メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

ヒートシンクもしくは、放熱グリスを交換するにはこのガイドを参照してください。

  1. 作業を始める前に、MacBookの電源を落として下さい。ディスプレイを閉じ柔らかい表面の上に置いてください。
    • 作業を始める前に、MacBookの電源を落として下さい。ディスプレイを閉じ柔らかい表面の上に置いてください。

    • P5ペンタローブドライバーを使って、下部ケースをはずしてください。ネジは次の長さに分かれます。

    • 9mm ネジー 2本

    • 2.6mm ネジー 8本

  2. ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、上に引っ張って下部ケースを本体から外します。
    • ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、上に引っ張って下部ケースを本体から外します。

    • 下部ケースを取り外して脇に置きます。

  3. アクシデントで放電や感電を防ぐために、ロジックボードからバッテリコネクタを外してください。 バッテリコネクタに付いている透明なプラスチック製のプルタブをつかみ、Airの前端に向かって引っ張り、ロジックボードからバッテリの接続を外します。
    • アクシデントで放電や感電を防ぐために、ロジックボードからバッテリコネクタを外してください。

    • バッテリコネクタに付いている透明なプラスチック製のプルタブをつかみ、Airの前端に向かって引っ張り、ロジックボードからバッテリの接続を外します。

    • コネクタをバッテリー側に向けて水平に引っ張ってください。ロジックボード上のソケットにダメージを与えてしまうため、Air本体から上に引っぱらないでください。

  4. スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットからI/Oボードケーブルのコネクタを上向きに跳ね上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットからI/Oボードケーブルのコネクタを上向きに跳ね上げます。

  5. ファン上部からI/Oボードケーブルを慎重に剥がします。
    • ファン上部からI/Oボードケーブルを慎重に剥がします。

  6. 次のコネクタには特にソケットが深くなっています。慎重に、ソケットから外してください。 I / Oボードケーブルをロジックボードとの接続付近に向けて慎重に引き上げて、スパッジャーの先端を使ってコネクタの両側を上向きにソケットから引き抜きます。
    • 次のコネクタには特にソケットが深くなっています。慎重に、ソケットから外してください。

    • I / Oボードケーブルをロジックボードとの接続付近に向けて慎重に引き上げて、スパッジャーの先端を使ってコネクタの両側を上向きにソケットから引き抜きます。

    • I / Oボードケーブルを取り出します。

  7. スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、蝶番になった固定フラップのみを持ち上げているか確認してください。

  8. Manta Driver Kit

    どんな修理にでも対応可能な112ビット

    Upgrade Your Toolbox

    Manta Driver Kit

    Upgrade Your Toolbox
  9. ファンの上部にゴム製ガスケットを留めている接着剤を剥がします。
    • ファンの上部にゴム製ガスケットを留めている接着剤を剥がします。

  10. 上部ケースにファンを固定している次の3本のネジを外します。
    • 上部ケースにファンを固定している次の3本のネジを外します。

    • 3.6 mm T5トルクスネジー1本

    • 2.7 mm T5トルクスネジー1本

    • 3.6 mm T5トルクスネジ(短頭)ー1本

  11. 上部ケースからファンを持ち上げて、ファンのリボンケーブルをソケットから引き出し、Air本体から取り出します。
    • 上部ケースからファンを持ち上げて、ファンのリボンケーブルをソケットから引き出し、Air本体から取り出します。

  12. ロジックボード上のソケットから電源ケーブルを引き抜いて、I/O ボードの接続を外します。
    • ロジックボード上のソケットから電源ケーブルを引き抜いて、I/O ボードの接続を外します。

    • Airの右側端側のロジックボードの表面と平行にケーブルを引き抜きます。

  13. I / Oボード表面と平行にカメラケーブルをAirのコーナー側に向けて引き抜いてソケットから切り離します。スパッジャーの先端を使って、コネクタをソケットから押し出します。
    • I / Oボード表面と平行にカメラケーブルをAirのコーナー側に向けて引き抜いてソケットから切り離します。スパッジャーの先端を使って、コネクタをソケットから押し出します。

    • このケーブルを外すときに、ケーブルを上向きに持ち上げないでください。ソケットがロジックボードを破損する可能性があります。

  14. スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから左側スピーカーケーブルコネクタを持ち上げて外します。 ワイヤーの下から持ち上げてください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから左側スピーカーケーブルコネクタを持ち上げて外します。

    • ワイヤーの下から持ち上げてください。

    • I/Oボード上のリテイナーから左側スピーカーケーブルを巻き戻してください。

  15. スパッジャーの平面側先端を使って、マイクロフォンリボンケーブルのコネクタをI/Oボード上のソケットからこじ開けます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、マイクロフォンリボンケーブルのコネクタをI/Oボード上のソケットからこじ開けます。

    • ワイヤの下からこじ開けます。

  16. I/Oボードを上部ケースに固定している3.6mm T5トルクスネジを1本外します。
    • I/Oボードを上部ケースに固定している3.6mm T5トルクスネジを1本外します。

  17. ロジックボードに一番近い端から I/Oボードを慎重に持ち上げて、上部ケースから取り出します。
    • ロジックボードに一番近い端から I/Oボードを慎重に持ち上げて、上部ケースから取り出します。

  18. 左側ディスプレイヒンジ上のアンテナケーブルリテーナーを上部ケースに固定している4.9mm T8トルクスネジを2本外します。
    • 左側ディスプレイヒンジ上のアンテナケーブルリテーナーを上部ケースに固定している4.9mm T8トルクスネジを2本外します。

  19. アンテナけーブルリテイナーを押し出して、ヒートシンクを上部ケースに固定している3mm T5トルクスネジを外します。
    • アンテナけーブルリテイナーを押し出して、ヒートシンクを上部ケースに固定している3mm T5トルクスネジを外します。

  20. ヒートシンクをロジックボードに固定している2.5mm T5トルクスネジを4本外します。
    • ヒートシンクをロジックボードに固定している2.5mm T5トルクスネジを4本外します。

    • 5本のネジをはずした後、ヒートシンクがロジックボードに詰まっている場合、スパッジャーを使ってCPUとGPUの表面からヒートシンクを慎重にに外してください。

    • ロジックボードからヒートシンクを外します。

    • ヒートシンクを再装着する際は、放熱グリスを新しく塗布してください。初めての作業の方向けにガイドを公開しています

  21. これらの画像は、再組み立て時のゴム製ファンガスケットを取り付ける方法を示しています。 上部ケースにネジで固定されているヒートシンク先端の下にガスケットを取り付けないでください。 さらに、ゴム製ガスケット上に付けられた小さなポストが、ロジックボード右上のコーナーに切り込まれたホールと位置が合わさっているか確認してください。
    • これらの画像は、再組み立て時のゴム製ファンガスケットを取り付ける方法を示しています。 上部ケースにネジで固定されているヒートシンク先端の下にガスケットを取り付けないでください。

    • さらに、ゴム製ガスケット上に付けられた小さなポストが、ロジックボード右上のコーナーに切り込まれたホールと位置が合わさっているか確認してください。

ゴール

26 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Bookholt

537,602 ポイント

618のガイドは作成済み

3 件のコメント

Excellent instructions / guide. Replaced both heat sink and fan without a hitch. Thank you!

Robert Makar - 返信

I wanted to bring my old 2011 MBA back to life since its still running strong, so I followed this with a new thermal paste, good cleaning and a new battery, its like a brand new computer now. Glad I got the ifixit kit as well when I ordered the battery. Hope to keep this MBS going another year or two before I upgrade. Now I need to do the same with my MBP 2010 for fun.

John Ficchi - 返信

I have a mid-2011 MacBook Air identical to the model in the instructions, and it frequently gets up to 80C when running under a heavier load. I am planning to disassemble it entirely and repaste the machine, and fully blow out the inside. I will post on here when I get it done and see how it runs! Thanks for the guide!

Sam - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 25

過去 30 日: 233

今までの合計 23,775