ケースから下部ケースを持ち上げて外します。
    • 両手を使って、上部ケースから下部ケースを持ち上げて外します。

  6. スパッジャーの平面側先端を使って、サブウーファーのコネクタをロジックボードからまっすぐ持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、サブウーファーのコネクタをロジックボードからまっすぐ持ち上げます。

  7. カメラケーブルのオスの先端をソケットからまっすぐ引き抜いて、カメラケーブルの接続を外します。
    • カメラケーブルのオスの先端をソケットからまっすぐ引き抜いて、カメラケーブルの接続を外します。

  8. スパッジャーを使って、ロジックボードから光学ドライブコネクタをまっすぐ持ち上げます。
    • スパッジャーを使って、ロジックボードから光学ドライブコネクタをまっすぐ持ち上げます。

  9. 上部ケースにサブウーファーを固定しているプラスネジを2本外します。
    • 上部ケースにサブウーファーを固定しているプラスネジを2本外します。

    • 2本のネジのうち、長いものは右側のネジです。

  10. Manta Driver Kit

    どんな修理にでも対応可能な112ビット

    Upgrade Your Toolbox

    Manta Driver Kit

    Upgrade Your Toolbox
  11. サブウーファーは右側のスピーカーに固定されています。そのため、まだ完全に外さないでください。
    • サブウーファーは右側のスピーカーに固定されています。そのため、まだ完全に外さないでください。

    • サブウーファーを光学ドライブから持ち上げて、デバイスから取り出します。

  12. カメラケーブルブラケットと上部ケースを固定している2本のプラスネジを外してください。
    • カメラケーブルブラケットと上部ケースを固定している2本のプラスネジを外してください。

    • 一番左側のネジはカメラケーブルの中に取り残される場合があります。

  13. 光学ドライブを上部ケースに固定している2.5mmプラスネジを3本外します。
    • 光学ドライブを上部ケースに固定している2.5mmプラスネジを3本外します。

  14. 光学ドライバを右側端から持ち上げて、デバイスから引き抜きます。
    • 光学ドライバを右側端から持ち上げて、デバイスから引き抜きます。

    • 光学ドライブを取り外した時、ハードドライブケーブルがロジックボードから外れることがあります。 再組み立て時に接続されていることを確認してください。

  15. 上部ケースにハードドライブブラケットを固定している、1本のプラスネジを外します。
    • 上部ケースにハードドライブブラケットを固定している、1本のプラスネジを外します。

    • このネジはハードドライブブラケットに取り付けられています。

  16. プラスチックのプルタブを使って、ハードドライブを持ち上げて、外れたハードドライブブラケットを持ち上げます。
    • プラスチックのプルタブを使って、ハードドライブを持ち上げて、外れたハードドライブブラケットを持ち上げます。

  17. ハードドライブをサポートから持ち上げ、SATAケーブルのコネクタをハードドライブからまっすぐ引き抜いて、SATAケーブルを外します。
    • ハードドライブをサポートから持ち上げ、SATAケーブルのコネクタをハードドライブからまっすぐ引き抜いて、SATAケーブルを外します。

  18. ミッドウォールを上部ケースに固定している10.3mmプラスネジを4本外します。
    • ミッドウォールを上部ケースに固定している10.3mmプラスネジを4本外します。

  19. 上部ケースからミッドウォールを持ち上げます。
    • 上部ケースからミッドウォールを持ち上げます。

  20. スパッジャーを使って、ロジックボードからハードドライブケーブルコネクタをまっすぐ持ち上げます。
    • スパッジャーを使って、ロジックボードからハードドライブケーブルコネクタをまっすぐ持ち上げます。

  21. 上部ケースに固定されたハードドライブケーブルを接着剤からはがし、プラスチックの固定ブロックを上部ケースから取り外します。 再組み立て中は、プラスチックの固定ブロック上部にある2つのピンが、ミッドウォール下側の穴に合わさっていることを確認してください。
    • 上部ケースに固定されたハードドライブケーブルを接着剤からはがし、プラスチックの固定ブロックを上部ケースから取り外します。

    • 再組み立て中は、プラスチックの固定ブロック上部にある2つのピンが、ミッドウォール下側の穴に合わさっていることを確認してください。

  22. スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクタ上のロックを裏返します。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクタ上のロックを裏返します。
    • スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクタ上のロックを裏返します。

  23. ハードドライブブラケットのケーブルをソケットから引き抜きます。 ハードドライブブラケットのケーブルをソケットから引き抜きます。
    • ハードドライブブラケットのケーブルをソケットから引き抜きます。

  24. コネクタ側のスリープセンサーケーブルを、上部ケースに留められた接着剤から剥がします。 ケーブルの折り曲がった部分を剥がす際は特にご注意ください。このエリアで最も破損してしまう場合が見られます。 ケーブルの折り曲がった部分を剥がす際は特にご注意ください。このエリアで最も破損してしまう場合が見られます。
    • コネクタ側のスリープセンサーケーブルを、上部ケースに留められた接着剤から剥がします。

    • ケーブルの折り曲がった部分を剥がす際は特にご注意ください。このエリアで最も破損してしまう場合が見られます。

  25. 上部ケースにハードドライブブラケットを固定している5 mm #00 プラスネジを2本外します。
    • 上部ケースにハードドライブブラケットを固定している5 mm #00 プラスネジを2本外します。

  26. スパッジャーの先端をハードドライブブラケットと上部ケースの正面端の間に差し込み、奥から外していきます。 スパッジャーの先端をハードドライブブラケットと上部ケースの正面端の間に差し込み、奥から外していきます。
    • スパッジャーの先端をハードドライブブラケットと上部ケースの正面端の間に差し込み、奥から外していきます。

  27. ハードドライブブラケットとスリープセンサーアセンブリを上部ケースの角から引き抜きます。 ブラケットをゆっくりと慎重に取り出します。上部ケースに装着されているスリープセンサーケーブルを切断しないようにご注意ください。
    • ハードドライブブラケットとスリープセンサーアセンブリを上部ケースの角から引き抜きます。

    • ブラケットをゆっくりと慎重に取り出します。上部ケースに装着されているスリープセンサーケーブルを切断しないようにご注意ください。

  28. ケーブルが接着剤より完全に剥がれたら、ハードドライブブラケットとスリープセンサーアセンブリを上部ケースから取り出します。
    • ケーブルが接着剤より完全に剥がれたら、ハードドライブブラケットとスリープセンサーアセンブリを上部ケースから取り出します。

    • 新しいブラケットケーブルが事前に折り曲げられていない場合は、古いケーブルを参考にして、MacBookに適切に収まるように折り目を付けます。

終わりに

デバイスを再組立する際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

8 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Goldheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

407,865 ポイント

547のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

116 メンバー

11,178のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 3

過去 30 日: 61

今までの合計 6,280