メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを参照して、壊れたMagSafe DC-Inボードを交換しましょう。

  1. 次のネジを10本外します。
    • 次のネジを10本外します。

    • 14.4 mm #00プラスネジー3本

    • 3.5 mm #00プラスネジー3本

    • 3.5 mm #00 肩付きプラスネジー4本

    • 小さなネジを交換する際は、ケースのわずかに湾曲した部分に対し、垂直にネジを揃えてください。

  2. 排気口(液晶ヒンジ部)付近より、底ケースを指で開けます。 底ケースを取り外します。
    • 排気口(液晶ヒンジ部)付近より、底ケースを指で開けます。

    • 底ケースを取り外します。

  3. スパッジャーの先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボードのソケットから上向きに引き上げます。 ソケットからバッテリーコネクターを外す際に、両側の短いサイドから上向きに引き上げると作業がしやすいです。コネクターの角に気をつけてください。簡単に壊れてしまいます。
    • スパッジャーの先端を使って、バッテリーコネクターをロジックボードのソケットから上向きに引き上げます。

    • ソケットからバッテリーコネクターを外す際に、両側の短いサイドから上向きに引き上げると作業がしやすいです。コネクターの角に気をつけてください。簡単に壊れてしまいます。

  4. バッテリーケーブルをロジックボード上のソケットから外して、わずかに折り曲げておきます。そうすると、作業中にアクシデントで接続することがありません。
    • バッテリーケーブルをロジックボード上のソケットから外して、わずかに折り曲げておきます。そうすると、作業中にアクシデントで接続することがありません。

  5. スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットからファンコネクターを持ち上げます。 コネクターの接続を緩めるために、ファンケーブルファイヤーの下からスパッジャーをひねりながら作業を進めてください。 ファンソケットとファンコネクターは2、3番目の画像で確認できます。プラスチック製のファンソケットをロジックボードから外す際に壊さないようご注意ください。スパッジャーを使って、ファンコネクターをソケットからまっすぐ持ち上げます。2番目の画像はロジックボードのレイアウトです。お持ちのデバイスと若干異なる部分があるかもしれませんが、ファンソケットは同一のはずです。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットからファンコネクターを持ち上げます。

    • コネクターの接続を緩めるために、ファンケーブルファイヤーの下からスパッジャーをひねりながら作業を進めてください。

    • ファンソケットとファンコネクターは2、3番目の画像で確認できます。プラスチック製のファンソケットをロジックボードから外す際に壊さないようご注意ください。スパッジャーを使って、ファンコネクターをソケットからまっすぐ持ち上げます。2番目の画像はロジックボードのレイアウトです。お持ちのデバイスと若干異なる部分があるかもしれませんが、ファンソケットは同一のはずです。

  6. ロジックボードに留められたファンから次の3本のネジを外します。
    • ロジックボードに留められたファンから次の3本のネジを外します。

    • 7.2 mm T6 トルクスネジー1本

    • 5.3 mm T6 トルクスネジー2本

  7. ケーブルが絡まないように注意しながら、ロジックボードの角からファンを持ち上げます。
    • ケーブルが絡まないように注意しながら、ロジックボードの角からファンを持ち上げます。

  8. スパッジャーの先端を使って、右側スピーカー/サブウーファーケーブルを上部ケースに装着された固定フィンガーの下から持ち上げます。 右側のスピーカー/サブウーファーケーブルをロジックボード上のソケットからコネクターを持ち上げるため、上向きに引っ張ります。
    • スパッジャーの先端を使って、右側スピーカー/サブウーファーケーブルを上部ケースに装着された固定フィンガーの下から持ち上げます。

    • 右側のスピーカー/サブウーファーケーブルをロジックボード上のソケットからコネクターを持ち上げるため、上向きに引っ張ります。

  9. ロジックボードからカメラケーブルの接続を外します。
    • ロジックボードからカメラケーブルの接続を外します。

    • ロジックボードの表面に対して平行になるようにケーブルを引っ張ります。ケーブルを上向きに引っ張るとロジックボードやケーブル自体にダメージを与えてしまうことがあります。

  10. 次の4本のケーブルの接続を外します。 AirPort/Bluetoothケーブル
    • 次の4本のケーブルの接続を外します。

    • AirPort/Bluetoothケーブル

    • 光学ドライブケーブル

    • ハードドライブケーブル

    • トラックパッドケーブル

    • ケーブルの接続を外すには、スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからコネクターを引き上げます。

  11. 指の爪を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを引き上げます。 丁番型の固定フラップのみを引き上げます。ソケット自体には接触しないでください。 スパッジャーの先端を使って、ソケットからキーボードリボンケーブルを持ち上げます。
    • 指の爪を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを引き上げます。

    • 丁番型の固定フラップのみを引き上げます。ソケット自体には接触しないでください。

    • スパッジャーの先端を使って、ソケットからキーボードリボンケーブルを持ち上げます。

    • ケーブルを挿入しにくいかもしれません。作業が難しい場合は、一時的にテープをケーブルに貼り付けて、ソケットに挿入しやすくします。

  12. もし対応する場合は、キーボードのバックライトケーブルソケットを覆っている黒色のテープを取り外します。
    • もし対応する場合は、キーボードのバックライトケーブルソケットを覆っている黒色のテープを取り外します。

  13. スパッジャーの先端か指の爪を使って、キーボードバックライトリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを返します。 丁番型の固定フラップのみを持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。 ソケットからキーボードバックライトリボンケーブルを引き上げます。
    • スパッジャーの先端か指の爪を使って、キーボードバックライトリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを返します。

    • 丁番型の固定フラップのみを持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • ソケットからキーボードバックライトリボンケーブルを引き上げます。

  14. スパッジャーの平面側先端を使って、スリープセンサー/バッテリー残量コネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、スリープセンサー/バッテリー残量コネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。

  15. ディスプレイデータケーブルロックに留められたプラスチック製のプルタブを掴み、コンピューターの DC-In側に向かって回します。 ロジックボード上のソケットからディスプレイデータケーブルを持ち上げます。 ディスプレイデータケーブルを持ち上げないでください。このソケットはとても壊れやすいです。ケーブルをロジックボードの表面に対して平行に引っ張ります。
    • ディスプレイデータケーブルロックに留められたプラスチック製のプルタブを掴み、コンピューターの DC-In側に向かって回します。

    • ロジックボード上のソケットからディスプレイデータケーブルを持ち上げます。

    • ディスプレイデータケーブルを持ち上げないでください。このソケットはとても壊れやすいです。ケーブルをロジックボードの表面に対して平行に引っ張ります。

  16. 次の9本のネジを外します。
    • 次の9本のネジを外します。

    • 3.6 mm T6トルクスネジ−5本

    • 4.3 mm T6トルクスネジー2本

    • 7.2 mm T6トルクスネジー2本

    • モデルによっては、次のようにネジが若干短い場合があります、

    • 3.0mmT6ネジー5本

    • 3.6mm T6ネジー2本

    • 6.7mm T6ネジー2本

  17. 次のネジを2本外します。 8.6 mmプラスネジー1本
    • 次のネジを2本外します。

    • 8.6 mmプラスネジー1本

    • 5.5 mmプラスネジー1本

    • 上部ケースからディスプレイデータケーブルリテーナを取り出します。

  18. スパッジャーの先端を使って、上部ケースに付けられた接着剤をマイクから丁寧に剥がしていきます。
    • スパッジャーの先端を使って、上部ケースに付けられた接着剤をマイクから丁寧に剥がしていきます。

  19. コネクターに注意しながら、光学ドライブ付近の端からロジックボードを持ち上げます。
    • コネクターに注意しながら、光学ドライブ付近の端からロジックボードを持ち上げます。

    • ボードを曲げないで、上部ケースに挟まれているDC-In ボードへの可動性連結に注意しながら上部ケースからロジックボードを抜き出します。

    • ロジックボードを取り出します。

  20. 基板からMagSafe DC-Inボードケーブルを外すため、ヒートシンク側に向けて引っ張ります。
    • 基板からMagSafe DC-Inボードケーブルを外すため、ヒートシンク側に向けて引っ張ります。

    • 上向きに引っ張らないでください。コネクタを上向きに引くと基板からソケットが壊れてしまうことがあります。

    • MagSafe DC-Inボードを取り出します。

終わりに

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

111 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

railgunさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

472,359 ポイント

410のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

136 メンバー

15,994のガイドは作成済み

10 件のコメント

Piece of cake, took an hour or so, but I was being extra careful. The only sticky part were the backlight cable and the keyboard ribbon cable ZIF socket, those two items I found fiddly to get re-inserted properly. Thanks for the tutorial.

Alan Gates - 返信

Thank you Andrew Optimus Goldberg,

It is super guide & explanation - funny part is, now i am left with one screw, couldn’t find its spot :), I shall fix it later.

Thanks again

Mitesh - 返信

Thankyouuuu your guide very helpfull

Here's some tips to avoid left any screw : use a transparant tape with the sticky note and write or give the code…

I ussually give 3 layer of tape and devide into several sticky note… :)

Bayu Indraa - 返信

Excellent guide! My seven-year-old Macbook now charges again without me having to tighten the power cable at weird angles!

The hardest part of this repair was getting the microphone out. That thing was glued in tightly, the rubber shroud is hard to grip through, and the little wires are so delicate!

Thomas - 返信

Worked like a charm! Take your time. Directions were great but some of the connections were a little fiddly. Pay close attention of exactly how the connectors come apart. For these 67 year old eyes, a magnifying glass would have been handy along with some tweezers to replace fat fingers for getting some of the connections started.

robert jones - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 11

過去 7 日: 62

過去 30 日: 294

今までの合計 51,945