1. 上部ケースと底ケースを留めている次の10本のネジを外します。
    • 上部ケースと底ケースを留めている次の10本のネジを外します。

      • 2.3 mmペンタローブネジ−2本

      • 3.0 mmペンタローブネジー8本

  2. 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。
    • 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。

    • ゆっくりと底ケースを上部ケースから離していきます。

  3. 底ケースは上部ケースと2つのプラスチック製クリップで中央付近に接続されています。 再組み立ての際は、丁寧に底ケースの中央を2つのプラスチック製クリップに接続するように押し込んでください。
    • 底ケースは上部ケースと2つのプラスチック製クリップで中央付近に接続されています。

    • 再組み立ての際は、丁寧に底ケースの中央を2つのプラスチック製クリップに接続するように押し込んでください。

  4. 必要に応じてバッテリーの接続ボードに留められているプラスチック製カバーを外してください。
    • 必要に応じてバッテリーの接続ボードに留められているプラスチック製カバーを外してください。

  5. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。 コネクターのみ持ち上げるよう確認しながら作業を進めてください。ソケットには接触しないでください。ロジックボードに永久的なダメージを与えてしまうことがあります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。

    • コネクターのみ持ち上げるよう確認しながら作業を進めてください。ソケットには接触しないでください。ロジックボードに永久的なダメージを与えてしまうことがあります。

  6. 修理作業中、アクシデントによりソケットがバッテリーコネクターに接続しないよう、折り曲げて邪魔にならない位置に移動させてください。
    • 修理作業中、アクシデントによりソケットがバッテリーコネクターに接続しないよう、折り曲げて邪魔にならない位置に移動させてください。

  7. ヒートシンクの端からゴム製のファン用バンパーを丁寧に取り出します。 ファン用バンパーはヒートシンクの周りに巻かれており、ファンダクトの溝に装着されています。再組み立ての際は、ファンダクトの切り込みにタブが正確に装着されているか確認してください。 ファン用バンパーはヒートシンクの周りに巻かれており、ファンダクトの溝に装着されています。再組み立ての際は、ファンダクトの切り込みにタブが正確に装着されているか確認してください。
    • ヒートシンクの端からゴム製のファン用バンパーを丁寧に取り出します。

    • ファン用バンパーはヒートシンクの周りに巻かれており、ファンダクトの溝に装着されています。再組み立ての際は、ファンダクトの切り込みにタブが正確に装着されているか確認してください。

  8. スパッジャーの平面側先端を使って、ヒートシンクネジから4つのフォーム製のステッカーを剥がします。 スパッジャーの平面側先端を使って、ヒートシンクネジから4つのフォーム製のステッカーを剥がします。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ヒートシンクネジから4つのフォーム製のステッカーを剥がします。

  9. ロジックボードに留められたヒートシンクから次の4つのネジを取り出します。
    • ロジックボードに留められたヒートシンクから次の4つのネジを取り出します。

      • 2.6 mm T5トルクスネジー4本

      • 2.4 mm #000 プラスネジー1本

  10. ラップトップからヒートシンクを取り出します。 コンピューターを再組み立てする際は、放熱グリスの装着手順に従って、放熱グリスを付けてください。
    • ラップトップからヒートシンクを取り出します。

    • コンピューターを再組み立てする際は、放熱グリスの装着手順に従って、放熱グリスを付けてください。

  11. スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから接続を外すため、iSightカメラケーブルコネクターを外側へ押し出します。 スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから接続を外すため、iSightカメラケーブルコネクターを外側へ押し出します。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから接続を外すため、iSightカメラケーブルコネクターを外側へ押し出します。

  12. iSightカメラのケーブルを内蔵ファンから取り出して、作業の邪魔にならないように折り曲げます。 iSightカメラのケーブルを内蔵ファンから取り出して、作業の邪魔にならないように折り曲げます。
    • iSightカメラのケーブルを内蔵ファンから取り出して、作業の邪魔にならないように折り曲げます。

  13. Free shipping on all orders over $100.00 or containing a Pro Tech Toolkit!

    当社のショップを閲覧する

    Ever fixed something? That’s Genius.

    Share your repair story with #ImAGenius

    We Are All Geniuses

    Share your repair story with #ImAGenius

  14. スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上のタブを上向きに折り曲げます。 ファンケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて外します。 ファンケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて外します。
    • スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上のタブを上向きに折り曲げます。

    • ファンケーブルをソケットからまっすぐ引き上げて外します。

  15. 上部ケースに留められたファンから次のネジを外します。
    • 上部ケースに留められたファンから次のネジを外します。

      • 5.0 mm T5トルクスネジー1本

      • 3.6 mm T5トルクスネジー2本

  16. ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。 ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。 ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。
    • ディスプレイの丁番に近いファンの先端を持ち上げて、上部ケースからファンを外します。

  17. ロジックボードに留められた出入力ボードから2.1 mm T5トルクスネジを2本外します。 出入力ボードのケーブルブラケットを取り出します。
    • ロジックボードに留められた出入力ボードから2.1 mm T5トルクスネジを2本外します。

    • 出入力ボードのケーブルブラケットを取り出します。

  18. スパッジャーの平面側先端を使って、出入力ボードコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。 出入力ボードケーブルのみをこじ開けるようにご注意ください。ソケット自体には接触しないでください。ロジックボードにダメージを与えてしまう可能性があります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、出入力ボードコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げて接続を外します。

    • 出入力ボードケーブルのみをこじ開けるようにご注意ください。ソケット自体には接触しないでください。ロジックボードにダメージを与えてしまう可能性があります。

  19. 出入力ボードケーブルのロジックボード先端を持ち上げて、作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。 ケーブルにダメージが入らないように、ケーブルの出入力ボード先端のベンドのみ折り曲げてください。
    • 出入力ボードケーブルのロジックボード先端を持ち上げて、作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。

    • ケーブルにダメージが入らないように、ケーブルの出入力ボード先端のベンドのみ折り曲げてください。

  20. スパッジャーの先端を使って、右側スピーカーのコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ引き上げます。 スパッジャーの先端を使って、右側スピーカーのコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ引き上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、右側スピーカーのコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ引き上げます。

  21. スパッジャーの先端を使って、出入力ボードコネクターの一方を押し出し、ロジックボードのソケットから接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、出入力ボードコネクターの一方を押し出し、ロジックボードのソケットから接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、出入力ボードコネクターの一方を押し出し、ロジックボードのソケットから接続を外します。

  22. スパッジャーの平面側の先端を使って、キーボードのバックライトケーブルの接続を外し、ロジックボードの邪魔にならない位置に折り曲げます。 スパッジャーの平面側の先端を使って、キーボードのバックライトケーブルの接続を外し、ロジックボードの邪魔にならない位置に折り曲げます。 スパッジャーの平面側の先端を使って、キーボードのバックライトケーブルの接続を外し、ロジックボードの邪魔にならない位置に折り曲げます。
    • スパッジャーの平面側の先端を使って、キーボードのバックライトケーブルの接続を外し、ロジックボードの邪魔にならない位置に折り曲げます。

  23. 黒色のプラスチック製タブをつかんで、ディスプレイケーブルコネクターをひっくり返して開き、ロジックボード上のソケットをまっすぐ引き離します。 黒色のプラスチック製タブをつかんで、ディスプレイケーブルコネクターをひっくり返して開き、ロジックボード上のソケットをまっすぐ引き離します。 黒色のプラスチック製タブをつかんで、ディスプレイケーブルコネクターをひっくり返して開き、ロジックボード上のソケットをまっすぐ引き離します。
    • 黒色のプラスチック製タブをつかんで、ディスプレイケーブルコネクターをひっくり返して開き、ロジックボード上のソケットをまっすぐ引き離します。

  24. ロジックボード上のソケットからDC INボードコネクターを引っ張って外します。 ロジックボード上のソケットからDC INボードコネクターを引っ張って外します。
    • ロジックボード上のソケットからDC INボードコネクターを引っ張って外します。

  25. スパッジャーの平面側先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて作業の邪魔にならないように折り曲げます。 スパッジャーの平面側先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて作業の邪魔にならないように折り曲げます。 スパッジャーの平面側先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて作業の邪魔にならないように折り曲げます。
    • スパッジャーの平面側先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて作業の邪魔にならないように折り曲げます。

  26. 必要に応じて、マイクケーブルのZIF コネクターを覆っているテープを全て剥がします。 必要に応じて、マイクケーブルのZIF コネクターを覆っているテープを全て剥がします。
    • 必要に応じて、マイクケーブルのZIF コネクターを覆っているテープを全て剥がします。

  27. スパッジャーの先端を使って、マイクケーブルのZIF コネクター上の固定タブをひっくり返します。 マイクケーブルをロジックボード上のソケットから引っ張り取り出します。 マイクケーブルをロジックボード上のソケットから引っ張り取り出します。
    • スパッジャーの先端を使って、マイクケーブルのZIF コネクター上の固定タブをひっくり返します。

    • マイクケーブルをロジックボード上のソケットから引っ張り取り出します。

  28. 必要に応じて、キーボードケーブルコネクターを覆っているテープを全て剥いでください。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返してください。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返してください。
    • 必要に応じて、キーボードケーブルコネクターを覆っているテープを全て剥いでください。

    • スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返してください。

  29. キーボードケーブルをロジックボード上のZIFソケットからまっすぐ引き上げます。 キーボードケーブルをロジックボード上のZIFソケットからまっすぐ引き上げます。
    • キーボードケーブルをロジックボード上のZIFソケットからまっすぐ引き上げます。

  30. 必要に応じて、トラックパッドケーブルコネクターを覆っているテープを全て剥いでください。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返ます。 スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返ます。
    • 必要に応じて、トラックパッドケーブルコネクターを覆っているテープを全て剥いでください。

    • スパッジャーの先端を使って、ZIFコネクター上の固定タブをひっくり返ます。

  31. ロジックボード上のソケットから、トラックパッドリボンケーブルをまっすぐ引き上げます。 ロジックボード上のソケットから、トラックパッドリボンケーブルをまっすぐ引き上げます。
    • ロジックボード上のソケットから、トラックパッドリボンケーブルをまっすぐ引き上げます。

  32. 上部ケースに留められたロジックボードから3.5 mm T5トルクスネジを5本外します。
    • 上部ケースに留められたロジックボードから3.5 mm T5トルクスネジを5本外します。

    • 再組み立てする際は、ロジックボード上に5本のネジを全て軽く装着してから、均等にネジを締めます。

  33. ロジックボード上のプロセッサーの端をわずかに持ち上げて、上部ケースの端からポートを取り出すためにファンの方向に向けて引っ張ります。 ロジックボードを取り出します。 再組み立ての際はキーボード、キーボードのバックライト、MagSafeとマイクケーブルがロジックボードの下で絡まないようにご注意ください。
    • ロジックボード上のプロセッサーの端をわずかに持ち上げて、上部ケースの端からポートを取り出すためにファンの方向に向けて引っ張ります。

    • ロジックボードを取り出します。

    • 再組み立ての際はキーボード、キーボードのバックライト、MagSafeとマイクケーブルがロジックボードの下で絡まないようにご注意ください。

    • また、ポートのメタル製EMIフィンガーをケースの側面に向かってスライドさせるのを忘れないでください。上に被せないでください。

  34. ロジックボードに留められたSSDから、2.9 mm T5のトルクスネジを1本外します。
    • ロジックボードに留められたSSDから、2.9 mm T5のトルクスネジを1本外します。

  35. SSDの端を少し持ち上げて、ロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。 SSDの端を少し持ち上げて、ロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。 SSDの端を少し持ち上げて、ロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。
    • SSDの端を少し持ち上げて、ロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

21 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Lionheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

355,193 ポイント

537のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

109 メンバー

7,761のガイドは作成済み

Hi @sam !

I have a macbook pro 13" retina i5 2.6 8gb mid 2014 Model. A1502 and it has the damaged board.

In SAT, I changed it for 600 euros to replace it.

I have found a logicboard used for this same model A1502 (i7 3.0 Ghz 8Gb Ram) for half price and I would like to know if it is possible to replace it for this, or the mac will give me some problem when plugging a logicboard with different characteristics that the original?

Thanks for you support !

neotic82 - 返信

Question: Can I put a 2014 logic board in a 2015 model? I have a water damaged MF839LL/a 2015 model, but I can get a MGX72LL/a 2014 model logic board for cheap. Thanks!

Danny M - 返信

Sam, thank you so much! Repair guide worked perfectly for removing logic board to clean corrosion after a water spill on the keyboard! Everything was exactly as picture and explained. I have two questions I was hoping Sam or someone else knowledgeable could answer.

1. Can/ should I replace the foam stickers from the heat sink screws (step 8)? If so, what kind of computer safe adhesive should I use to ensure that they stay in place?

2. Should the plastic cover adhered to the battery contact board in step 4 be replaced?

Andrew Lingousky - 返信

Thanks from the bottom of my feet for the excellent guide, my water-damaged mac lives again! Everything works but the power button…

stupple82 - 返信

Hi Sam,

It is possible to remove the logic board without taking out the heat sink first? I am really not sure I can do the procedure of putting back the heat sink on reassembly with the reapplication of new thermal paste. I know that is critical in the operation of the processor which makes sure it does not burn with excessive heat. Please advice. Thanks.

joey_garcia_ph - 返信

統計データを表示:

過去 24時間: 15

過去 7 日: 152

過去 30 日: 849

今までの合計 51,400