メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドでは、バックハウジングからバッテリーハウジングを取り出します。GoPro Hero5 Blackは防水機能があるため、多量の接着剤が使用されています。このガイドを完成させた時には、お持ちのGoProは防水性を保っていませんのでご注意ください。

  1. GoProの底にあるボタンを押しながら、バッテリードアをスライドして開きます。 GoProの底にあるボタンを押しながら、バッテリードアをスライドして開きます。 GoProの底にあるボタンを押しながら、バッテリードアをスライドして開きます。
    • GoProの底にあるボタンを押しながら、バッテリードアをスライドして開きます。

  2. バッテリー上のプラスチックのフラップを手にとり、バッテリー本体を取り出します。 バッテリー上のプラスチックのフラップを手にとり、バッテリー本体を取り出します。 バッテリー上のプラスチックのフラップを手にとり、バッテリー本体を取り出します。
    • バッテリー上のプラスチックのフラップを手にとり、バッテリー本体を取り出します。

  3. レンズカバーが取り出せるまで、左右にひねります。 レンズカバーはしっかりと固定されているため、ひねる際には力が必要です。
    • レンズカバーが取り出せるまで、左右にひねります。

    • レンズカバーはしっかりと固定されているため、ひねる際には力が必要です。

  4. この手順は必須ではありませんが、フロントプレートをより簡単に外すためのプロセスです。
    • この手順は必須ではありませんが、フロントプレートをより簡単に外すためのプロセスです。

    • iOpenerの利用方法を参照して、これを温めてから使用してください。

    • 温まった iOpenerをGoProのフロント側に約1分載せて、フロントプレート裏に留められた接着剤を柔らかくします。

    • 加熱したiOpenerは大変熱くなっているため、火傷をしてしまうことがあります。そのため、iOpenerを持つ際にはタオルやグローブを使用してください。

  5. スパッジャーを使ってまずはフロントプレートの角からこじ開けます。 フロントプレートは接着剤で固定されており、外すには時間がかかります。 フロントプレートは接着剤で固定されており、外すには時間がかかります。
    • スパッジャーを使ってまずはフロントプレートの角からこじ開けます。

    • フロントプレートは接着剤で固定されており、外すには時間がかかります。

  6. T3 トルクスネジを6本外します。 T3 トルクスネジを6本外します。
    • T3 トルクスネジを6本外します。

  7. マザーボードアセンブリを引っ張りながら開ける際はご注意ください。バックハウジングに4本のケーブルで繋がれたままです。ケーブルを伸ばすと切断することがあります。 スパッジャーを使って、ゆっくりとマザーボードアセンブリをGoProのLCD側から開口します。 スパッジャーを使って、ゆっくりとマザーボードアセンブリをGoProのLCD側から開口します。
    • マザーボードアセンブリを引っ張りながら開ける際はご注意ください。バックハウジングに4本のケーブルで繋がれたままです。ケーブルを伸ばすと切断することがあります。

    • スパッジャーを使って、ゆっくりとマザーボードアセンブリをGoProのLCD側から開口します。

  8. スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードの端に接続された3つのリボンケーブルを外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードの端に接続された3つのリボンケーブルを外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードの端に接続された3つのリボンケーブルを外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードの端に接続された3つのリボンケーブルを外します。

  9. スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードのソケットからまっすぐバッテリーハウジングのパワーケーブルを引き上げて外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードのソケットからまっすぐバッテリーハウジングのパワーケーブルを引き上げて外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードのソケットからまっすぐバッテリーハウジングのパワーケーブルを引き上げて外します。

  10. 3mm #000 プラスネジを外します。
    • 3mm #000 プラスネジを外します。

    • 2mm #000 プラスネジを外します。

  11. ピンセットを使ってハウジングをしっかりと掴み、3本のリボンケーブルから引いて外します。
    • ピンセットを使ってハウジングをしっかりと掴み、3本のリボンケーブルから引いて外します。

    • バウジング裏側のサークル状のネジ溝半分までバッテリーハウジングを引っ張り、バッテリーハウジング状のネジ溝と合わせます。

    • ネジが内部から取り外せたら、バッテリーハウジングは接着剤のみで固定されています。

  12. サークル状のネジ溝が重ね合わせてください。そうしなければ、バッテリーハウジングは引き出せません。 指を使ってバッテリーコンパートメントの内側から引っ張り、バッテリーハウジングをハウジングの裏から引き出します。
    • サークル状のネジ溝が重ね合わせてください。そうしなければ、バッテリーハウジングは引き出せません。

    • 指を使ってバッテリーコンパートメントの内側から引っ張り、バッテリーハウジングをハウジングの裏から引き出します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

4 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Christopher Adams

メンバー登録日: 2016年10月03日

1,474 ポイント

5のガイドは作成済み

チーム

Cal Poly, Team 18-6, Forte Fall 2016 Cal Poly, Team 18-6, Forte Fall 2016人のメンバー

CPSU-FORTE-F16S18G6

4 メンバー

13のガイドは作成済み

コメント1件

Is there any glue to use to make the case waterproof again?

Dominik Lisiakiewicz - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 6

過去 7 日: 42

過去 30 日: 186

今までの合計 6,997