メインコンテンツにスキップ

はじめに

MagSafe DC-In ボードの交換をするにはこのガイドを参照してください。

  1. 底ケースと上部ケースを留めている次のネジを10本外します。
    • 底ケースと上部ケースを留めている次のネジを10本外します。

    • 2.3 mm P5ペンタロープネジー2本

    • 3.0 mm P5 ペンタロープネジー8本

  2. 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。
    • 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。

    • 丁寧に底ケースを上部ケースから外していきます。

    • 完全に底ケースを取り出します。

  3. 底ケースは上部ケースに中央部分にある2本のプラスチッククリップで繋がっています。 再組み立ての際は丁寧に2本のプラスチッククリップが再装着するように底ケースの中央に押し込みます。 再組み立ての際は丁寧に2本のプラスチッククリップが再装着するように底ケースの中央に押し込みます。
    • 底ケースは上部ケースに中央部分にある2本のプラスチッククリップで繋がっています。

    • 再組み立ての際は丁寧に2本のプラスチッククリップが再装着するように底ケースの中央に押し込みます。

  4. バッテリーボードに装着されているプラスチックカバーを外します。
    • バッテリーボードに装着されているプラスチックカバーを外します。

  5. ロジックボードにバッテリーボードを取り付けている次のネジを外します。
    • ロジックボードにバッテリーボードを取り付けている次のネジを外します。

    • 2.8 mm T6トルクスネジー2本

    • 7.0 mm T6トルクス肩付きネジー1本

  6. ピンセットを使って、バッテリーコネクターボードの右側底付近にある小さいプラスチックカバーを取り出します。 ピンセットを使って、バッテリーコネクターボードの右側底付近にある小さいプラスチックカバーを取り出します。
    • ピンセットを使って、バッテリーコネクターボードの右側底付近にある小さいプラスチックカバーを取り出します。

  7. バッテリーコネクターをロジックボードアセンブリに留めている広幅の6.4 mm T6トルクスネジを外します。
    • バッテリーコネクターをロジックボードアセンブリに留めている広幅の6.4 mm T6トルクスネジを外します。

  8. 丁寧にロジックボードからバッテリーコネクターボードを引き上げます。 若干バッテリーケーブルを曲げてください。ボードがロジックボード上で引き上げられた状態にして、作業の邪魔にならないようにします。
    • 丁寧にロジックボードからバッテリーコネクターボードを引き上げます。

    • 若干バッテリーケーブルを曲げてください。ボードがロジックボード上で引き上げられた状態にして、作業の邪魔にならないようにします。

    • ボードを完全に折り曲げたり、ケーブルにしわを入れないでください。バッテリーにダメージを与えてしまいます。

  9. ピンセットでインターポーザーを掴みます。 インターポーザーとはLSI間の接続を担う役割を持つインターフェイスの名称です。この修理ではバッテリーとロジックボードを接続しているボードを対象とします。
    • ピンセットでインターポーザーを掴みます。

    • インターポーザーとはLSI間の接続を担う役割を持つインターフェイスの名称です。この修理ではバッテリーとロジックボードを接続しているボードを対象とします。

    • インターポーザーをロジックボードから引き上げて外します。

    • このボードを取り外す際は修理作業中、バッテリーが完全に外されているか確認してください。コンピューターがアクシデントにより再起動しないようにご注意ください。バッテリーを取り出しておく事もおすすめです。

  10. ロジックボードに留められたヒートシンクから次のネジを外します。
    • ロジックボードに留められたヒートシンクから次のネジを外します。

    • 2.4 mm #00プラスネジー1本

    • 3.4 mm T5トルクスネジー1本

    • 2.7 mm T5トルクスネジー4本

    • ヒートシンクをロジックボードアセンブリから持ち上げて取り出します。

    • ヒートシンクを再インストールする際は放熱グリスを表面に塗ってください。もし放熱グリスを今まで使用したことがない方は、分かりやすい次のガイドをご覧ください。

  11. スパッジャーの平面側先端を使って、右側の出入力ボードデータのケーブルコネクターを出入力ボード上のソケットから引き上げます。 出入力ボードデータのケーブルコネクターをソケットから引き上げる際は、コネクターのみに接触するようご注意ください。ソケットには触らないでください。ソケットに触ってしまうと取り返しの付かないダメージを出入力ボードに与えてしまうことになります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、右側の出入力ボードデータのケーブルコネクターを出入力ボード上のソケットから引き上げます。

    • 出入力ボードデータのケーブルコネクターをソケットから引き上げる際は、コネクターのみに接触するようご注意ください。ソケットには触らないでください。ソケットに触ってしまうと取り返しの付かないダメージを出入力ボードに与えてしまうことになります。

  12. iPhoneのバッテリーキット

    Only $29.99

    Buy Now

    iPhoneのバッテリーキット

    Only $29.99

    Buy Now
  13. スパッジャーの平面側先端を左側の出入力ボードのデータケーブルコネクターの下に差し込みます。 スパッジャーを丁寧にひねりながら、出入力ボードのデータケーブルコネクターの接続をロジックボード上のソケットから外します。
    • スパッジャーの平面側先端を左側の出入力ボードのデータケーブルコネクターの下に差し込みます。

    • スパッジャーを丁寧にひねりながら、出入力ボードのデータケーブルコネクターの接続をロジックボード上のソケットから外します。

  14. MacBook Proから出入力ボードのデータケーブルを持ち上げて取り出します。
    • MacBook Proから出入力ボードのデータケーブルを持ち上げて取り出します。

  15. スパッジャーの先端を使って、右側のファンリボンケーブルのZIF ソケット上にある固定フラップを持ち上げます。 丁番の固定フラップのみ持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。 右側のファンリボンケーブルをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、右側のファンリボンケーブルのZIF ソケット上にある固定フラップを持ち上げます。

    • 丁番の固定フラップのみ持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • 右側のファンリボンケーブルをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。

  16. ロジックボードアセンブリに留められた右側ファンから 3.1 mm T5トルクスネジを3本外します。
    • ロジックボードアセンブリに留められた右側ファンから 3.1 mm T5トルクスネジを3本外します。

  17. 上部ケースから右側ファンを持ち上げて取り出します。
    • 上部ケースから右側ファンを持ち上げて取り出します。

  18. スパッジャーの先端を使って、左側のファンリボンのケーブルZIFソケット上にあるフラップ全てを持ち上げます。 丁番のフラップのみに接触するようご注意ください。ソケット自体には触らないでください。
    • スパッジャーの先端を使って、左側のファンリボンのケーブルZIFソケット上にあるフラップ全てを持ち上げます。

    • 丁番のフラップのみに接触するようご注意ください。ソケット自体には触らないでください。

  19. ロジックボードアセンブリに留められた左側のファンより3.1 mm T5 トルクスネジを3本外します。
    • ロジックボードアセンブリに留められた左側のファンより3.1 mm T5 トルクスネジを3本外します。

  20. 上部ケースから左側ファンを持ち上げて外します。 左側のファンをまっすぐ持ちあげると同時に、左側のファンリボンケーブルもロジックボード上のソケットから持ち上げます。
    • 上部ケースから左側ファンを持ち上げて外します。

    • 左側のファンをまっすぐ持ちあげると同時に、左側のファンリボンケーブルもロジックボード上のソケットから持ち上げます。

  21. スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから出入力ボードコネクタをまっすぐ引き上げて接続を外します。 ソケットから取り出す際にはコネクターの両側を丁寧に押してください。 ソケットから取り出す際にはコネクターの両側を丁寧に押してください。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから出入力ボードコネクタをまっすぐ引き上げて接続を外します。

    • ソケットから取り出す際にはコネクターの両側を丁寧に押してください。

  22. ロジックボードとキーボードのバックライトコネクターの下にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。 スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからキーボードバックライトのコネクターを上向きにひねります。
    • ロジックボードとキーボードのバックライトコネクターの下にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからキーボードバックライトのコネクターを上向きにひねります。

  23. ディスプレイデーターケーブルのロックに固定されている黒色のプルタブを掴み、これをコンピューター内部のDC-In側に向けて回転させます。 ディスプレイデータケーブルをロジックボード上のソケットからまっすぐ引っ張ります。 ディスプレイデータケーブルを引き上げないでください。ソケットはとても壊れやすいたmです。ケーブルをロジックボードと並行する方向に引っ張ります。
    • ディスプレイデーターケーブルのロックに固定されている黒色のプルタブを掴み、これをコンピューター内部のDC-In側に向けて回転させます。

    • ディスプレイデータケーブルをロジックボード上のソケットからまっすぐ引っ張ります。

    • ディスプレイデータケーブルを引き上げないでください。ソケットはとても壊れやすいたmです。ケーブルをロジックボードと並行する方向に引っ張ります。

  24. ロジックボード上のソケットからヘッドホンジャックケーブルのコネクターを引き上げます。
    • ロジックボード上のソケットからヘッドホンジャックケーブルのコネクターを引き上げます。

  25. スパッジャーの先端を使って、マイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 フラップを固定している蝶番を持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。 プラスチックのプルタブを掴んで、マイクリボンケーブルをソケットから引っ張ります。
    • スパッジャーの先端を使って、マイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • フラップを固定している蝶番を持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • プラスチックのプルタブを掴んで、マイクリボンケーブルをソケットから引っ張ります。

  26. スパッジャーの平面側先端を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを引き上げます。 蝶番された固定フラップのみ引き上げてください。ソケット自体には接触しないようご注意ください。 プラスチック製のプルタブを掴み、ソケットからキーボードリボンケーブルを引きます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを引き上げます。

    • 蝶番された固定フラップのみ引き上げてください。ソケット自体には接触しないようご注意ください。

    • プラスチック製のプルタブを掴み、ソケットからキーボードリボンケーブルを引きます。

  27. 前の手順を繰り返して、Trackpadリボンケーブルをロジックボード上のソケットから接続を外します。 前の手順を繰り返して、Trackpadリボンケーブルをロジックボード上のソケットから接続を外します。 前の手順を繰り返して、Trackpadリボンケーブルをロジックボード上のソケットから接続を外します。
    • 前の手順を繰り返して、Trackpadリボンケーブルをロジックボード上のソケットから接続を外します。

  28. スパッジャーの平面側先端を右側スピーカーのケーブルコネクターの下に差し込みます。 ロジックボード上のソケットから丁寧に右側スピーカーのケーブルコネクターを引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を右側スピーカーのケーブルコネクターの下に差し込みます。

    • ロジックボード上のソケットから丁寧に右側スピーカーのケーブルコネクターを引き上げます。

    • コネクターのみ接触してください。ソケット自体には接触しないようご注意ください。

  29. スパッジャーの平面側先端を使って、SSDケーブルコネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、SSDケーブルコネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。

  30. スパッジャーの先端を左側スピーカーのケーブルコネクターの下に差し込みます。 丁寧に左側スピーカーのケーブルコネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。
    • スパッジャーの先端を左側スピーカーのケーブルコネクターの下に差し込みます。

    • 丁寧に左側スピーカーのケーブルコネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。

    • コネクターのみこじ開けます。ソケット自体には接触しないようご注意ください

  31. 天板にロジックボードとMagSafe DCボードを固定している3.3 mm T5トルクスネジを9本外します。
    • 天板にロジックボードとMagSafe DCボードを固定している3.3 mm T5トルクスネジを9本外します。

  32. ロジックボードの端を慎重に掴み(出入力ポートと反対側)、上部ケースからロジックボードを持ち上げます。 ロジックボードの端を慎重に掴み(出入力ポートと反対側)、上部ケースからロジックボードを持ち上げます。
    • ロジックボードの端を慎重に掴み(出入力ポートと反対側)、上部ケースからロジックボードを持ち上げます。

  33. MagSafe ケーブルコネクターの端をロジックボード上のソケットから押し出して、丁寧に接続を外します。 ここに翻訳を挿入する
    • MagSafe ケーブルコネクターの端をロジックボード上のソケットから押し出して、丁寧に接続を外します。

    • ここに翻訳を挿入する

  34. ロジックボード上のソケットからMagSafeケーブルコネクタをまっすぐ引き抜きます。
    • ロジックボード上のソケットからMagSafeケーブルコネクタをまっすぐ引き抜きます。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

10 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

595,261 ポイント

1,203のガイドは作成済み

コメント1件

Great tutorial. I would add two comments. Firstly between steps 14 and 15 there is a cable that needs to be unconnected (see other tutorials where it is detailed) - it needs to be "walked" out, and you ned to remember to reconnect this. Secondly when putting the logic board back in be sure not to trap any of the connectors underneath it. It is a real struggle! I ended up undoing the 6 screws that hold the main battery assembly in and lifting this slightly to give me space and allow me to reinsert the ribbon cables on that side of the board. The reason I needed to disassemble my laptop was that it kept going into sleep mode, sometimes every few seconds. Apple wanted to charge £550 to fix it. I found the problem was with the micro-switch that detects if the lid is closed (it would work fine in clamshell mode). Switch is between the thunder port and USB sockets. Sprayed with contact cleaner, isopropyl and antistatic spray and dried with hairdryer, been working a treat since! Cost of a pentalobe driver!

Hector - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 3

過去 7 日: 27

過去 30 日: 83

今までの合計 7,080