メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

MacBook Airに向かって叫んでも、聞き取れないので反応しません。壊れたマイクロフォンを交換するには、このガイドを参照してください。 これは比較的簡単な作業です。

    • まず、コンピューターをシャットダウンし、柔らかい素材の表面上に天面を下にして置きます。

    • 以下の10本のネジを外します:

    • 星型ペンタローブネジ 8mm 2本

    • 星型ペンタローブネジ 2.5mm 8本

    • 星型ペンタローブネジを外す際に必要な特別ドライバーはこちらで購入できます。

  1. ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、下部ケースを引き上げて外します。
    • ディスプレイと下部ケースの間に指を入れ、下部ケースを引き上げて外します。

  2. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードのソケットからバッテリーコネクターを上に抜き上げて外します。 ロジックボードから外したコネクターのケーブルをわずかに曲げて、コネクター部分がが誤ってソケットに接触しないようにします。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードのソケットからバッテリーコネクターを上に抜き上げて外します。

    • ロジックボードから外したコネクターのケーブルをわずかに曲げて、コネクター部分がが誤ってソケットに接触しないようにします。

  3. バッテリーを外すためには、以下の5本のネジを外します:
    • バッテリーを外すためには、以下の5本のネジを外します:

    • T5 トルクスネジ 5.2mm 2本

    • T5 トルクスネジ 6mm 1本

    • T5 トルクスネジ 2.6mm 2本

  4. iPhone LCDスクリーン修理キット

    生涯保証付きの低コストオプション

    キット商品を見る

    iPhone LCDスクリーン修理キット

    品質ではなく、修理コストを削減しましょう。

    キット商品を見る
  5. バッテリーに触る際は、露出している6つのセルに触らないようにご注意ください。
    • バッテリーに触る際は、露出している6つのセルに触らないようにご注意ください。

    • バッテッリーは、ロジックボードに近い方から持ち上げ、上部ケースより外します。

    • この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーのカリブレーションを行なってください。

    • 100%になるまで充電します。充電後も最低2時間はプラグを繋げたままにします。それからプラグを外して、通常通り使用しながら、自然に放電させます。バッテリー残量小のサインが表示されたら、これまでの作業を保存して、スリープ状態になるまで放置してください。スリープ状態に入ったら、少なくとも5時間置きます。それから一気に100%まで充電します。

    • 新しいバッテリーを装着後、通常通り作動しない場合は、MacBook ProのSMCをリセットしなければならない可能性があります。

  6. スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから、 I/O ボードのケーブルコネクタを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから、 I/O ボードのケーブルコネクタを持ち上げます。

    • I/Oボードからケーブルを折り曲げます。

  7. スパッジャーの先端を使って、 I/Oボードの端に付いている切り欠きから左側スピーカーケーブルを通して外します。
    • スパッジャーの先端を使って、 I/Oボードの端に付いている切り欠きから左側スピーカーケーブルを通して外します。

  8. スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから左側スピーカーコネクタを持ち上げて外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボード上のソケットから左側スピーカーコネクタを持ち上げて外します。

    • ワイヤーの下から持ち上げているか確認してください。

  9. スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーを上部ケースに固定している接着剤から剥がします。 上部ケースの露出したアルミニウムのエリアからのみスピーカーをこじ開けてください。 キーボードのエリアからこじ開けてしまうと、キーボードとスピーカーを破損してしまう場合があります。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーを上部ケースに固定している接着剤から剥がします。

    • 上部ケースの露出したアルミニウムのエリアからのみスピーカーをこじ開けてください。 キーボードのエリアからこじ開けてしまうと、キーボードとスピーカーを破損してしまう場合があります。

  10. 上部ケースから左側スピーカーを取り外します。
    • 上部ケースから左側スピーカーを取り外します。

  11. スパッジャーの先端を使って、マイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを跳ね上げます。 ソケットではなく、蝶番で動く固定フラップのみを跳ね上げているか確認してください。
    • スパッジャーの先端を使って、マイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを跳ね上げます。

    • ソケットではなく、蝶番で動く固定フラップのみを跳ね上げているか確認してください。

    • スパッジャーの先端を使って、ソケットからマイクリボンケーブルを引き抜きます。

  12. スパッジャーの先端を使って、上部ケース側面からマイクを引き離します。 上部ケースからマイクを取り外します。
    • スパッジャーの先端を使って、上部ケース側面からマイクを引き離します。

    • 上部ケースからマイクを取り外します。

終わりに

デバイスを再組立する際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。交換する前にマイクの位置をメモして、交換品を正確に配置できるようにしてください。

2 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

438,819 ポイント

425のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

111 メンバー

10,647のガイドは作成済み

2 件のコメント

Very straightforward replacement.

Take special care when removing the microphone and speaker connectors from their respective sockets. Just be gentle and methodical.

Ensure you press down firmly, but not hard, after microphone replacement when reconnecting the battery connector to the motherboard.

pohutukawa - 返信

When re-attaching the speaker connector, also pay special attention to pushing down firmly on this to ensure a connection is made. Again, not too hard, but it is easy to push down enough to think it is connected but it can easily not be.

pohutukawa - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 1

過去 7 日: 10

過去 30 日: 24

今までの合計 1,575