メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドを参照して、ロジックボードを交換します。

  1. 作業を始める前に、MacBookの電源を落として下さい。ディスプレイを閉じ柔らかい表面の上に置いてください。
    • 作業を始める前に、MacBookの電源を落として下さい。ディスプレイを閉じ柔らかい表面の上に置いてください。

    • P5ペンタローブドライバーを使って、下部ケースをはずしてください。ネジは次の長さに分かれます。

    • 9mm ネジー 2本

    • 2.6mm ネジー 8本

  2. ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、上に引っ張って下部ケースを本体から外します。
    • ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、上に引っ張って下部ケースを本体から外します。

    • 下部ケースを取り外して脇に置きます。

  3. アクシデントで放電や感電を防ぐために、ロジックボードからバッテリコネクタを外してください。 バッテリコネクタに付いている透明なプラスチック製のプルタブをつかみ、Airの前端に向かって引っ張り、ロジックボードからバッテリの接続を外します。
    • アクシデントで放電や感電を防ぐために、ロジックボードからバッテリコネクタを外してください。

    • バッテリコネクタに付いている透明なプラスチック製のプルタブをつかみ、Airの前端に向かって引っ張り、ロジックボードからバッテリの接続を外します。

    • コネクタをバッテリー側に向けて水平に引っ張ってください。ロジックボード上のソケットにダメージを与えてしまうため、Air本体から上に引っぱらないでください。

  4. スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットからI/Oボードケーブルのコネクタを上向きに跳ね上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットからI/Oボードケーブルのコネクタを上向きに跳ね上げます。

  5. ファン上部からI/Oボードケーブルを慎重に剥がします。
    • ファン上部からI/Oボードケーブルを慎重に剥がします。

  6. 次のコネクタには特にソケットが深くなっています。慎重に、ソケットから外してください。 I / Oボードケーブルをロジックボードとの接続付近に向けて慎重に引き上げて、スパッジャーの先端を使ってコネクタの両側を上向きにソケットから引き抜きます。
    • 次のコネクタには特にソケットが深くなっています。慎重に、ソケットから外してください。

    • I / Oボードケーブルをロジックボードとの接続付近に向けて慎重に引き上げて、スパッジャーの先端を使ってコネクタの両側を上向きにソケットから引き抜きます。

    • I / Oボードケーブルを取り出します。

  7. スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、蝶番になった固定フラップのみを持ち上げているか確認してください。

  8. ファンの上部にゴム製ガスケットを留めている接着剤を剥がします。
    • ファンの上部にゴム製ガスケットを留めている接着剤を剥がします。

  9. 上部ケースにファンを固定している次の3本のネジを外します。
    • 上部ケースにファンを固定している次の3本のネジを外します。

    • 3.6 mm T5トルクスネジー1本

    • 2.7 mm T5トルクスネジー1本

    • 3.6 mm T5トルクスネジ(短頭)ー1本

  10. 上部ケースからファンを持ち上げて、ファンのリボンケーブルをソケットから引き出し、Air本体から取り出します。
    • 上部ケースからファンを持ち上げて、ファンのリボンケーブルをソケットから引き出し、Air本体から取り出します。

  11. ロジックボード上のソケットから電源ケーブルを引き抜いて、I/O ボードの接続を外します。
    • ロジックボード上のソケットから電源ケーブルを引き抜いて、I/O ボードの接続を外します。

    • Airの右側端側のロジックボードの表面と平行にケーブルを引き抜きます。

  12. I / Oボード表面と平行にカメラケーブルをAirのヒンジ側に向けて引き抜いてソケットから切り離します。スパッジャーの先端を使って、コネクタをソケットから押し出します。
    • I / Oボード表面と平行にカメラケーブルをAirのヒンジ側に向けて引き抜いてソケットから切り離します。スパッジャーの先端を使って、コネクタをソケットから押し出します。

    • このケーブルを外すときに、ケーブルを上向きに持ち上げないでください。ソケットがロジックボードを破損する可能性があります。

  13. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  14. スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから左側スピーカーケーブルコネクタを持ち上げて外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから左側スピーカーケーブルコネクタを持ち上げて外します。

    • ワイヤーの下から持ち上げてください。

  15. スパッジャーの先端を使って、マイクロフォンリボンケーブルをI/Oボードに留めている固定フラップを跳ね上げます。 スパッジャーの先端を使って、I/Oボード上のZIFコネクタから音量ボタンのリボンケーブルを取り外します。
    • スパッジャーの先端を使って、マイクロフォンリボンケーブルをI/Oボードに留めている固定フラップを跳ね上げます。

    • スパッジャーの先端を使って、I/Oボード上のZIFコネクタから音量ボタンのリボンケーブルを取り外します。

  16. I/Oボードを上部ケースに固定している4.0mm T5トルクスネジを1本外します。
    • I/Oボードを上部ケースに固定している4.0mm T5トルクスネジを1本外します。

  17. ロジックボードに一番近い端から I/Oボードを慎重に持ち上げて、上部ケースから取り出します。
    • ロジックボードに一番近い端から I/Oボードを慎重に持ち上げて、上部ケースから取り出します。

  18. バッテリーを上部ケースに固定している次の5本のネジを外します。
    • バッテリーを上部ケースに固定している次の5本のネジを外します。

    • 6.3mm T5トルクスネジ 3本

    • 2.4mm T5トルクスネジ 2本

  19. バッテリー取り外す際は、4つのリチウムポリマーセルを握ったり触らないでください。
    • バッテリー取り外す際は、4つのリチウムポリマーセルを握ったり触らないでください。

    • バッテリーをロジックボードに近い端から持ち上げて、上部ケースから取り出します。

  20. スパッジャーもしくは指先を使って、トラックパッドのリボンケーブルZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 ソケット自体ではなく、ヒンジ状の固定フラップを持ち上げてください。
    • スパッジャーもしくは指先を使って、トラックパッドのリボンケーブルZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、ヒンジ状の固定フラップを持ち上げてください。

    • トラックパッドリボンケーブルを、Airのフロントエッジ側に向けてソケットからまっすぐ引き抜いてください。

  21. スパッジャーの先端を使って、キーボードのバックライトリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 ソケット自体ではなく、ヒンジ状の固定フラップを持ち上げているか確認してください。
    • スパッジャーの先端を使って、キーボードのバックライトリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、ヒンジ状の固定フラップを持ち上げているか確認してください。

    • スパッジャーを使って、ソケットからケーブルを引き抜きます。

  22. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットから右側スピーカーケーブルのコネクタを外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットから右側スピーカーケーブルのコネクタを外します。

    • ケーブルの下からこじ開けます。

  23. スパッジャーの先端を、ディスプレイデータケーブルのロックに付けられた黒いプラスチックのフラップ下に慎重に押し込んで、ロックを上方に持ち上げてソケットから外します。 ロックをソケットから離しながら、スパッジャーの先端と指を使って、ソケットからディスプレイデータケーブルをゆっくりと外します。 デイスプレイデーターケーブルを上向きに引っ張らないでください。ソケットがロジックボードから外れてしまう可能性があります。
    • スパッジャーの先端を、ディスプレイデータケーブルのロックに付けられた黒いプラスチックのフラップ下に慎重に押し込んで、ロックを上方に持ち上げてソケットから外します。

    • ロックをソケットから離しながら、スパッジャーの先端と指を使って、ソケットからディスプレイデータケーブルをゆっくりと外します。

    • デイスプレイデーターケーブルを上向きに引っ張らないでください。ソケットがロジックボードから外れてしまう可能性があります。

  24. スパッジャーの平面側先端を使って、アンテナケーブルコネクタをAirPort/Bluetoothカード上のソケットから持ち上げて、外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、アンテナケーブルコネクタをAirPort/Bluetoothカード上のソケットから持ち上げて、外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、アンテナケーブルコネクタをAirPort/Bluetoothカード上のソケットから持ち上げて、外します。

  25. アンテナケーブルを、ロジックボードに付いているスロットの溝から解いて外します。
    • アンテナケーブルを、ロジックボードに付いているスロットの溝から解いて外します。

  26. ロジックボードにSSDを固定している2.85mm T5トルクスネジを外します。
    • ロジックボードにSSDを固定している2.85mm T5トルクスネジを外します。

  27. ソケットにダメージを与えないように、SSDの先端を過度に持ち上げないでください。 ドライブをソケットからまっすぐ引き抜き、ロジックボードから外します。
    • ソケットにダメージを与えないように、SSDの先端を過度に持ち上げないでください。

    • ドライブをソケットからまっすぐ引き抜き、ロジックボードから外します。

    • SSDを再装着する際は、ネジを締める前に正しい位置に取り付けているか確認してください。

  28. ロジックボードを上部ケースに固定している6.3mmT5トルクスネジを6本外します。
    • ロジックボードを上部ケースに固定している6.3mmT5トルクスネジを6本外します。

  29. 左側クラッチのヒンジとアンテナケーブルリテイナーを上部ケースに固定している内側の4.9mmT8トルクスネジを2本外します。
    • 左側クラッチのヒンジとアンテナケーブルリテイナーを上部ケースに固定している内側の4.9mmT8トルクスネジを2本外します。

  30. アンテナケーブルのリテイナーをわずかに押し出して、上部ケースにヒートシンクの先端を固定している3mm T5トルクスネジを外します。
    • アンテナケーブルのリテイナーをわずかに押し出して、上部ケースにヒートシンクの先端を固定している3mm T5トルクスネジを外します。

  31. 慎重に上部ケースからロジックボードアセンブリを取り出します。ケーブルが絡まっていないかご注意ください。
    • 慎重に上部ケースからロジックボードアセンブリを取り出します。ケーブルが絡まっていないかご注意ください。

    • ロジックボード先端のヒートシンクを、上部ケースから持ち上げる際に、作業の邪魔にならないようアンテナケーブルを離してください。

  32. AirPort/Bluetoothカードをロジックボードに固定している2.9mm T5トルクスネジを1本外します。
    • AirPort/Bluetoothカードをロジックボードに固定している2.9mm T5トルクスネジを1本外します。

  33. AirPort /Bluetoothボードの先端をわずかに持ち上げて外し、ロジックボード上のソケットから引き抜きます。 AirPort /Bluetoothボードをロジックボードから取り出します。
    • AirPort /Bluetoothボードの先端をわずかに持ち上げて外し、ロジックボード上のソケットから引き抜きます。

    • AirPort /Bluetoothボードをロジックボードから取り出します。

  34. ヒートシンクをロジックボードに固定している2.5mm T5トルクスネジを4本外します。
    • ヒートシンクをロジックボードに固定している2.5mm T5トルクスネジを4本外します。

    • 4本のネジをすべて取り外した後、ヒートシンクがロジックボードに引っかかっている場合、スパッジャーを使って、CPUおよびGPU側からヒートシンクを慎重に離します。

    • ロジックボードからヒートシンクを取り出します。

    • ヒートシンクを再装着する際は、新しい放熱グリスを塗布してください。作業用ガイドを公開しています。

  35. ロジックボードが残ります。 ロジックボードを再装着する際は、ゴム製ガスケットが正しく装着されているか確認してください。ガスケット上の突起は、ヒートシンクのファン付近にあるロジックボード上の切り欠きと合わさります。
    • ロジックボードが残ります。

    • ロジックボードを再装着する際は、ゴム製ガスケットが正しく装着されているか確認してください。ガスケット上の突起は、ヒートシンクのファン付近にあるロジックボード上の切り欠きと合わさります。

    • ゴム製ガスケットはヒートシンクの先端と合わさります。2番目の画像を参照してください。

終わりに

デバイスを再組立する際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

43 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

448,881 ポイント

411のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

124 メンバー

11,596のガイドは作成済み

7 件のコメント

Those connections are scary small! The speaker connections in particular are very fragile and hard to get under to lift off. One of mine came apart, but it could be reassembled by first placing the plastic connector in the socket and carefully connecting the metal terminations into it. Be careful to orient the slot in the wire termination so it is vertical to interface with the lug in the socket, if that happens to you.

I had the dreaded "3 beep" (memory failure) problem and ordered a new logic board. Only when I had the old board out did I realize there was a compatibility problem- different board versions, connectors did not match. Since I was stuck anyway, I baked my old board in the oven (325 for 10 minutes) and reassembled it all so I would not lose any parts. I was surprised to have it boot up with the old (baked) board!

feraltech - 返信

I hate these lazy Haynes Manual type of articles that just tear down a product and give zero insight to the actual assembly. It's the type of knowledge that is just enough to be dangerous. Countless of times I've encountered that assembly IS NOT reverse of disassembly, where a specific tool or technique is required that is not covered in this lazy style of articles.

9 times out of 10, disassembly is the easy part and assembly the hard part.

vince chase - 返信

I did not find that to be an issue with this guide, reassembly was quite easy and was just the reverse of assembly. The whole thing took by less than 90 minutes beginning to end.

Mike Dacre - 返信

I feel that almost all assembly steps don't need repeating( a follow up reassemble step). In my opinion, assemble/reassemble steps involving a ribbon/flex cable and ZIF socket would be helpful, especially for newbies. Thats just one techs opinion. All that said, I feel the author did a fantastic job and I had no trouble removing/reinstalling my logic board and components. Thank you A. Goldberg and keep up the good work.

Pete - 返信

Great guide! I wish I had found this before I followed the ‘tear down’ guide; hopefully I didn’t break anything doing it that way. The I/O board camera connector was the worst — it really requires quite a pull to release. It would be ideal to have a close-up showing exactly where to put the spudger tip to push. Also, the speakers were rather well glued down, but eventually did release. Pointing out where the glue point is (in the notch just before the bend on the right=hand one) would have helped me.

richshop2 - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 12

過去 7 日: 73

過去 30 日: 395

今までの合計 51,538