メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

充電に支障がありますか?このガイドを参照して、故障したMagSafe DC-Inボードを交換しましょう。

  1. 底ケースを固定している以下の10本のネジを外します。
    • 底ケースを固定している以下の10本のネジを外します。

    • 3 mm プラスネジー7本

    • 13.5 mm プラスネジー3本

  2. 両手を使用して排気口の近くから底ケースを持ち上げて、上部ケースに固定している2本のクリップを外します。 底ケースを取り外して脇に置きます。
    • 両手を使用して排気口の近くから底ケースを持ち上げて、上部ケースに固定している2本のクリップを外します。

    • 底ケースを取り外して脇に置きます。

  3. バッテリ上端の、2本のペンタローブネジを外します。
    • バッテリ上端の、2本のペンタローブネジを外します。

    • ハードディスクドライブを交換する場合は、手順3〜6をスキップしてください。しかし、作業する前にすべての電源を取り外しておくことをお勧めします。

  4. ナイロンスパッジャーの先端を使って、「警告:バッテリーを取り外さないでください」と記載のあるステッカーの先端を折曲げ、下に隠れている3本目のペンタローブネジを外して下さい。
    • ナイロンスパッジャーの先端を使って、「警告:バッテリーを取り外さないでください」と記載のあるステッカーの先端を折曲げ、下に隠れている3本目のペンタローブネジを外して下さい。

  5. バッテリー上部についているプラスチックのプルタブを使って、上部ケースからバッテリーを上へスライドさせてずらします。 まだバッテリーを完全に取り外そうとしないでください。 この時点ではまだメイン基板に接続されたままです。
    • バッテリー上部についているプラスチックのプルタブを使って、上部ケースからバッテリーを上へスライドさせてずらします。

    • まだバッテリーを完全に取り外そうとしないでください。 この時点ではまだメイン基板に接続されたままです。

  6. バッテリーケーブルコネクターの接続を切る際には、バッテリーを十分に傾けて下に隙間を作ってください。
    • バッテリーケーブルコネクターの接続を切る際には、バッテリーを十分に傾けて下に隙間を作ってください。

    • バッテリーケーブルのコネクターをメイン基板のソケットから手前に引いて接続を切り、バッテリーを上部ケースから取り外します。

    • この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーのカリブレーションを行なってください。

  7. スパッジャーを使って、ロジックボードからファン用コネクタをまっすぐ持ち上げます。 コネクタを外すには、ファン用ケーブルワイヤの下から垂直にスパッジャーを捻ると便利です。 ファンソケットとファンコネクタは2番目と3番目の画像で確認できます。スパッジャーでファンコネクタをソケットから引き上げて取り出す際に、プラスチックのファンソケットにダメージを与えないようにご注意ください。2番目の画像で確認できる、ロジックボードのレイアウトはお持ちのデバイスと若干異なるかもしれませんが、ファンソケットは同じはずです。
    • スパッジャーを使って、ロジックボードからファン用コネクタをまっすぐ持ち上げます。

    • コネクタを外すには、ファン用ケーブルワイヤの下から垂直にスパッジャーを捻ると便利です。

    • ファンソケットとファンコネクタは2番目と3番目の画像で確認できます。スパッジャーでファンコネクタをソケットから引き上げて取り出す際に、プラスチックのファンソケットにダメージを与えないようにご注意ください。2番目の画像で確認できる、ロジックボードのレイアウトはお持ちのデバイスと若干異なるかもしれませんが、ファンソケットは同じはずです。

  8. 左側ファンをロジックボードに固定しているT6トルクスネジを3本外します。 上部ケースからファンを持ち上げます。
    • 左側ファンをロジックボードに固定しているT6トルクスネジを3本外します。

    • 上部ケースからファンを持ち上げます。

  9. スパッジャーの平面側を使って、ロジックボードから左側ファンコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側を使って、ロジックボードから左側ファンコネクタの接続を外します。

    • ワイヤーの下から持ち上げてください。

  10. 左側ファンをロジックボードに固定しているT6トルクスネジを3本外します。 上部ケースから左側ファンを持ち上げます。
    • 左側ファンをロジックボードに固定しているT6トルクスネジを3本外します。

    • 上部ケースから左側ファンを持ち上げます。

  11. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  12. カメラケーブルコネクタはロック機構やスナップ機構で固定されていません。そのため、アップルはカメラケーブルコネクタ背面のロジックボード側に、接着剤を塗布した黒いプラスチックの小さなストリップを貼り付けて、ソケットに固定しています。
    • カメラケーブルコネクタはロック機構やスナップ機構で固定されていません。そのため、アップルはカメラケーブルコネクタ背面のロジックボード側に、接着剤を塗布した黒いプラスチックの小さなストリップを貼り付けて、ソケットに固定しています。

    • ストリップ(ケーブルリテイナー)が作業の邪魔にならない位置に移す際は、ロジックボード表面の実装コンポーネントを破損しないようにしてください。

    • スパッジャー先端を使って、もう一方の端をわずかに持ち上げ、カメラケーブルコネクタから離すように回転させて、1つの指でケーブルリテイナーの端を押し下げます。

    • ソケットからカメラケーブルのオスをまっすぐ引き抜きます。

    • コネクタをソケットから引き抜く際は、ロジックボードの表面に並行に引いてください。引き上げないでください。

  13. ソケットからカメラケーブルのオスの先端をまっすぐ引き抜いて、接続を外します。
    • ソケットからカメラケーブルのオスの先端をまっすぐ引き抜いて、接続を外します。

    • コネクタはロジックボードの表面に沿って引き抜きます。引き上げないでください

  14. スパッジャーの平面側を使って、ロジックボードから光学ドライブケーブルコネクタを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側を使って、ロジックボードから光学ドライブケーブルコネクタを持ち上げます。

  15. スパッジャーの平面側先端を使って、コネクタジャックからサブウーファーのコネクタをまっすぐ持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、コネクタジャックからサブウーファーのコネクタをまっすぐ持ち上げます。

    • コネクタをこじ開けてください。ソケットには接触しないでください。ソケットをアクシデントでこじ開けてしまうと、ロジックボードにダメージを与えることがあります。

    • コネクタ上部につけられたフォームを取り除くと、ソケットをこじ開けているかどうか確認しやすくなります。

  16. スパッジャーの平面側を使って、ロジックボードからハードドライブ/IRセンサーケーブルコネクタを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側を使って、ロジックボードからハードドライブ/IRセンサーケーブルコネクタを持ち上げます。

  17. ケーブルカバーをロジックボードに固定している1.5mmプラスネジを2本外します。 上部ケースからケーブルカバーを持ち上げます。
    • ケーブルカバーをロジックボードに固定している1.5mmプラスネジを2本外します。

    • 上部ケースからケーブルカバーを持ち上げます。

  18. スパッジャーを使って、ロジックボードからトラックパッドのフレックスリボンケーブルコネクタを持ち上げます。
    • スパッジャーを使って、ロジックボードからトラックパッドのフレックスリボンケーブルコネクタを持ち上げます。

  19. 指の爪先で、キーボードリボンケーブル用のZIFソケットの固定フラップを持ち上げます。 固定フラップは、キーボードリボンケーブルと比較してソケットの反対側にあります。 爪先を固定フラップの下に引っ掛け、慎重に持ち上げます。 ZIFソケットのロックを外す前に、キーボードリボンケーブルをソケットからスライドさせないでください。 リボンケーブルは壊れやすく、過度の力で簡単に破損します。
    • 指の爪先で、キーボードリボンケーブル用のZIFソケットの固定フラップを持ち上げます。 固定フラップは、キーボードリボンケーブルと比較してソケットの反対側にあります。 爪先を固定フラップの下に引っ掛け、慎重に持ち上げます。

    • ZIFソケットのロックを外す前に、キーボードリボンケーブルをソケットからスライドさせないでください。 リボンケーブルは壊れやすく、過度の力で簡単に破損します。

    • スパッジャーの先端を使って、ソケットからキーボードリボンケーブルをスライドして外します。

  20. スパッジャーを使って、バッテリーのインジケーター用リボンケーブルコネクタを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げます。
    • スパッジャーを使って、バッテリーのインジケーター用リボンケーブルコネクタを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げます。

  21. ディスプレイデータケーブルのリテイナーを上部ケースに固定している7 mmプラスネジ1本を外します。 このネジはディスプレイデータケーブルのアースループに固定されたままです。 ディスプレイを交換する場合は、必ずこのネジを新しいユニットに移してください。
    • ディスプレイデータケーブルのリテイナーを上部ケースに固定している7 mmプラスネジ1本を外します。

    • このネジはディスプレイデータケーブルのアースループに固定されたままです。 ディスプレイを交換する場合は、必ずこのネジを新しいユニットに移してください。

    • ディスプレイデータケーブルのリテイナーを上部ケースから取り出します。

  22. ディスプレイデータケーブルのロックに固定されたプラスチックのプルタブを摘んで、デバイスのDC-in側に向けて回転させます。 ディスプレイデータケーブルのロックに固定されたプラスチックのプルタブを摘んで、デバイスのDC-in側に向けて回転させます。
    • ディスプレイデータケーブルのロックに固定されたプラスチックのプルタブを摘んで、デバイスのDC-in側に向けて回転させます。

  23. ディスプレイデーターケーブルコネクタをソケットからまっすぐ引き抜きます。
    • ディスプレイデーターケーブルコネクタをソケットからまっすぐ引き抜きます。

    • ソケットから上に引き上げるのではなく、ロジックボードの表面に沿ってコネクターを引き抜いてください。

  24. スパッジャーの先端を使って、キーボードバックライトのリボンケーブル用固定フラップを持ち上げます。 ソケットからキーボードバックライトのリボンケーブルをまっすぐ引き抜きます。
    • スパッジャーの先端を使って、キーボードバックライトのリボンケーブル用固定フラップを持ち上げます。

    • ソケットからキーボードバックライトのリボンケーブルをまっすぐ引き抜きます。

  25. 次のネジを取り出します。
    • 次のネジを取り出します。

    • ロジックボードを上部ケースに固定している3.3 mm T6 トルクスネジー7本

    • DC-Inボードを上部ケースに固定している8mm T6トルクスネジー2本

    • まだボードを取り出さないでください!ロジックボードの下に装着されたままのコネクターがあります。まずこれらの接続を外さなければなりません。

  26. ロジックボードアセンブリの左側をゆっくりと持ち上げて、上部ケースから慎重に取り出してください。取り出す作業中、ポート側に絡まないようご注意ください。
    • ロジックボードアセンブリの左側をゆっくりと持ち上げて、上部ケースから慎重に取り出してください。取り出す作業中、ポート側に絡まないようご注意ください。

    • まだ、ロジックボードを完全に取り出さないでください!

  27. ロジックボードの下側にスパッジャーが差し込めるほどのスペースが出来るまで持ち上げて、マイクを上部ケースから外してください。
    • ロジックボードの下側にスパッジャーが差し込めるほどのスペースが出来るまで持ち上げて、マイクを上部ケースから外してください。

    • ロジックボードをポート開口部からスライドして引き抜き、ロジックボードアセンブリを上部ケースから取り出します。

    • ロジックボードを再装着する前に、マイクを左側のスピーカーの筐体に押し下げて固定するのが最も簡単です。

  28. ロジックボードをポートの開口部からスライドして、上部ケースからアセンブリを持ち上げます。
    • ロジックボードをポートの開口部からスライドして、上部ケースからアセンブリを持ち上げます。

    • ロジックボードを再装着する前に、マイクロフォンを左スピーカー筐体に押し込み、所定の位置に取り付けると、作業がスムーズに進みます。

  29. ヒートシンクが上向きになるようにして、ロジックボードを柔らかい平面上に置きます。
    • ヒートシンクが上向きになるようにして、ロジックボードを柔らかい平面上に置きます。

    • ソケットからDC-Inボードコネクタをまっすぐ引き離して、ロジックボードからコネクタの接続を外します。

終わりに

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

22 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Bookholt

541,975 ポイント

618のガイドは作成済み

7 件のコメント

Great guide. The locking flaps in Steps 18, 21 and 23 are a little hard to decipher in the pictures. I accidentally pulled out the keyboard ribbon cable without unlocking its retaining flap, but I apparently got it in back correctly (after lifting the flap) and didn't break anything because everything works now. This has solved the charging problems I've had for years. I should be able to get a couple more useful years out of this machine now.

lurbano - 返信

Great guide. For my Mid 2009 Macbook Pro, I only had one fan, so didn't have to do step 9 and 10. Also in Step 24 I had 8 3.3mm T6 Torx, not 7. Other than that was perfect!

anonymous 7084 - 返信

How long did it take you Anonymous 7084?

Mauricio Toscano - 返信

Very good guide. It worked out perfectly for me. It takes around 45 minutes to complete.

Terry Dillon - 返信

Question: In My late model 2011 MacBook Pro is the pin port replaceable? The actual pins? It looks from the photo (step 28) as though it is adhered to the board. The receiving pins in the port in my Notebook are burning away and charging plug contact is greatly affected.

Amster Dam - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 8

過去 7 日: 38

過去 30 日: 129

今までの合計 20,629