1. 次のネジを10本外します。
    • 次のネジを10本外します。

    • 14.4 mm #00プラスネジー3本

    • 3.5 mm #00プラスネジー3本

    • 3.5 mm #00 段付きプラスネジー4本

  2. 排気口(液晶ヒンジ部)付近より、底ケースを指で開けます。 底ケースを取り外します。
    • 排気口(液晶ヒンジ部)付近より、底ケースを指で開けます。

    • 底ケースを取り外します。

  3. スパッジャーの先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボードのソケットから上向きに引き上げます。 ソケットからバッテリーコネクターを外す際に、両側の短いサイドから上向きに引き上げると作業がしやすいです。コネクターの角に気をつけてください。簡単に壊れてしまいます。
    • スパッジャーの先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボードのソケットから上向きに引き上げます。

    • ソケットからバッテリーコネクターを外す際に、両側の短いサイドから上向きに引き上げると作業がしやすいです。コネクターの角に気をつけてください。簡単に壊れてしまいます。

  4. バッテリーケーブルをロジックボード上のソケットから外して、わずかに折り曲げておきます。そうすると、作業中にアクシデントで接続することがありません。
    • バッテリーケーブルをロジックボード上のソケットから外して、わずかに折り曲げておきます。そうすると、作業中にアクシデントで接続することがありません。

  5. スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットからファンコネクターを持ち上げます。 コネクターの接続を緩めるために、ファンケーブルファイヤーの下からスパッジャーをひねりながら作業を進めてください。 ファンソケットとファンコネクターは2、3番目の画像で確認できます。プラスチック製のファンソケットをロジックボードから外す際に壊さないようご注意ください。スパッジャーを使って、ファンコネクターをソケットからまっすぐ持ち上げます。2番目の画像はロジックボードのレイアウトです。お持ちのデバイスと若干異なる部分があるかもしれませんが、ファンソケットは同一のはずです。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットからファンコネクターを持ち上げます。

    • コネクターの接続を緩めるために、ファンケーブルファイヤーの下からスパッジャーをひねりながら作業を進めてください。

    • ファンソケットとファンコネクターは2、3番目の画像で確認できます。プラスチック製のファンソケットをロジックボードから外す際に壊さないようご注意ください。スパッジャーを使って、ファンコネクターをソケットからまっすぐ持ち上げます。2番目の画像はロジックボードのレイアウトです。お持ちのデバイスと若干異なる部分があるかもしれませんが、ファンソケットは同一のはずです。

  6. ロジックボードに留められたファンから次の3本のネジを外します。
    • ロジックボードに留められたファンから次の3本のネジを外します。

    • 7.2 mm T6 トルクスネジー1本

    • 5.3 mm T6 トルクスネジー2本

  7. ケーブルが絡まないように注意しながら、ロジックボードの角からファンを持ち上げます。
    • ケーブルが絡まないように注意しながら、ロジックボードの角からファンを持ち上げます。

  8. スパッジャーの先端を使って、右側スピーカー/サブウーファーケーブルを上部ケースに装着された固定フィンガーの下から持ち上げます。 右側のスピーカー/サブウーファーケーブルをロジックボード上のソケットからコネクターを持ち上げるため、上向きに引っ張ります。
    • スパッジャーの先端を使って、右側スピーカー/サブウーファーケーブルを上部ケースに装着された固定フィンガーの下から持ち上げます。

    • 右側のスピーカー/サブウーファーケーブルをロジックボード上のソケットからコネクターを持ち上げるため、上向きに引っ張ります。

  9. ロジックボードからカメラケーブルの接続を外します。
    • ロジックボードからカメラケーブルの接続を外します。

    • ロジックボードの表面に対して平行になるようにケーブルを引っ張ります。ケーブルを上向きに引っ張るとロジックボードやケーブル自体にダメージを与えてしまうことがあります。

  10. 次の4本のケーブルの接続を外します。 AirPort/Bluetoothケーブル
    • 次の4本のケーブルの接続を外します。

    • AirPort/Bluetoothケーブル

    • 光学ドライブケーブル

    • ハードドライブケーブル

    • トラックパッドケーブル

    • ケーブルの接続を外すには、スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからコネクターを引き上げます。

  11. Pro Tech ツールキットを含むご注文、もしくは総額 $100ドル以上のご注文については送料無料です。

    当社のショップを閲覧する
  12. 指の爪を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを引き上げます。 丁番型の固定フラップのみを引き上げます。ソケット自体には接触しないでください。 スパッジャーの先端を使って、ソケットからキーボードリボンケーブルを持ち上げます。
    • 指の爪を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを引き上げます。

    • 丁番型の固定フラップのみを引き上げます。ソケット自体には接触しないでください。

    • スパッジャーの先端を使って、ソケットからキーボードリボンケーブルを持ち上げます。

  13. もし対応する場合は、キーボードのバックライトケーブルソケットを覆っている黒色のテープを取り外します。
    • もし対応する場合は、キーボードのバックライトケーブルソケットを覆っている黒色のテープを取り外します。

  14. スパッジャーの先端か指の爪を使って、キーボードバックライトリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを返します。 丁番型の固定フラップのみを持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。 ソケットからキーボードバックライトリボンケーブルを引き上げます。
    • スパッジャーの先端か指の爪を使って、キーボードバックライトリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを返します。

    • 丁番型の固定フラップのみを持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • ソケットからキーボードバックライトリボンケーブルを引き上げます。

  15. スパッジャーの平面側先端を使って、スリープセンサー/バッテリー残量コネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、スリープセンサー/バッテリー残量コネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。

  16. ディスプレイデータケーブルロックに留められたプラスチック製のプルタブを掴み、コンピューターの DC-In側に向かって回します。 ロジックボード上のソケットからディスプレイデータケーブルを持ち上げます。 ディスプレイデータケーブルを持ち上げないでください。このソケットはとても壊れやすいです。ケーブルをロジックボードの表面に対して平行に引っ張ります。
    • ディスプレイデータケーブルロックに留められたプラスチック製のプルタブを掴み、コンピューターの DC-In側に向かって回します。

    • ロジックボード上のソケットからディスプレイデータケーブルを持ち上げます。

    • ディスプレイデータケーブルを持ち上げないでください。このソケットはとても壊れやすいです。ケーブルをロジックボードの表面に対して平行に引っ張ります。

  17. 次の9本のネジを外します。
    • 次の9本のネジを外します。

    • 3.6 mm T6トルクスネジ−5本

    • 4.3 mm T6トルクスネジー2本

    • 7.2 mm T6トルクスネジー2本

  18. 次のネジを2本外します。 8.6 mmプラスネジー1本
    • 次のネジを2本外します。

    • 8.6 mmプラスネジー1本

    • 5.5 mmプラスネジー1本

    • 上部ケースからディスプレイデータケーブルリテーナを取り出します。

  19. スパッジャーの先端を使って、上部ケースに付けられた接着剤をマイクから丁寧に剥がしていきます。
    • スパッジャーの先端を使って、上部ケースに付けられた接着剤をマイクから丁寧に剥がしていきます。

  20. コネクターに注意しながら、光学ドライブ付近の端からロジックボードを持ち上げます。
    • コネクターに注意しながら、光学ドライブ付近の端からロジックボードを持ち上げます。

    • ボードを曲げないで、上部ケースに挟まれているDC-In ボードへの可動性連結に注意しながら上部ケースからロジックボードを抜き出します。

    • ロジックボードを取り出します。

  21. 左側のスピーカーエンクロージャーの中に型どられた溝からマイクケーブルを外します。
    • 左側のスピーカーエンクロージャーの中に型どられた溝からマイクケーブルを外します。

  22. 左側のスピーカーコネクターを覆っている黒色のテープの一部分を外します。
    • 左側のスピーカーコネクターを覆っている黒色のテープの一部分を外します。

  23. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットから左側スピーカーコネクターを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットから左側スピーカーコネクターを持ち上げます。

    • ワイヤーの下から持ち上げてください。

  24. ロジックボードに付けられたフォーム型接着剤を剥がして左側のスピーカーを丁寧にこじ開けます。
    • ロジックボードに付けられたフォーム型接着剤を剥がして左側のスピーカーを丁寧にこじ開けます。

    • 左側のスピーカーを取り出します。

  25. マイクコネクターを覆っている黒色のテープを剥がします。
    • マイクコネクターを覆っている黒色のテープを剥がします。

  26. マイクケーブルを上に引っ張り、基板上のソケットからコネクターを外します。
    • マイクケーブルを上に引っ張り、基板上のソケットからコネクターを外します。

    • マイクを取り出します。

  27. MagSafe DC-Inボードケーブルをヒートシング側に引っ張り、基板から接続を外します。
    • MagSafe DC-Inボードケーブルをヒートシング側に引っ張り、基板から接続を外します。

    • DC-Inボードを取り出します。

  28. 基板にヒートシンクを固定している 8.4 mm #1プラスネジを1本外します。 各ネジの下に付けられているネジを紛失しないでください。
    • 基板にヒートシンクを固定している 8.4 mm #1プラスネジを1本外します。

    • 各ネジの下に付けられているネジを紛失しないでください。

    • プロセッサからゆっくりとヒートシンクを取り出します。

    • ヒートシンクが動かない場合は、プラスチックのスパッジャーを使って、ゆっくりとプロセッサをこじ開けてください。プロセッサ上の表面にマウントされているコンポーネントにダメージを与えないよう丁寧に作業を進めてください。

    • 古い放熱グリスを綺麗に拭き取り、ヒートシンクを装着する前に新しい放熱グリスを塗ってください。放熱グリスの塗布方法のガイドも参照してください。

  29. RAMチップの中央からRAMを固定しているアームを両側に引っ張ります。 RAMチップはソケットから”飛び出す”はずです。
    • RAMチップの中央からRAMを固定しているアームを両側に引っ張ります。

    • RAMチップはソケットから”飛び出す”はずです。

    • RAMをソケットから引っ張りだしてください。

    • 2番目のRAMチップに関しても同じ作業を繰り返してください。

    • 基板が残ります。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

76 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Phillip Takahashi

メンバー登録日: 2011年08月22日

76,405 ポイント

87のガイドは作成済み

Great Guide thank you Phillip for providing it here. I could not have brought my MacBook Pro back to life without it! I used it to swap logic boards from a case damaged, but working MC724 into a water damaged MD313 with a pristine case.

fasthans - 返信

Hello guys,

I have a question for you : if i need to change my macbook pro early 2011 logic board (the one with the core i5 2.3ghz) with a late 2011 logic board (core i5 2.8Ghz). will it work ? thanks a ton for any input on that matter !

guillaume polizzi - 返信

Should be fine Guillaume, things to note are: The serial number will give the old info of the old main board. Also the CPU cooler my be different, on 1 I noticed the cooler has 2 fans on the 2.3Mhz it has 1. Assuming you have both cases in front of you, I don't see to much of an issue.

I would advise taking the memory out sooner then the last step, as while your trying to maneuver everything around it seems the sticks could get in one's way or even worse break off the retaining tabs for the memory.

Philip settimi - 返信

i lol @ the spudger !

Philip settimi - 返信

Hi !!!

I have a MacBook Pro 2011, I ran out of charge on an update (I thought the multi-plug was connected) after what happened I stayed in the limbo. I take it to a technician and manages to put it to work but what happens is that it works very slow "almost impossible". I was told that I should change the hard drive and the memory (you have a SSD 250 hard drive and 8GB C / U memories.) But it continues with the problem of slowness and it works only when the battery is completely lost and recharged And when I turn it off again it returns to slowness.

Jonathan Mendez Rodriguez - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 14

過去 7 日: 109

過去 30 日: 445

今までの合計 69,792