はじめに

このガイドを参照して、壊れた右側クラッチヒンジを交換しましょう。

  1. MacBook Pro 13" Unibodyに留められた底ケースから次のネジを10本外します。
    • MacBook Pro 13" Unibodyに留められた底ケースから次のネジを10本外します。

    • 3 mmプラスネジー7本

    • 13.5 mmプラスネジー3本

  2. 取付台タブを外すため、底ケースをわずかに持ち上げて、デバイス本体の背中側に向けて押します。
    • 取付台タブを外すため、底ケースをわずかに持ち上げて、デバイス本体の背中側に向けて押します。

  3. 作業前の注意点として、放電を防ぐためロジックボードからバッテリーコネクターの接続を外してください。
    • 作業前の注意点として、放電を防ぐためロジックボードからバッテリーコネクターの接続を外してください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターを持ち上げます。

  4. スパッジャーの平面側先端を使って、右側スピーカーケーブルコネクター/サブウーファーをロジックボード上のソケットから外して持ち上げます。 画像に示したようにコネクターの下から持ち上げてください。ソケット自体に接触しないでください。ロジックボードからソケットをアクシデントで外してしまうことがあります。 画像に示したようにコネクターの下から持ち上げてください。ソケット自体に接触しないでください。ロジックボードからソケットをアクシデントで外してしまうことがあります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、右側スピーカーケーブルコネクター/サブウーファーをロジックボード上のソケットから外して持ち上げます。

    • 画像に示したようにコネクターの下から持ち上げてください。ソケット自体に接触しないでください。ロジックボードからソケットをアクシデントで外してしまうことがあります。

  5. カメラケーブルの先端をまっすぐにソケットから引いて接続を外します。
    • カメラケーブルの先端をまっすぐにソケットから引いて接続を外します。

    • 小さなハードプラスチップのパーツがロジックボードに取り付けられており、ソケットからカメラケーブルが落ちるのを防いでいます。このパーツをまず取り除いてから作業を進めてください。コネクターにダメージを与えてしまいます。

    • ロジックボードの表面と並行してコネクターを光学ドライブ側に向けて引っ張ります。ソケットからまっすぐ上に引っ張らないでください。

  6. 光学ドライブの回路からカメラデータケーブルを巻き戻します。
    • 光学ドライブの回路からカメラデータケーブルを巻き戻します。

  7. 上部ケースの右側スピーカーとカメラデータケーブルを留めている次のネジを外します。 8 mmプラスネジー2本
    • 上部ケースの右側スピーカーとカメラデータケーブルを留めている次のネジを外します。

    • 8 mmプラスネジー2本

    • 4mm プラスネジー1本

    • 8 mmプラスネジのうち1本はカメラケーブルのグランドループの中に留められています。

    • サブウーファーの下からカメラのケーブルブラケットをスライドしてコンピューターから取り出します。

  8. Pro Tech ツールキットを含むご注文、もしくは総額 $100ドル以上のご注文については送料無料です。

    当社のショップを閲覧する
  9. ディスプレイデーターケーブルロックに留められているプラスチックプルタブを掴み、コンピューターの DC-in側に向けて巻きます。 ディスプレイデーターケーブルコネクターをソケットからまっすぐ引き離します。 コネクターをソケットからまっすぐ持ち上げるのではなく手前に引いてください。
    • ディスプレイデーターケーブルロックに留められているプラスチックプルタブを掴み、コンピューターの DC-in側に向けて巻きます。

    • ディスプレイデーターケーブルコネクターをソケットからまっすぐ引き離します。

    • コネクターをソケットからまっすぐ持ち上げるのではなく手前に引いてください。

  10. 上部ケースに留められたディスプレイデータケーブルブラケットから次のネジを2本外します。 7 mmプラスネジー1本
    • 上部ケースに留められたディスプレイデータケーブルブラケットから次のネジを2本外します。

    • 7 mmプラスネジー1本

    • 5 mmプラスネジー1本

    • 上部ケースからディスプレイデータケーブルのブラケットを持ち上げます。

  11. 上部ケースに留められた2つのディスプレイブラケットから 6.5 mm外付けトルクスネジを2本ずつ(計4本)を外します。 上部ケースに留められた2つのディスプレイブラケットから 6.5 mm外付けトルクスネジを2本ずつ(計4本)を外します。
    • 上部ケースに留められた2つのディスプレイブラケットから 6.5 mm外付けトルクスネジを2本ずつ(計4本)を外します。

  12. MacBook 本体を開きます。ディスプレイが上部ケースに対して直角になるように開いてください。
    • MacBook 本体を開きます。ディスプレイが上部ケースに対して直角になるように開いてください。

    • 画像に示したようにMacBookをテーブルに対して垂直に立てます。

    • 左手でディスプレイと上部ケース両方を持ちながら、下部ディスプレイのブラケットから残りの6.5 mm トルクスネジを外します。

  13. ディスプレイと上部ケースを同時に左手で押さえてください。手で固定せずに作業をするとディスプレイ/上部ケースが落ちて外れてしまい、各コンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。
    • ディスプレイと上部ケースを同時に左手で押さえてください。手で固定せずに作業をするとディスプレイ/上部ケースが落ちて外れてしまい、各コンポーネントにダメージを与えてしまうことがあります。

    • 上部ケースに留めれらたディスプレイから最後の残りの6 mm T6トルクスネジを外します。

  14. 右手で上部ケースを持ち、ディスプレイの上部に向けてわずかにずらしながら押し出します。すると上部ディスプレイブラケットから上部ケースの先端が外れます。 ディスプレイを上部ケースから少しずらして外します。
    • 右手で上部ケースを持ち、ディスプレイの上部に向けてわずかにずらしながら押し出します。すると上部ディスプレイブラケットから上部ケースの先端が外れます。

    • ディスプレイを上部ケースから少しずらして外します。

  15. ブラケットやケーブルが絡まないように気をつけながら、上部ケースからディスプレイを持ち上げて外します。
    • ブラケットやケーブルが絡まないように気をつけながら、上部ケースからディスプレイを持ち上げて外します。

  16. 画像にあるようにクラッチカバーを手に取り、ディスプレイの右側に向けてスライドします。 約0.5cmほどスライドしたら止めます。これ以上無理やりスライドしないでください。
    • 画像にあるようにクラッチカバーを手に取り、ディスプレイの右側に向けてスライドします。

    • 約0.5cmほどスライドしたら止めます。これ以上無理やりスライドしないでください。

  17. ゆっくりとクラッチカバーを長辺側で前後に揺らしながら、ディスプレイから引き離します。 クラッチカバーの長辺側に沿ってこの動作を行い、ディスプレイに取り付けるフレームワークから持ち上げることできれば作業を止めてください。
    • ゆっくりとクラッチカバーを長辺側で前後に揺らしながら、ディスプレイから引き離します。

    • クラッチカバーの長辺側に沿ってこの動作を行い、ディスプレイに取り付けるフレームワークから持ち上げることできれば作業を止めてください。

  18. ディスプレイからクラッチカバーを取り出します。
    • ディスプレイからクラッチカバーを取り出します。

  19. ディスプレイガラスに最も近い右側クラッチヒンジを固定している5.2mm T6トルクスネジを1本外します。
    • ディスプレイガラスに最も近い右側クラッチヒンジを固定している5.2mm T6トルクスネジを1本外します。

  20. 右側クラッチヒンジをディスプレイに固定している残り2本の5.2mm T6トルクスネジを外します。
    • 右側クラッチヒンジをディスプレイに固定している残り2本の5.2mm T6トルクスネジを外します。

  21. 右側クラッチヒンジを取り外します。
    • 右側クラッチヒンジを取り外します。

まとめ

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

16 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

railgunさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Bookholt

513,528 ポイント

618のガイドは作成済み

If you don't use loctite on your screw threads or some other equivalent your hinges will come loose again! The hinge is probably exposed to more vibration and use than any other mechanical system on your computer. Three months after performing this repair to tighten my wobbly hinges, they are loose again! Buy some thread locking adhesive, save yourself the pain of a double repair job!

bike - 返信

YES! Threadlocker is amazing for keeping these together!!

I keep a twist tube of blue threadlocker with my screwdrivers for this and all other screws I don't want to come undone due to vibration.

It can be a little messy, but here's what works best for me:

Usually I put a strong magnet on the screwdriver first

Then I put the screw on the tip

Then I twist out a tiny bit of threadlocker and stick the tip of the screw into using the screwdriver as a handle

And finally install the screw

A bit of blue threadlocker usually squeezes out of the threads and builds up around the screw head, if it's not too much I just leave it there.

I try not to touch the threadlocker with my fingers since it's sticky and will get everyhwere and make your tools & keyboard sticky even if you can't see it anymore.

The one I got from Amazon was a pretty good value I think:

Permatex 24010 Medium Strength Threadlocker Blue Gel, 10 g Gel Twist Applicator

It's great for working on my bicycle and cars as well, a little bit goes a long way.

Daniel Cassel - 返信

My screen won't come back on after replacing the hinges. Heeeellllpppp. Lol

Peter Butler - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 4

過去 7 日: 29

過去 30 日: 97

今までの合計 29,635