メインコンテンツにスキップ
    • 作業を始める前に、コンピュータの電源を落として下さい。ディスプレイを閉じ柔らかい表面の上に置いてください。

    • 次の10本のネジを取り外します。

    • 9mm P5 星形ペンタロープネジ 2本

    • 2.6mm P5 星形ペンタロープネジ 8本

    • 8本の星形ペンタローブネジを取り外すために必要な特殊ドライバーは、こちらです。

  1. ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、上に引っ張って下部ケースを本体から外します。
    • ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、上に引っ張って下部ケースを本体から外します。

    • 下部ケースを取り外して脇に置きます。

  2. バッテリーコネクターに付けられている透明なプラスチックのプルタブを掴みAir本体の前側に向かって引き基盤からバッテリーを切り離します。
    • バッテリーコネクターに付けられている透明なプラスチックのプルタブを掴みAir本体の前側に向かって引き基盤からバッテリーを切り離します。

    • 切り離す際にコネクターを上方に持ち上げないで下さい。

  3. バッテリを上部ケースに固定している以下の5本のネジを外します:
    • バッテリを上部ケースに固定している以下の5本のネジを外します:

    • 6.3 mm T5トルクスねじ 3本

    • 2.4 mm T5トルクスねじ 2本

  4. PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る

    PCラップトップ用バッテリー

    An easy fix for a big power boost.

    ショップを見る
  5. バッテリーを取り扱う際は、露出している4つのリチウムポリマー電池のセル部分を握ったり触ったりしないでください。
    • バッテリーを取り扱う際は、露出している4つのリチウムポリマー電池のセル部分を握ったり触ったりしないでください。

    • バッテリーをロジックボードに近い上端から持ち上げ、上部ケースから取り外します。

    • この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーのカリブレーションを行なってください。

    • 100%になるまで充電します。充電後も最低2時間はプラグを繋げたままにします。それからプラグを外して、通常通り使用しながら、自然に放電させます。バッテリー残量小のサインが表示されたら、これまでの作業を保存して、スリープ状態になるまで放置してください。スリープ状態に入ったら、少なくとも5時間置きます。それから一気に100%まで充電します。

    • 新しいバッテリーを装着後、通常通り作動しない場合は、MacBook ProのSMCをリセットしなければならない可能性があります。

  6. スパッジャーの先端もしくは指の爪先を使って、トラックパッドリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを跳ね上げて裏返します。 蝶番になった固定フラップのみこじ開けているか確認してください。ソケット自体には接触しないでください。 トラックパッドのリボンケーブルを、Airのリアケース端に向けてまっすぐ引っ張ります。
    • スパッジャーの先端もしくは指の爪先を使って、トラックパッドリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを跳ね上げて裏返します。

    • 蝶番になった固定フラップのみこじ開けているか確認してください。ソケット自体には接触しないでください。

    • トラックパッドのリボンケーブルを、Airのリアケース端に向けてまっすぐ引っ張ります。

  7. 注意しながら片手でキーボードリボンケーブルを持ち上げながら、スパッジャーの先端または指の爪先を使用して、キーボードリボンケーブルZIFソケットの固定フラップを持ち上げます。 ソケット自体ではなく、蝶番付きの保持フラップを持ち上げているか確認してください。
    • 注意しながら片手でキーボードリボンケーブルを持ち上げながら、スパッジャーの先端または指の爪先を使用して、キーボードリボンケーブルZIFソケットの固定フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、蝶番付きの保持フラップを持ち上げているか確認してください。

    • キーボードのリボンケーブルをソケットからAirのフロントエッジに向けて、まっすぐ引っ張り、外します。

  8. 次の12本のネジを外します。
    • 次の12本のネジを外します。

    • トラックパッドを上部ケースに固定している1.6 mmプラスネジー6本

    • トラックパッドのブラケットをトラックパッドに固定している1.6 mmプラスネジー6本

  9. 左右のトラックパッドのブラケットを上部ケースから取り出します。
    • 左右のトラックパッドのブラケットを上部ケースから取り出します。

  10. 再組み立ての際には、トラックパッドのクリック動作を確認してください。
    • 再組み立ての際には、トラックパッドのクリック動作を確認してください。

    • ケースの前端付近の1.4 mm T5トルクスネジを正しく調整する必要があります。

    • 締めすぎると、ボタンはある地点でクリック機能が止まってしまいます。 トラックパッドのクリック側が最小限になるまで、止めねじを調整します。

    • トラックパッドを取り出すために、このネジを外す必要はありません。

  11. スパッジャーの平面側先端を使って、丁寧に上部ケースの奥からキーボード側に近いトラックパッドの端をゆっくりと持ち上げ、上部ケースに付けられたブラケットから外します。 上部ケースからトラックパッドを取り出します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、丁寧に上部ケースの奥からキーボード側に近いトラックパッドの端をゆっくりと持ち上げ、上部ケースに付けられたブラケットから外します。

    • 上部ケースからトラックパッドを取り出します。

まとめ

デバイスを再組み立てするには、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

23 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

603,894 ポイント

1,203のガイドは作成済み

Great write up. Where can I find the keyboard ribbon cable? (the wide one that doesn't make any 90s. I tore mine with metal tweezers. Can't find the wide cable anywhere.

ahaffke - 返信

shhhhh, it's called ie bAe eYe

emaginechild -

even a 65 year old can do it! (with magnifying glasses) Thank! Fixed the dirty, sticking trackpad!

Scott Salling - 返信

Step 10 should not be done! This is a pure adjustment screw for the clickpoint. Only readjust there, in case clicking does not feel okay after a change of the trackpad. Usually no adjusment is necessary. The trackpad comes out easily after Step 8

Schritt 10 ist falsch! Diese Schraube dient lediglich der Justage des Druckpunkts des Klicks. Sie muss nur verstellt werden, falls der Klick nach dem Wechsel des Trackpads nicht mehr ok ist. Das Trackpad lässt sich aber bereits nach Schritt 8 problemlos entnehmen.

Marc Malkwitz - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 14

過去 7 日: 68

過去 30 日: 351

今までの合計 28,964