メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

あなたの持っている、アップデートを見捨てられてしまった古いMacをパッチ導入済mojaveをインストールすることで救いましょう。

ただし、Appleからの何かしらの OSの更新をインストールしてしまった場合、文鎮化してしまいストレージ(HDD,SSHD,SSD)の初期化と、再インストールが必要となります。

ツール

ツールは指定されていません。

パーツ

  1. 以下のリンクにある、mojaveパッチツールをダウンロードします。
    • 以下のリンクにある、mojaveパッチツールをダウンロードします。

    • macOS Mojave Patch Tool

    • パッチツールをインストールする手順の中で、最低16GBのフラッシュメモリーが必要となります。

  2. パッチツールのダウンロードが済んだら、ディスクイメージファイル(.dmg)を開いてマウントされるのを待ちます。 ディスクイメージファイル(.dmg)の中に、"macOS Mojave Patcher"というファイルがありますので、ダブルクリックで開きます。 もし、画像2のような「" macOS Mojave Patcher"は開発元が未確認のため起動できません」のエラーでアプリケーションが開けない場合は、画像3のように、右クリック→開くをクリックすることで、そのエラーを回避することができます。
    • パッチツールのダウンロードが済んだら、ディスクイメージファイル(.dmg)を開いてマウントされるのを待ちます。

    • ディスクイメージファイル(.dmg)の中に、"macOS Mojave Patcher"というファイルがありますので、ダブルクリックで開きます。

    • もし、画像2のような「" macOS Mojave Patcher"は開発元が未確認のため起動できません」のエラーでアプリケーションが開けない場合は、画像3のように、右クリック→開くをクリックすることで、そのエラーを回避することができます。

  3. まず、用意したフラッシュメモリーをフォーマット(初期化)します。 用意した、(16GB以上のサイズ)フラッシュメモリーをMacへ挿入します。 ディスクユーティリティを開きます。
    • まず、用意したフラッシュメモリーをフォーマット(初期化)します。

    • 用意した、(16GB以上のサイズ)フラッシュメモリーをMacへ挿入します。

    • ディスクユーティリティを開きます。

    • アプリケーションのユーティリティフォルダの中にある、ディスクユーティリティを開くか、spotlight検索で"ディスクユーティリティ"と検索して開けます。

    • 挿入したフラッシュメモリーを選択し、macOS拡張(ジャーナリング)へフォーマットします。なお、ドライブの名前は何でも構いません。

  4. もし、このパッチを使ってもMojaveをインストールできない場合は、パッチツールがエラー通知してくれます。そのエラーが出た時は、Macのアップデートの道は残念ながら絶たれます。 パッチツールのウィンドウのメニューバーの中にある、"Tools"をクリックして、ドロップメニューの中から" Download macOS Mojave"。クリックします。 この手順に関しては、既にmacOS  Mojaveのインストーラを持っている方は不要です。
    • もし、このパッチを使ってもMojaveをインストールできない場合は、パッチツールがエラー通知してくれます。そのエラーが出た時は、Macのアップデートの道は残念ながら絶たれます。

    • パッチツールのウィンドウのメニューバーの中にある、"Tools"をクリックして、ドロップメニューの中から" Download macOS Mojave"。クリックします。

    • この手順に関しては、既にmacOS Mojaveのインストーラを持っている方は不要です。

    • ドロップダウンメニューが表示されたら、”ツール”をクリックして、 "Download macOS Mojaveをダウンロード"を続けてクリックします。

    • continueをクリックし、どこに保存したいのかフォルダを選択します。

    • なお、私はデスクトップへ保存しました。保存場所はどこに保存したかを覚えていればどこでも構いません。

  5. macOS Mojave Patcherのダウンロードが完了した後、アプリケーションを起動し画像左のMojaveアイコンをクリックします。
    • macOS Mojave Patcherのダウンロードが完了した後、アプリケーションを起動し画像左のMojaveアイコンをクリックします。

    • 事前に用意していた、Mojaveインストーラーを選択して、開きます。

    • 次に、画像右のドライブの絵の下にある、ドロップダウンメニューからインストールに使用するUSBドライブを選択します。

    • この絵では、Macintosh HDとなっていますがこれはUSBドライブではありません。 ここでHDDやSSDなどを選択してはいけません。

    • 「start operation」をクリックします。この工程には USBドライブの性能によりますがしばらく時間がかかります。

  6. 先の工程が完了したのちに、作成したUSBドライブを取り出し、Macをシャットダウンします。
    • 先の工程が完了したのちに、作成したUSBドライブを取り出し、Macをシャットダウンします。

    • Macの電源ボタンを押しから、起動画面を見た、もしくは起動音(ジャーン)を聞いたいずれかの直後からoptionキーを押し続けます。

    • ウィンドウズ用キーボードしか持っていない場合、ALTキーを押し続けることで、optionキーを押し続ける事と同じ効果があります。

    • 画像のような画面に遷移するまで、optionキーを押し続けます。

  7. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  8. キーボードの矢印キーを使い、黄色のUSBドライブ(前工程で作成したもの)を選択してください。
    • キーボードの矢印キーを使い、黄色のUSBドライブ(前工程で作成したもの)を選択してください。

  9. 手順8と9に関しては、クリーンインストールをする際にのみ実行します。データを残したまま単純にアップグレードをしたい場合は、この工程をスキップしてください。
    • 手順8と9に関しては、クリーンインストールをする際にのみ実行します。データを残したまま単純にアップグレードをしたい場合は、この工程をスキップしてください。

    • メニューバーからユーティリティ> ディスクユーティリティを選択して開きます。

  10. 初期化したい、ドライブ(HDD,SSD,SSHD)をサイドバーから選択して、ウィンドウ上部の「消去」をクリックします。
    • 初期化したい、ドライブ(HDD,SSD,SSHD)をサイドバーから選択して、ウィンドウ上部の「消去」をクリックします。

    • この工程を実施すると、保存している全てのデータが削除されますので、事前にバックアップを取ることをお勧めします。

    • "Mac OS 拡張(ジャーナリング)”を選択して、ドライブに好きな名前をつけてください。

    • ディスク消去が無事完了したら、メニューバー>ディスクユーティリティ>ディスクユーティリティを終了をクリックして画面を閉じます。

  11. 次へをクリックします。
    • 次へをクリックします。

  12. Mojaveをインストールしたいドライブを選択します。
    • Mojaveをインストールしたいドライブを選択します。

  13. インストールが完了するまでしばらく待ちます。
    • インストールが完了するまでしばらく待ちます。

    • 実は、この画面で裏で何をしているかは、Command + Lを押すことでインストーラーログを見ることが可能です。

  14. インストールが完了したら、Macをシャットダウンします。
    • インストールが完了したら、Macをシャットダウンします。

    • 手順6と同じように、作成したUSBドライブからユーティリティを起動します。

    • ここでは、Mojave をインストールするのではなく、正しくMojaveが動作するようにパッチファイルをインストールします。

    • 上部のメニューバーから、ユーティリティ>macOS Post installをクリックします。

  15. ドロップダウンメニューから、Macのタイプを選択します。
    • ドロップダウンメニューから、Macのタイプを選択します。

    • このパッチファイルは、自動的にMacのモデルを検知して、表示してくれます。もし合致していない場合はリストから正しいモデルを選択してください。

    • ここで私は、チェックできる全てのボックスをチェックすることをお勧めします。特に問題が起きるわけでもなく、後々助かることになります。いずれにせよ、Mojaveを正しく動作させるためにはほぼ全てのチェックが必要になるかとおもいます。

    • 全部のチェックボックスが最初からチェックされているわけではないので、それらを全てご自身でチェックしてください。

    • 上記の必要事項を完了したのちに「Patch」ボタンを押します。

  16. 画面左下に「Complete!」が表示されたことを確認した後に、「Reboot」をクリックしてMacを再起動します。
    • 画面左下に「Complete!」が表示されたことを確認した後に、「Reboot」をクリックしてMacを再起動します。

    • このパッチでは、「Reboot」ボタンを押した後にキャッシュファイルを再構築するため、再起動に長時間かかります。Macが自動的に再起動するまで暫し待ちましょう。

  17. しばらく待って、再起動が完了すると…、Mojaveが立ち上がります!!
    • しばらく待って、再起動が完了すると…、Mojaveが立ち上がります!!

終わりに

完成!

63 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Aaron Cooke

メンバー登録日: 2018年08月28日

19,979 ポイント

21のガイドは作成済み

チーム

NIWOTech NIWOTech人のメンバー

Community

0 メンバー

0のガイドは作成済み

75 件のコメント

I love how I’m being congratulated with “You’re Finished!”!!!

Peter C - 返信

I have a mid 2009 MacBook Pro. I’ve gone through this process. Everything has worked great, till I reboot. It gets most of the way through then it hangs up. I’ve let it set for hours and nothing. You have any suggestions?

jetjock256 -

After initial install, the computer cannot complete reboot without the patch “MacOS Post install” (see step 13 above). This will require a hard shut down (hold down the power button if it is stuck) and restart holding down the alt/option key until you can select the installer again. This time, do not reinstall the OS but click on the button on the side (or double click it), or select in the pull down menu.

This will need to be repeated for updates, if new updates also get stuck.

Hope this helps.

Douglas Lee -

I have a Macbook 2008 with 10.7.5 on it and am being told that is the end of the line. Will this work on my Macbook?

Bill Hines - 返信

If it’s a white MacBook you can hack Mountain Lion and maybe even later with the OS X Hackers tools (which I’ve never used.) If it’s an aluminum 2008 MacBook, it is compatible with the Mojave patcher.

Luke L -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 308

過去 7 日: 2,460

過去 30 日: 9,820

今までの合計 104,290