はじめに

このガイドを使って、MacBook Pro 15" Retina Display Early 2013の新しい基板を交換しましょう。

  1. MacBook Proの底ケースに固定されているP5ペンタローブネジを取り外します。
    • MacBook Proの底ケースに固定されているP5ペンタローブネジを取り外します。

      • 3.0 mmー8本

      • 2.3 mmー2本

  2. クラッチカバー付近の端を持ち上げて、MacBook Proの底ケースを外します。
    • クラッチカバー付近の端を持ち上げて、MacBook Proの底ケースを外します。

    • 底ケースを脇に置きます。

  3. バッテリーコネクタを覆っている注意書きラベルを剥がします。
    • バッテリーコネクタを覆っている注意書きラベルを剥がします。

  4. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターの接続部分を基板上のソケットから真っ直ぐ引き上げます。 バッテリーケーブルを後ろ側に折り曲げ、バッテリーコネクタがアクシデントで基板に接触しないように確認してください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターの接続部分を基板上のソケットから真っ直ぐ引き上げます。

    • バッテリーケーブルを後ろ側に折り曲げ、バッテリーコネクタがアクシデントで基板に接触しないように確認してください。

  5. スパッジャーの先端を使って、3本のAirPortアンテナケーブルをAirPortボード上のソケットから接続を真っ直ぐ引き上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、3本のAirPortアンテナケーブルをAirPortボード上のソケットから接続を真っ直ぐ引き上げます。

  6. スパッジャーの先端を使って、カメラケーブルのコネクタをファン側に押して、基板上のソケットから外します。
    • スパッジャーの先端を使って、カメラケーブルのコネクタをファン側に押して、基板上のソケットから外します。

      • 基板に対して平行に押してください。コネクタの一方をまず押してから、反対側を押してください。ソケットには接触しないでください。

  7. 右側ファン上にあるゴム製ヒートシンクカバーの下にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。 スパッジャーをカバー全体にスライドしながら、接着剤を剥がします。 カバーを持ち上げて、裏返します。これで下にあるケーブルにアクセスできます。
    • 右側ファン上にあるゴム製ヒートシンクカバーの下にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • スパッジャーをカバー全体にスライドしながら、接着剤を剥がします。

    • カバーを持ち上げて、裏返します。これで下にあるケーブルにアクセスできます。

  8. 指先を使って、AirPort/カメラケーブルをファンから引っ張ります。 ケーブルはファンに接着剤で固定されています。そのためダメージを与えないように、引っ張る際はゆっくりと丁寧に作業を進めてください。 丁寧にプラスチックのケーブルガイドからケーブルを外します。
    • 指先を使って、AirPort/カメラケーブルをファンから引っ張ります。

      • ケーブルはファンに接着剤で固定されています。そのためダメージを与えないように、引っ張る際はゆっくりと丁寧に作業を進めてください。

    • 丁寧にプラスチックのケーブルガイドからケーブルを外します。

  9. スパッジャーの平面側先端を使って、I/O ボードコネクターを基板上のソケットから真っ直ぐ引き上げます。再組み立ての際は、このコネクターの先端を先に接続してください。 同じ方法で、I/OボードコネクタをI/Oボード上のソケットから接続を外します。 MacBook ProからI/Oボードケーブルを外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/O ボードコネクターを基板上のソケットから真っ直ぐ引き上げます。再組み立ての際は、このコネクターの先端を先に接続してください。

    • 同じ方法で、I/OボードコネクタをI/Oボード上のソケットから接続を外します。

    • MacBook ProからI/Oボードケーブルを外します。

  10. 基板上のAirPortカードに固定された2.9 mm T5トルクスネジを1本外します。
    • 基板上のAirPortカードに固定された2.9 mm T5トルクスネジを1本外します。

  11. MacBook ProからAirPortカードを取り出して、AirPortの薄くなっている端を掴んで、基板と平行に引っ張ります。 MacBook ProからAirPortカードを取り出して、AirPortの薄くなっている端を掴んで、基板と平行に引っ張ります。
    • MacBook ProからAirPortカードを取り出して、AirPortの薄くなっている端を掴んで、基板と平行に引っ張ります。

  12. スパッジャーの先端を使って、右側ファンのリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げて裏返します。 固定フラップの蝶番部分をこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。
    • スパッジャーの先端を使って、右側ファンのリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げて裏返します。

    • 固定フラップの蝶番部分をこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • 右側ファンケーブルの下に差し込んだプラスチック製の開口ツールをケーブル上部からスライドして、基板から解放します。

    • ケーブルを外す際はご注意ください。基板に多量の接着剤で固定されています。

  13. Free shipping on all orders over $100.00 or containing a Pro Tech Toolkit!

    当社のショップを閲覧する
  14. 基板に右側ファンを固定している次のネジを外します。
    • 基板に右側ファンを固定している次のネジを外します。

      • 4.4 mm T5トルクスネジー1本

      • 3.9 mm T5トルクスネジー1本

      • 5.0 mm T5トルクスネジ(2 mmカラー)ー1本

  15. MacBook Proから右側ファンを持ち上げて取り出します。
    • MacBook Proから右側ファンを持ち上げて取り出します。

    • ファンを再装着する際は、3本のファン用ネジを装着した後にファンリボンケーブルを接続するよりも先にファンを固定してからケーブルを接続する方が簡単です。

  16. スパッジャーの平面側先端を使って、左側ファンからゴム製ヒートシンクのカバーを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、左側ファンからゴム製ヒートシンクのカバーを持ち上げます。

  17. 左側ファンを基板に固定している次のネジを外します。
    • 左側ファンを基板に固定している次のネジを外します。

      • 4.4 mm T5トルクスネジー1本

      • 5.0 mm T5トルクスネジー1本

      • 3.9 mm T5ワイドヘッドトルクスネジー1本

  18. スパッジャーの先端を使って、左側リボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 蝶番の固定フラップを持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。 プラスチック製の開口ツールを差し込んだケーブルの上部から左側ファンケーブルの下までスライドして、基板から解放します。
    • スパッジャーの先端を使って、左側リボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • 蝶番の固定フラップを持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • プラスチック製の開口ツールを差し込んだケーブルの上部から左側ファンケーブルの下までスライドして、基板から解放します。

      • ケーブルを外す際はご注意ください。ケーブルは頑丈な接着剤によって基板に固定されています。必要に応じてiOpenerやドライヤーを使ってケーブルに留められた接着剤を柔らかくするため、ケーブルを温めてください。取り外す作業がスムーズにいきます。

    • デバイスから左側ファンを持ち上げて取り出します。

    • ファンを再装着する際は、ファンのネジを3本取り付けた後に行うよりも、ファンを固定の場所に置いてファン用のリボンケーブルを接続する方法が簡単です。

  19. 基板にSSDを固定している3.1 mm T5トルクスネジを1本外します。
    • 基板にSSDを固定している3.1 mm T5トルクスネジを1本外します。

  20. ゆっくりと一番右側のSSDを持ち上げて、基板上のソケットから真っ直ぐスライドして外します。 ゆっくりと一番右側のSSDを持ち上げて、基板上のソケットから真っ直ぐスライドして外します。
    • ゆっくりと一番右側のSSDを持ち上げて、基板上のソケットから真っ直ぐスライドして外します。

  21. スパッジャーの先端を使ってI/Oボードのデータケーブルのロックを持ち上げて外し、バッテリー側に回します。 スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボードデータのケーブルをまっすぐ基板上のソケットからスライドして外します。
    • スパッジャーの先端を使ってI/Oボードのデータケーブルのロックを持ち上げて外し、バッテリー側に回します。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボードデータのケーブルをまっすぐ基板上のソケットからスライドして外します。

      • ソケットは大変デリケートのため、I/Oボードのデータケーブルを上向きに引っ張らないでください。基板に平行してケーブルを引っ張ります。

  22. 基板にI/Oボードを固定している3.1 mm T5トルクスネジを2本外します。 ゆっくりとI/Oボードを持ち上げて底ケースから取り出します。
    • 基板にI/Oボードを固定している3.1 mm T5トルクスネジを2本外します。

    • ゆっくりとI/Oボードを持ち上げて底ケースから取り出します。

  23. スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからヘッドホンジャックのコネクターを持ち上げて、接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからヘッドホンジャックのコネクターを持ち上げて、接続を外します。

  24. スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーのコネクターを基板上のソケットから持ち上げて接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、右側スピーカーのコネクタを基板上のソケットから持ち上げて接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーのコネクターを基板上のソケットから持ち上げて接続を外します。

    • スパッジャーの先端を使って、右側スピーカーのコネクタを基板上のソケットから持ち上げて接続を外します。

    • ケーブルヘッドを持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。ソケットを持ち上げてしまうと、基板から外れてしまう恐れがあります。

  25. スパッジャーの平面側先端を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 蝶番の固定フラップのみこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • 蝶番の固定フラップのみこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからキーボードのロボンケーブルを引き上げて外します。

  26. スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからトラックパッドのリボンケーブルのコネクターを引き上げて外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからトラックパッドのリボンケーブルのコネクターを引き上げて外します。

  27. 基板上のソケットからキーボードのバックライトコネクターを持ち上げて接続を外します。
    • 基板上のソケットからキーボードのバックライトコネクターを持ち上げて接続を外します。

  28. スパッジャーの先端や指の爪を使ってマイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを引き上げて、接続を外します。
    • スパッジャーの先端や指の爪を使ってマイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを引き上げて、接続を外します。

    • 蝶番の固定フラップを引き上げてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • マイクリボンケーブルをソケットから外します。

  29. スパッジャーの先端を使って、ディスプレイデータケーブルのロックを引き上げて、デバイスのDC-In側に向けて回します。 ディスプレイのデーターケーブルを基板上のソケットからまっすぐ引き上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、ディスプレイデータケーブルのロックを引き上げて、デバイスのDC-In側に向けて回します。

    • ディスプレイのデーターケーブルを基板上のソケットからまっすぐ引き上げます。

    • ソケットはとても壊れやすい為、ディスプレイデーターケーブルを引き上げないでください。ケーブルを基板と平行に引っ張ります。

  30. スパッジャーの平面側先端を使って、MagSafe 2コネクタ付近の盛り上がったネジ頭上のゴム製のネジキャップを丁寧に外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、MagSafe 2コネクタ付近の盛り上がったネジ頭上のゴム製のネジキャップを丁寧に外します。

  31. 上部ケースに基板を固定している次の6本のネジを外します。
    • 上部ケースに基板を固定している次の6本のネジを外します。

      • 2.6 mm T5トルクスネジー1本

      • 5.8 mm T5トルクスネジー2本

      • 3.8 mm T5トルクスネジー1本

      • 5.2 mmナベ頭組込T5トルクスネジー1本

      • 3.5 mm シルバーT5トルクスネジー1本

  32. バッテリーに一番近い側から本体デバイスの上部に向けて基板を持ち上げます。 スパッジャーの平面側先端を使って、MagSafe 2コネクタを基板下側上のソケットからゆっくりと押して外します。 基板を再装着する際は、赤の印でマークされたケーブルの位置を確認してください。基板ときちんと接続されているか確認します。
    • バッテリーに一番近い側から本体デバイスの上部に向けて基板を持ち上げます。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、MagSafe 2コネクタを基板下側上のソケットからゆっくりと押して外します。

    • 基板を再装着する際は、赤の印でマークされたケーブルの位置を確認してください。基板ときちんと接続されているか確認します。

      • 上から時計回りに:キーボード、トラックパッド、右側スピーカー、キーボードバックライト、ディスプレイ、マイク、ヘッドフォンジャック、左側スピーカー

  33. MacBook Proから基板アセンブリを取り出します。
    • MacBook Proから基板アセンブリを取り出します。

  34. ヒートシンクと基板を固定している次の8本のネジを外してください。 2.4 mm T5ネジー2本
    • ヒートシンクと基板を固定している次の8本のネジを外してください。

      • 2.4 mm T5ネジー2本

      • 3.4 mm T5ネジー6本

    • ヒートシンクの両側先端を掴んで、基板から持ち上げます。

    • 新しいヒートシンクを再装着する際は、ヒートシンク下に塗布する放熱グリスも交換してください。

  35. スパッジャーの先端を使って、HDMIデータトランスファーケーブル上のメタル製固定フラップを持ち上げます。 丁寧にHDMIデータトランスファーケーブルを基板上のソケットから引き抜き、接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、HDMIデータトランスファーケーブル上のメタル製固定フラップを持ち上げます。

    • 丁寧にHDMIデータトランスファーケーブルを基板上のソケットから引き抜き、接続を外します。

  36. 基板のみが残ります。
    • 基板のみが残ります。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

16 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Lionheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

354,489 ポイント

537のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

109 メンバー

7,717のガイドは作成済み

Can I do this same technique with the Late 2013 mac book pro?

Emily - 返信

Updated recently to High Sierra and now my Logic Board is “broken” per apples Genius Bar. Crashing and restarting unpredictably. Wondering if anyone else has had this problem or if they think replacing the logic board is a potential fix. I’m not new to tearing down or building computers so I’d consider it if I found a good part.

Stephen Cantando - 返信

It seems most of the GPU problems in mid 2012/early 2013 15” retina macbook pro models are due to U8900 IC “lead free” soldering.

Some people pointed that resoldering this IC fixed the problem.

https://www.youtube.com/watch?v=upk1QbGi...

(In the comments for above video, he mentioned that original chip is also working fine)

samba siva -

統計データを表示:

過去 24時間: 7

過去 7 日: 84

過去 30 日: 464

今までの合計 25,606