メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを参照して、ロジックボードを交換しましょう。

  1. 底ケースと上部ケースを留めている次のネジを10本外します。
    • 底ケースと上部ケースを留めている次のネジを10本外します。

    • 2.3 mm P5ペンタロープネジー2本

    • 3.0 mm P5 ペンタロープネジー8本

  2. 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。
    • 上部ケースと底ケースの間に指を差し込みます。

    • 丁寧に底ケースを上部ケースから外していきます。

    • 完全に底ケースを取り出します。

  3. 底ケースは上部ケースに中央部分にある2本のプラスチッククリップで繋がっています。 再組み立ての際は丁寧に2本のプラスチッククリップが再装着するように底ケースの中央に押し込みます。 再組み立ての際は丁寧に2本のプラスチッククリップが再装着するように底ケースの中央に押し込みます。
    • 底ケースは上部ケースに中央部分にある2本のプラスチッククリップで繋がっています。

    • 再組み立ての際は丁寧に2本のプラスチッククリップが再装着するように底ケースの中央に押し込みます。

  4. バッテリーボードに装着されているプラスチックカバーを外します。
    • バッテリーボードに装着されているプラスチックカバーを外します。

  5. ロジックボードにバッテリーボードを取り付けている次のネジを外します。
    • ロジックボードにバッテリーボードを取り付けている次のネジを外します。

    • 2.8 mm T6トルクスネジー2本

    • 7.0 mm T6トルクス肩付きネジー1本

  6. ピンセットを使って、バッテリーコネクターボードの右側底付近にある小さいプラスチックカバーを取り出します。 ピンセットを使って、バッテリーコネクターボードの右側底付近にある小さいプラスチックカバーを取り出します。
    • ピンセットを使って、バッテリーコネクターボードの右側底付近にある小さいプラスチックカバーを取り出します。

  7. バッテリーコネクターをロジックボードアセンブリに留めている広幅の6.4 mm T6トルクスネジを外します。
    • バッテリーコネクターをロジックボードアセンブリに留めている広幅の6.4 mm T6トルクスネジを外します。

  8. 丁寧にロジックボードからバッテリーコネクターボードを引き上げます。 若干バッテリーケーブルを曲げてください。ボードがロジックボード上で引き上げられた状態にして、作業の邪魔にならないようにします。
    • 丁寧にロジックボードからバッテリーコネクターボードを引き上げます。

    • 若干バッテリーケーブルを曲げてください。ボードがロジックボード上で引き上げられた状態にして、作業の邪魔にならないようにします。

    • ボードを完全に折り曲げたり、ケーブルにしわを入れないでください。バッテリーにダメージを与えてしまいます。

  9. ピンセットでインターポーザーを掴みます。 インターポーザーとはLSI間の接続を担う役割を持つインターフェイスの名称です。この修理ではバッテリーとロジックボードを接続しているボードを対象とします。
    • ピンセットでインターポーザーを掴みます。

    • インターポーザーとはLSI間の接続を担う役割を持つインターフェイスの名称です。この修理ではバッテリーとロジックボードを接続しているボードを対象とします。

    • インターポーザーをロジックボードから引き上げて外します。

    • このボードを取り外す際は修理作業中、バッテリーが完全に外されているか確認してください。コンピューターがアクシデントにより再起動しないようにご注意ください。バッテリーを取り出しておく事もおすすめです。

  10. ロジックボードに留められたヒートシンクから次のネジを外します。
    • ロジックボードに留められたヒートシンクから次のネジを外します。

    • 2.4 mm #00プラスネジー1本

    • 3.4 mm T5トルクスネジー1本

    • 2.7 mm T5トルクスネジー4本

    • ヒートシンクをロジックボードアセンブリから持ち上げて取り出します。

    • ヒートシンクを再インストールする際は放熱グリスを表面に塗ってください。もし放熱グリスを今まで使用したことがない方は、分かりやすい次のガイドをご覧ください。

  11. スパッジャーの平面側先端を使って、右側の出入力ボードデータのケーブルコネクターを出入力ボード上のソケットから引き上げます。 出入力ボードデータのケーブルコネクターをソケットから引き上げる際は、コネクターのみに接触するようご注意ください。ソケットには触らないでください。ソケットに触ってしまうと取り返しの付かないダメージを出入力ボードに与えてしまうことになります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、右側の出入力ボードデータのケーブルコネクターを出入力ボード上のソケットから引き上げます。

    • 出入力ボードデータのケーブルコネクターをソケットから引き上げる際は、コネクターのみに接触するようご注意ください。ソケットには触らないでください。ソケットに触ってしまうと取り返しの付かないダメージを出入力ボードに与えてしまうことになります。

  12. スパッジャーの平面側先端を左側の出入力ボードのデータケーブルコネクターの下に差し込みます。 スパッジャーを丁寧にひねりながら、出入力ボードのデータケーブルコネクターの接続をロジックボード上のソケットから外します。
    • スパッジャーの平面側先端を左側の出入力ボードのデータケーブルコネクターの下に差し込みます。

    • スパッジャーを丁寧にひねりながら、出入力ボードのデータケーブルコネクターの接続をロジックボード上のソケットから外します。

  13. MacBook Proから出入力ボードのデータケーブルを持ち上げて取り出します。
    • MacBook Proから出入力ボードのデータケーブルを持ち上げて取り出します。

  14. スパッジャーの先端を使って、iSightカメラのケーブルコネクターをまっすぐロジックボード上のソケットから持ち上げます。 iSightカメラのソケットから外すために、コネクターの両側を丁寧に押してください。
    • スパッジャーの先端を使って、iSightカメラのケーブルコネクターをまっすぐロジックボード上のソケットから持ち上げます。

    • iSightカメラのソケットから外すために、コネクターの両側を丁寧に押してください。

  15. iSightカメラケーブルを作業の邪魔にならない位置に動かします。 iSightカメラケーブルを作業の邪魔にならない位置に動かします。
    • iSightカメラケーブルを作業の邪魔にならない位置に動かします。

  16. スパッジャーの先端を使って、右側のファンリボンケーブルのZIF ソケット上にある固定フラップを持ち上げます。 丁番の固定フラップのみ持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。 右側のファンリボンケーブルをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、右側のファンリボンケーブルのZIF ソケット上にある固定フラップを持ち上げます。

    • 丁番の固定フラップのみ持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • 右側のファンリボンケーブルをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。

  17. ロジックボードアセンブリに留められた右側ファンから 3.1 mm T5トルクスネジを3本外します。
    • ロジックボードアセンブリに留められた右側ファンから 3.1 mm T5トルクスネジを3本外します。

  18. 上部ケースから右側ファンを持ち上げて取り出します。
    • 上部ケースから右側ファンを持ち上げて取り出します。

  19. スパッジャーの先端を使って、左側のファンリボンのケーブルZIFソケット上にあるフラップ全てを持ち上げます。 丁番のフラップのみに接触するようご注意ください。ソケット自体には触らないでください。
    • スパッジャーの先端を使って、左側のファンリボンのケーブルZIFソケット上にあるフラップ全てを持ち上げます。

    • 丁番のフラップのみに接触するようご注意ください。ソケット自体には触らないでください。

  20. ロジックボードアセンブリに留められた左側のファンより3.1 mm T5 トルクスネジを3本外します。
    • ロジックボードアセンブリに留められた左側のファンより3.1 mm T5 トルクスネジを3本外します。

  21. 上部ケースから左側ファンを持ち上げて外します。 左側のファンをまっすぐ持ちあげると同時に、左側のファンリボンケーブルもロジックボード上のソケットから持ち上げます。
    • 上部ケースから左側ファンを持ち上げて外します。

    • 左側のファンをまっすぐ持ちあげると同時に、左側のファンリボンケーブルもロジックボード上のソケットから持ち上げます。

  22. スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから出入力ボードコネクタをまっすぐ引き上げて接続を外します。 ソケットから取り出す際にはコネクターの両側を丁寧に押してください。 ソケットから取り出す際にはコネクターの両側を丁寧に押してください。
    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボード上のソケットから出入力ボードコネクタをまっすぐ引き上げて接続を外します。

    • ソケットから取り出す際にはコネクターの両側を丁寧に押してください。

  23. ロジックボードとキーボードのバックライトコネクターの下にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。 スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからキーボードバックライトのコネクターを上向きにひねります。
    • ロジックボードとキーボードのバックライトコネクターの下にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからキーボードバックライトのコネクターを上向きにひねります。

  24. ディスプレイデーターケーブルのロックに固定されている黒色のプルタブを掴み、これをコンピューター内部のDC-In側に向けて回転させます。 ディスプレイデータケーブルをロジックボード上のソケットからまっすぐ引っ張ります。 ディスプレイデータケーブルを引き上げないでください。ソケットはとても壊れやすいたmです。ケーブルをロジックボードと並行する方向に引っ張ります。
    • ディスプレイデーターケーブルのロックに固定されている黒色のプルタブを掴み、これをコンピューター内部のDC-In側に向けて回転させます。

    • ディスプレイデータケーブルをロジックボード上のソケットからまっすぐ引っ張ります。

    • ディスプレイデータケーブルを引き上げないでください。ソケットはとても壊れやすいたmです。ケーブルをロジックボードと並行する方向に引っ張ります。

  25. ロジックボード上のソケットからヘッドホンジャックケーブルのコネクターを引き上げます。
    • ロジックボード上のソケットからヘッドホンジャックケーブルのコネクターを引き上げます。

  26. スパッジャーの先端を使って、マイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 フラップを固定している蝶番を持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。 プラスチックのプルタブを掴んで、マイクリボンケーブルをソケットから引っ張ります。
    • スパッジャーの先端を使って、マイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • フラップを固定している蝶番を持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • プラスチックのプルタブを掴んで、マイクリボンケーブルをソケットから引っ張ります。

  27. スパッジャーの平面側先端を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを引き上げます。 蝶番された固定フラップのみ引き上げてください。ソケット自体には接触しないようご注意ください。 プラスチック製のプルタブを掴み、ソケットからキーボードリボンケーブルを引きます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを引き上げます。

    • 蝶番された固定フラップのみ引き上げてください。ソケット自体には接触しないようご注意ください。

    • プラスチック製のプルタブを掴み、ソケットからキーボードリボンケーブルを引きます。

  28. 前の手順を繰り返して、Trackpadリボンケーブルをロジックボード上のソケットから接続を外します。 前の手順を繰り返して、Trackpadリボンケーブルをロジックボード上のソケットから接続を外します。 前の手順を繰り返して、Trackpadリボンケーブルをロジックボード上のソケットから接続を外します。
    • 前の手順を繰り返して、Trackpadリボンケーブルをロジックボード上のソケットから接続を外します。

  29. スパッジャーの平面側先端を右側スピーカーのケーブルコネクターの下に差し込みます。 ロジックボード上のソケットから丁寧に右側スピーカーのケーブルコネクターを引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を右側スピーカーのケーブルコネクターの下に差し込みます。

    • ロジックボード上のソケットから丁寧に右側スピーカーのケーブルコネクターを引き上げます。

    • コネクターのみ接触してください。ソケット自体には接触しないようご注意ください。

  30. スパッジャーの平面側先端を使って、SSDケーブルコネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、SSDケーブルコネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。

  31. スパッジャーの先端を左側スピーカーのケーブルコネクターの下に差し込みます。 丁寧に左側スピーカーのケーブルコネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。
    • スパッジャーの先端を左側スピーカーのケーブルコネクターの下に差し込みます。

    • 丁寧に左側スピーカーのケーブルコネクターをロジックボード上のソケットから引き上げます。

    • コネクターのみこじ開けます。ソケット自体には接触しないようご注意ください

  32. 天板にロジックボードとMagSafe DCボードを固定している3.3 mm T5トルクスネジを9本外します。
    • 天板にロジックボードとMagSafe DCボードを固定している3.3 mm T5トルクスネジを9本外します。

  33. ロジックボードの端を慎重に掴み(出入力ポートと反対側)、上部ケースからロジックボードを持ち上げます。 ロジックボードの端を慎重に掴み(出入力ポートと反対側)、上部ケースからロジックボードを持ち上げます。
    • ロジックボードの端を慎重に掴み(出入力ポートと反対側)、上部ケースからロジックボードを持ち上げます。

  34. MagSafe ケーブルコネクターの端をロジックボード上のソケットから押し出して、丁寧に接続を外します。 ここに翻訳を挿入する
    • MagSafe ケーブルコネクターの端をロジックボード上のソケットから押し出して、丁寧に接続を外します。

    • ここに翻訳を挿入する

  35. ロジックボード上のソケットからMagSafeケーブルコネクタをまっすぐ引き抜きます。
    • ロジックボード上のソケットからMagSafeケーブルコネクタをまっすぐ引き抜きます。

  36. ロジックボードが残ります。
    • ロジックボードが残ります。

まとめ

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

22 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

railgunさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

597,728 ポイント

1,203のガイドは作成済み

コメント1件

NOTE: The logic boards you are placing into your Macbook Pro as a replacement probably are not coming from systems that are current and actively being used (they may have been on the shelf for a while)…more importantly they are almost certainly not coming from systems that were fully updated and running MacOS High Sierra. Realize that if you have updated your Macbook and are running High Sierra, your hard drive has been converted to the latest APFS Apple file system. In order for an older logic board to be able to read any of your APFS hard drive will require that the logic board gets the latest SMC/firmware updates. Without this you will not be able to boot from your hard drive. See how I was able to correct this dilemma here: Hard Drive/OS not recognized after logic board replacement

TimD - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 5

過去 7 日: 53

過去 30 日: 218

今までの合計 17,110