メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドを参照して、上部ケースを交換しましょう。

  1. 作業を始める前に、デバイス本体を閉じて裏返し、タオルなど柔らかい表面上に載せてください。
    • 作業を始める前に、デバイス本体を閉じて裏返し、タオルなど柔らかい表面上に載せてください。

    • 次のネジを10本外します。

    • 9 mm 星形ペンタローブネジー2本

    • 2.6 mm 星形ペンタローブネジー8本

    • この星形ペンタローブネジを外すには特殊ドライバーが必要です。こちらからご購入できます。

  2. 指をディスプレイと下部ケースの間に差し込み、Airから下部ケースを持ち上げます。
    • 指をディスプレイと下部ケースの間に差し込み、Airから下部ケースを持ち上げます。

    • 下部ケースを取り出して、傍に置きます。

  3. 念のため放電を避けるため、ロジックボードからバッテリコネクタを外すことをお勧めします。 この手順はオプションであり、必須ではありません。
    • 念のため放電を避けるため、ロジックボードからバッテリコネクタを外すことをお勧めします。 この手順はオプションであり、必須ではありません。

    • バッテリコネクタに付いている透明プラスチックのプルタブをつかみ、Airの前方に向けて引っ張り、ロジックボードからバッテリーを外します。

    • コネクタを外すときにコネクタを上に持ち上げないでください。

  4. スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットからI/Oボードケーブルコネクタを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットからI/Oボードケーブルコネクタを持ち上げます。

  5. 次のコネクタには特にディープソケットが付いています。接続を外す際は、慎重に作業を行なってください。 I/O ボードケーブルをファン上部から慎重に剥がします。
    • 次のコネクタには特にディープソケットが付いています。接続を外す際は、慎重に作業を行なってください。

    • I/O ボードケーブルをファン上部から慎重に剥がします。

    • 慎重にロジックボードに接続された付近のI/O ボードケーブルを上方に引き上げながら、スパッジャーの先端を使って、ソケットからコネクタ両側を上側に少しずつこじ開けて外します。

    • I/O ボードケーブルを外します。

  6. スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、ファンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、ヒンジの固定フラップをこじ開けているか確認してください。

  7. ファン上部の接着剤からゴム製ガスケットを剥がします。
    • ファン上部の接着剤からゴム製ガスケットを剥がします。

  8. 上部ケースにファンを固定している3本のネジを外します。
    • 上部ケースにファンを固定している3本のネジを外します。

    • 3.6 mm T5トルクスネジー1本

    • 2.7 mm T5トルクスネジー1本

    • 3.6 mm T5トルクスネジ(小頭ネジ)ー1本

  9. 上部ケースからファンを持ち上げ、慎重にファンリボンケーブルのソケットからケーブルを外して、Airから取り出します。
    • 上部ケースからファンを持ち上げ、慎重にファンリボンケーブルのソケットからケーブルを外して、Airから取り出します。

  10. ロジックボード上のソケットから電源ケーブルを引っ張り、I/Oボードの接続を外します。
    • ロジックボード上のソケットから電源ケーブルを引っ張り、I/Oボードの接続を外します。

    • ケーブルをAir本体右側端に向けて、ロジックボードの表面に並行してケーブルを引きます。

  11. スパッジャーの先端を使って、コネクタをソケットから押し出しながら、カメラケーブルをI / Oボードの面と平行にAirの角に向かって引き、ソケットから外します。
    • スパッジャーの先端を使って、コネクタをソケットから押し出しながら、カメラケーブルをI / Oボードの面と平行にAirの角に向かって引き、ソケットから外します。

    • このケーブルを取り外すときは、このケーブルを上に持ち上げないでください。ソケットがロジックボードから外れる恐れがあります。

  12. スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから左側スピーカーのケーブルコネクタを跳ね上げます。 ワイヤの下から引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから左側スピーカーのケーブルコネクタを跳ね上げます。

    • ワイヤの下から引き上げます。

    • I/Oボード上のリテイナーから左側スピーカーケーブルを巻き戻します。

  13. スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットよりマイクケーブルコネクタを跳ね上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットよりマイクケーブルコネクタを跳ね上げます。

    • ワイヤの下から引き上げてください。

  14. I/Oボードを上部ケースに固定している3.6 mm T5トルクスネジを1本外します。
    • I/Oボードを上部ケースに固定している3.6 mm T5トルクスネジを1本外します。

  15. 上部ケースからロジックボード付近の端からI/Oボードを慎重に持ち上げ、取り出します。
    • 上部ケースからロジックボード付近の端からI/Oボードを慎重に持ち上げ、取り出します。

  16. Manta Driver Kit

    どんな修理にでも対応可能な112ビット

    Upgrade Your Toolbox

    Manta Driver Kit

    Upgrade Your Toolbox
  17. 上部ケースにバッテリーを固定している5本のネジを外します。
    • 上部ケースにバッテリーを固定している5本のネジを外します。

    • 6.3 mm T5トルクスネジー3本

    • 2.4 mm T5 トルクスネジー2本

  18. バッテリーを取り扱う際は、露出した4つのリチウムポリマーセルを触ったり、握らないようご注意ください。
    • バッテリーを取り扱う際は、露出した4つのリチウムポリマーセルを触ったり、握らないようご注意ください。

    • ロジックボード付近の端からバッテリーを持ち上げて、上部ケースから取り出します。

  19. スパッジャーの先端もしくは指先を使って、トラックパッドのリボンケーブルZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 ソケット自体ではなく、ヒンジのついた固定プラップをこじ開けているか確認してください。
    • スパッジャーの先端もしくは指先を使って、トラックパッドのリボンケーブルZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、ヒンジのついた固定プラップをこじ開けているか確認してください。

    • トラックパッドのリボンケーブルをAirの正面端に向けて、ソケットからまっすぐ引き抜きます。

  20. スパッジャーの平面側先端を使って、右側スピーカーのケーブルコネクタを持ち上げて、ロジックボード上のソケットから外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、右側スピーカーのケーブルコネクタを持ち上げて、ロジックボード上のソケットから外します。

    • ケーブルの下からこじ開けます。

  21. 慎重にスパッジャーの先端を、ディスプレイケーブルのロックに繋がっている黒いプラスチックのフラップを押し込んで、ロックを上に跳ね上げて、ソケットから外します。 ロックをソケットから離しながら、スパッジャーの先端もしくは指先を使って、Airのコーナーに向けてスライドしながら、ソディスプレイデータケーブルをソケットから慎重に外します。
    • 慎重にスパッジャーの先端を、ディスプレイケーブルのロックに繋がっている黒いプラスチックのフラップを押し込んで、ロックを上に跳ね上げて、ソケットから外します。

    • ロックをソケットから離しながら、スパッジャーの先端もしくは指先を使って、Airのコーナーに向けてスライドしながら、ソディスプレイデータケーブルをソケットから慎重に外します。

    • ディスプレイデータケーブルの接続を外す際に、ソケットを上向きに引っ張らないでください。ソケットがロジックボードにダメージを与えてしまうことがあります。

  22. スパッジャーの平面側先端を使って、両側のアンテナケーブルコネクタをこじ開けて、AirPort/Bluetoothカードから外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、両側のアンテナケーブルコネクタをこじ開けて、AirPort/Bluetoothカードから外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、両側のアンテナケーブルコネクタをこじ開けて、AirPort/Bluetoothカードから外します。

  23. 慎重に、アンテナケーブルをロジックボード中にある切り欠きを通して外します。
    • 慎重に、アンテナケーブルをロジックボード中にある切り欠きを通して外します。

  24. ロジックボードにSSDを固定している、2.85 mm T5トルクネジを1本外します。
    • ロジックボードにSSDを固定している、2.85 mm T5トルクネジを1本外します。

  25. SSDの先端を過度に持ち上げないでください。
    • SSDの先端を過度に持ち上げないでください。

    • ドライブをソケットから引き抜いて、ロジックボードから取り出します。

    • 固定ネジを取り付ける前に、SSDが正しい位置に揃っているか確認してください。

  26. 上部ケースにロジックボードを固定している6.3 mm T5 トルクネジを6本外します。
    • 上部ケースにロジックボードを固定している6.3 mm T5 トルクネジを6本外します。

  27. アンテナケーブルのリテイナーと左側のクラッチヒンジを上部ケースに固定している4.9 mm T8トルクネジの内側2本を外します。
    • アンテナケーブルのリテイナーと左側のクラッチヒンジを上部ケースに固定している4.9 mm T8トルクネジの内側2本を外します。

  28. アンテナケーブルのリテイナーをわずかに押し出して、上部ケースにヒートシンクの先端を固定している3 mm T5 トルクネジを1本外します。
    • アンテナケーブルのリテイナーをわずかに押し出して、上部ケースにヒートシンクの先端を固定している3 mm T5 トルクネジを1本外します。

  29. アンテナケーブルを作業の邪魔にならない位置に固定して、ロジックボードのヒートシンクの端を持ち上げて上部ケースから外します。
    • アンテナケーブルを作業の邪魔にならない位置に固定して、ロジックボードのヒートシンクの端を持ち上げて上部ケースから外します。

  30. ケーブルが巻き込まれないよう注意しながら、上部ケースからロジックボードアセンブリを注意深く取り外します。
    • ケーブルが巻き込まれないよう注意しながら、上部ケースからロジックボードアセンブリを注意深く取り外します。

  31. 上部ケースに刻まれた溝からアンテナケーブルを慎重に巻き戻して外します。
    • 上部ケースに刻まれた溝からアンテナケーブルを慎重に巻き戻して外します。

  32. ディスプレイのヒンジと上部ケースを固定している内側の4.9 mm T8トルクネジを2本外します。
    • ディスプレイのヒンジと上部ケースを固定している内側の4.9 mm T8トルクネジを2本外します。

    • 最後の1本は次の手順まで意図的に残しておきます。

  33. ディスプレイを上部ケースに対して直角に開き、画像のようにテーブル上に載せます。
    • ディスプレイを上部ケースに対して直角に開き、画像のようにテーブル上に載せます。

    • Airを手でしっかりと抑えながら、下部ディスプレイのブラケットから最後の4.9 mm T8トルクネジを外します。

  34. 最後のディスプレイ用ネジを外す前に、ディスプレイと上部ケースをもう一方の手でしっかりと固定してください。落下させてしまうと、高額なダメージにつながってしまう恐れがあります。
    • 最後のディスプレイ用ネジを外す前に、ディスプレイと上部ケースをもう一方の手でしっかりと固定してください。落下させてしまうと、高額なダメージにつながってしまう恐れがあります。

    • ディスプレイを上部ケースに固定している4.9 mm T8トルクネジを外します。

  35. ディスプレイアセンブリ側に向けて、上部ケースを若干押し出します。すると、ディスプレイアセンブリの正面から上部ケースが外れます。 2つのディスプレイヒンジが上部ケースから外れたら、ディスプレイを取り出して、脇に置いてください。
    • ディスプレイアセンブリ側に向けて、上部ケースを若干押し出します。すると、ディスプレイアセンブリの正面から上部ケースが外れます。

    • 2つのディスプレイヒンジが上部ケースから外れたら、ディスプレイを取り出して、脇に置いてください。

    • 2つあるディスプレイブラケット下にあるシムをきちんと保管してください。ディスプレイをインストールする際は、2番目の図に示すように、各ディスプレイブラケットの下に(上部ケースに対して)シムを取り付けているか確認してください。

  36. 右側スピーカーを上部ケースに固定している2.7mm T5トルクスネジを1本外します。
    • 右側スピーカーを上部ケースに固定している2.7mm T5トルクスネジを1本外します。

  37. スパッジャーの平面側先端を使って、上部ケースに右側スピーカーを固定している接着剤を剥がします。 上部ケースから右側スピーカーを外します。 上部ケースから右側スピーカーを外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、上部ケースに右側スピーカーを固定している接着剤を剥がします。

    • 上部ケースから右側スピーカーを外します。

  38. 左側スピーカーを上部ケースに固定している2.7mm T5トルクスネジを1本外します。
    • 左側スピーカーを上部ケースに固定している2.7mm T5トルクスネジを1本外します。

  39. スパッジャーの平面側先端を使って、上部ケースに左側スピーカーを固定している接着剤を剥がします。 上部ケースから左側スピーカーを取り出します。 上部ケースから左側スピーカーを取り出します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、上部ケースに左側スピーカーを固定している接着剤を剥がします。

    • 上部ケースから左側スピーカーを取り出します。

  40. スパッジャーの先端を使って、上部ケースの左側からマイクロフォンをこじ開けます。 上部ケースからマイクロフォンを外します。
    • スパッジャーの先端を使って、上部ケースの左側からマイクロフォンをこじ開けます。

    • 上部ケースからマイクロフォンを外します。

    • 上部ケースが残ります。

  41. スパッジャーの先端もしくは指先を使って、トラックパッドのリボンケーブルZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 ソケット自体ではなく、ヒンジ付きの固定フラップ上をこじ開けてください。
    • スパッジャーの先端もしくは指先を使って、トラックパッドのリボンケーブルZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、ヒンジ付きの固定フラップ上をこじ開けてください。

    • トラックパッドのリボンケーブルを、Airの背面端に向けてソケットをまっすぐ引き抜きます。

  42. 慎重にキーボードのリボンケーブルを片手で持ち上げながら、スパッジャーの先端もしくは指先を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを持ち上げます。 ソケット自体ではなく、ヒンジのついた固定フラップを持ち上げてください。 キーボードリボンケーブルをAirの正面端に向けてソケットからまっすぐ引き抜きます。
    • 慎重にキーボードのリボンケーブルを片手で持ち上げながら、スパッジャーの先端もしくは指先を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを持ち上げます。

    • ソケット自体ではなく、ヒンジのついた固定フラップを持ち上げてください。

    • キーボードリボンケーブルをAirの正面端に向けてソケットからまっすぐ引き抜きます。

  43. 次の7本のネジを外します。
    • 次の7本のネジを外します。

    • トラックパッドを上部ケースに固定している1.6mmプラスネジを6本外します。

    • 上部ケースの正面端付近に留められた1.4 mm T5 トルクネジを1本外します。

    • 再組み立ての際は、ネジをきつく締めすぎないようにご注意ください。ボタンがある時点でクリックしなくなります。トラックパッドの可動側の遊びが最小限になるまで調整してからネジを締めてください。

  44. キーボードに最も近いトラックパッド端を、上部ケースの奥から慎重に持ち上げます。
    • キーボードに最も近いトラックパッド端を、上部ケースの奥から慎重に持ち上げます。

    • 上部ケースからトラックパードを取り出します。

終わりに

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

35 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Bookholt

537,462 ポイント

618のガイドは作成済み

7 件のコメント

I'm pretty experienced in dismantling/reassembling Aluminum MacBook Pros, plastic MacBooks, aluminum Powerbooks and various iBooks and this was not bad at all. Mostly just time-consuming.

I'm not sure I'd rate it as "difficult" for those with previous experience. The screw count is particularly low by comparison to other machines I've worked on, and there are only a few different types of screw.

The new top case arrived with the adhesives to re-secure the speakers, new screws to attach the trackpad, and the microphone was pre-installed.

Excellent guide, and a great help as always. Thanks!

charlesveit - 返信

I just repaired my mba after spilling some juice on it... I did it in about 2hours, i kept track of the screws in each step and i must say it wasn't difficult at all, and i have no experience with computer so.. Just be careful with some wires and when you disconnect the monitor but that's all. I'm so happy my mba works again! The upper case and the tools arrived very quick and with adhesives and some extra screws (much appreciated since the stock screws were kind of damaged and i had to break one) for the trackpad. Thanks ifixit!

Bonsaycow - 返信

Right On! I did the whole thing in 2 hours. Great guide and I would rate this task as medium not difficult. Thanks again spot on!!

Son of Raven

Chris - 返信

Just completed the upper case replacement today due to a failed keyboard and also a failed touch pad (due to liquid damage). Took a few hours to take it apart (and be careful as I was doing it) found hardest part was keeping track of screws and parts. I ended up using plastic red/white Solo cups with the Step # written on each cup (so you don't confuse the screws per step). Undoing the retaining clips for ribbon wires was hardest part highly recommend using a spudger with a fine tip as these are very tiny parts.

Rich Davies - 返信

The instructions were great. I used a white plastic ice-tray to hold the screws and fill each cube up sequentially. All you have to do, is work backwards through the recesses to where you started. No way to mix things up and hard to tip over.

Andrew Burroughs - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 6

過去 30 日: 47

今までの合計 35,314