はじめに

このガイドを使って基板を交換することができます。

  1. MacBook Pro 13" Unibodyに留められた底ケースから次のネジを10本外します。
    • MacBook Pro 13" Unibodyに留められた底ケースから次のネジを10本外します。

      • 3 mmプラスネジー7本

      • 13.5 mmプラスネジー3本

  2. 取付台タブを外すため、底ケースをわずかに持ち上げて、デバイス本体の背中側に向けて押します。
    • 取付台タブを外すため、底ケースをわずかに持ち上げて、デバイス本体の背中側に向けて押します。

  3. 作業前の注意点として、放電を防ぐためロジックボードからバッテリーコネクターの接続を外してください。
    • 作業前の注意点として、放電を防ぐためロジックボードからバッテリーコネクターの接続を外してください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターを持ち上げます。

  4. スパッジャーを使ってファンコネクターをまっすぐロジックボードから持ち上げて取り出します。 スパッジャーをファンケーブルワイヤの下から軸方向にひねって使うとコネクターから外しやすいです。 ファンのソケットとファンのコネクターは2番目と3番目の画像で確認できます。スパッジャーを使ってソケットからファンコネクターをまっすぐ持ち上げるため、プラスチックのファンソケットを壊さないようにご注意ください。ロジックボードのレイアウトは2番目の画像に表示していますが、お持ちのデバイスと比べると若干異なる可能性があります。ファンソケットの位置は同一のはずです。
    • スパッジャーを使ってファンコネクターをまっすぐロジックボードから持ち上げて取り出します。

    • スパッジャーをファンケーブルワイヤの下から軸方向にひねって使うとコネクターから外しやすいです。

    • ファンのソケットとファンのコネクターは2番目と3番目の画像で確認できます。スパッジャーを使ってソケットからファンコネクターをまっすぐ持ち上げるため、プラスチックのファンソケットを壊さないようにご注意ください。ロジックボードのレイアウトは2番目の画像に表示していますが、お持ちのデバイスと比べると若干異なる可能性があります。ファンソケットの位置は同一のはずです。

  5. 上部ケースとファンに固定された次のネジを3本外します。
    • 上部ケースとファンに固定された次のネジを3本外します。

      • 6.5 mmプラスネジー1本

      • 5.5 mmプラスネジー1本

      • 4.5 mmプラスネジー1本

  6. 上部ケースからファンを取り出します。
    • 上部ケースからファンを取り出します。

  7. ディスプレイデータケーブルのロックに固定されているプラスチックのプルタブを手に取り、デバイスのDC-in側に向けて回転させます。 ディスプレイデータケーブルコネクタをソケットから、デバイスのDC-in側に向けて引き抜きます。 ディスプレイデータケーブルコネクタをソケットから、デバイスのDC-in側に向けて引き抜きます。
    • ディスプレイデータケーブルのロックに固定されているプラスチックのプルタブを手に取り、デバイスのDC-in側に向けて回転させます。

    • ディスプレイデータケーブルコネクタをソケットから、デバイスのDC-in側に向けて引き抜きます。

  8. ディスプレイデータケーブルのブラケットを上部ケースに固定している次の2本のネジを外します。 7 mmプラスネジー1本
    • ディスプレイデータケーブルのブラケットを上部ケースに固定している次の2本のネジを外します。

      • 7 mmプラスネジー1本

      • 5 mmプラスネジー1本

    • 上部ケースからディスプレイデータケーブルのブラケットを持ち上げます。

  9. スパッジャーの平面側先端を使って、基板からサブウーファーと右側スピーカーのコネクタを引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板からサブウーファーと右側スピーカーのコネクタを引き上げます。

  10. Free shipping on all orders over $100.00 or containing a Pro Tech Toolkit!

    当社のショップを閲覧する

    Ever fixed something? That’s Genius.

    Share your repair story with #ImAGenius

    We Are All Geniuses

    Share your repair story with #ImAGenius

  11. この手順ではカメラケーブルの接続を外します。多くのデバイスでは小さな接着付きプラスチックのリテイナーが、コネクタを固定する目的で基板に付いています。ケーブルの接続を外す前に、このリテイナーを作業の邪魔にならない位置に外してください。
    • この手順ではカメラケーブルの接続を外します。多くのデバイスでは小さな接着付きプラスチックのリテイナーが、コネクタを固定する目的で基板に付いています。ケーブルの接続を外す前に、このリテイナーを作業の邪魔にならない位置に外してください。

    • カメラケーブルのコネクタを光学ドライブ側に向けて引き、基板から接続を外します。

    • このソケットはメタル製で簡単に曲がってしまいます。2つのパーツを合わせる前に基板上のソケットとコネクタの位置を揃えてください。

  12. スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブ、ハードドライブとトラックパッドケーブルのコネクタを基板から引き抜きます。 スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブ、ハードドライブとトラックパッドケーブルのコネクタを基板から引き抜きます。 スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブ、ハードドライブとトラックパッドケーブルのコネクタを基板から引き抜きます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブ、ハードドライブとトラックパッドケーブルのコネクタを基板から引き抜きます。

  13. 指の先かスパッジャーの先端を使って、キーボードリボンケーブル用のZIFソケット上のフラップを固定しているケーブルを引き上げます。 スパッジャーを使って、ソケットからキーボードリボンのケーブルをスライドします。 スパッジャーを使って、ソケットからキーボードリボンのケーブルをスライドします。
    • 指の先かスパッジャーの先端を使って、キーボードリボンケーブル用のZIFソケット上のフラップを固定しているケーブルを引き上げます。

    • スパッジャーを使って、ソケットからキーボードリボンのケーブルをスライドします。

  14. キーボードのバックライト用リボンケーブルのソケットから黒色のテープに着いている小サイズのストリップを剥がします。
    • キーボードのバックライト用リボンケーブルのソケットから黒色のテープに着いている小サイズのストリップを剥がします。

  15. スパッジャーの先端を使って、キーボードのバックライト用リボンケーブル用のZIFソケット上のフラップを固定しているケーブルを引き抜きます。 スパッジャーを使って、ソケットからキーボードバックライト用のリボンケーブルをスライドします。 スパッジャーを使って、ソケットからキーボードバックライト用のリボンケーブルをスライドします。
    • スパッジャーの先端を使って、キーボードのバックライト用リボンケーブル用のZIFソケット上のフラップを固定しているケーブルを引き抜きます。

    • スパッジャーを使って、ソケットからキーボードバックライト用のリボンケーブルをスライドします。

  16. スパッジャーの平面側先端を使って、基板からバッテリーのインディケーターケーブル用のコネクターの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板からバッテリーのインディケーターケーブル用のコネクターの接続を外します。

  17. スパッジャーの先端を使って、上部ケースに付けられた接着剤からマイクを取り出します。
    • スパッジャーの先端を使って、上部ケースに付けられた接着剤からマイクを取り出します。

  18. 次のネジを外します。
    • 次のネジを外します。

      • 3.1 mmプラスネジー5本

      • 3.9 mmプラスネジー2本

      • DC~inボードから7 mmプラスネジー2本

  19. バッテリーと上部ケースを固定している次のトライポイントネジを外します。 5.5 mmトライポイントネジー1本
    • バッテリーと上部ケースを固定している次のトライポイントネジを外します。

      • 5.5 mmトライポイントネジー1本

      • 13.5 mmトライポイントネジー1本

    • 上部ケースからバッテリーを持ち上げます。

  20. ポートが上部ケースの端から外れるまで、基板を左側端から持ち上げます。 上部ケース側から基板を引き離して取り出します。DC-inボードに絡まないようご注意ください。
    • ポートが上部ケースの端から外れるまで、基板を左側端から持ち上げます。

    • 上部ケース側から基板を引き離して取り出します。DC-inボードに絡まないようご注意ください。

    • マイクアセンブリの壊れやすいコネクタプラグを引き裂かないようご注意ください。

  21. 基板にヒートシンクを固定している8.5 mm プラスネジを4本外します。
    • 基板にヒートシンクを固定している8.5 mm プラスネジを4本外します。

    • これらの各ネジの下にバネが付いています。

  22. 基板からヒートシンクをゆっくりと持ち上げます。
    • 基板からヒートシンクをゆっくりと持ち上げます。

    • ヒートシンクを基板上に再装着す流際は、新しい放熱グリスを取り付けてください。放熱グリスの塗布方法のガイドを参照してください。

  23. マイクケーブルコネクタと左側スピーカーケーブルコネクタを覆っているテープを剥がします。
    • マイクケーブルコネクタと左側スピーカーケーブルコネクタを覆っているテープを剥がします。

  24. スパッジャーの平面側先端を使って、基板から左側スピーカーのコネクタを引き抜きます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板から左側スピーカーのコネクタを引き抜きます。

  25. スパッジャーの平面側先端を使って、基板からマイクケーブルのコネクタを引き抜きます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板からマイクケーブルのコネクタを引き抜きます。

  26. 基板に左側スピーカーとマイクアセンブリを固定している接着剤をゆっくりと剥がします。
    • 基板に左側スピーカーとマイクアセンブリを固定している接着剤をゆっくりと剥がします。

  27. 基板上のソケットからDC-Inボードのコネクタを引っ張り、DC-Inボードの接続を外します。
    • 基板上のソケットからDC-Inボードのコネクタを引っ張り、DC-Inボードの接続を外します。

  28. RAMから両側タブを同時に押して、チップの両側にあるタブを外します。 これらのタブはチップを固定しており、外すと”カチ’と音がします。
    • RAMから両側タブを同時に押して、チップの両側にあるタブを外します。

    • これらのタブはチップを固定しており、外すと”カチ’と音がします。

    • RAMチップが取り出せたら、ソケットからまっすぐ引き出してください。

    • 2番目のRAMチップが搭載されている場合は、この手順を繰り返してください。

    • 基板のみが残ります。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてくだあい。

87 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

581,237 ポイント

1,203のガイドは作成済み

Thank you for the great walk through. Can you tell me if it is possible to replace the logic board on a Unibody A1278 with the 2.5GHz Unibody Macbook Pro logic board? My A1278 is shot and would like to upgrade. Thanks.

Rick - 返信

Can I use a slightly newer logic board?

Say a 2010-20111.

That would let me install the newest Apple operating system

Warren - 返信

Need to see how this is done on a 2011. 15 inch

bridgerphotographer - 返信

統計データを表示:

過去 24時間: 34

過去 7 日: 213

過去 30 日: 1,056

今までの合計 275,245