メインコンテンツにスキップ

ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション

必要な工具と部品

  1. ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, オリジナルのキャリブレーションデータのログ: 手順 1、 1の画像 1
    • このバッテリーは再キャリブレーションすらできない状態にあります。

    • バッテリーを再キャリブレーションする前に、バッテリーを100%まで充電してください。最初のデーターの記録を取ります。

  2. ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, ラップトップを使用: 手順 2、 3の画像 1 ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, ラップトップを使用: 手順 2、 3の画像 2 ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, ラップトップを使用: 手順 2、 3の画像 3
    • この手順で得たデータはすべて失われます。デバイスを起動させるためにノートパソコンを接続するのは、BIOSロックアウトからです。

    • Windowsのノートパソコンをお使いの場合は、最初のシャットダウン後にノートパソコンの電源を入れ直してください。Windowsは、ノートパソコンのバッテリーの残量が3%程度になるとシャットダウンするように設計されています。このため、充電量が増えるかAC電源が入るまでノートパソコンの電源が入らない場合は、電源アダプターを短時間使用する必要があります。

    • 放電しながらノートパソコンを使用してください。コンピュータがシャットダウンするまでこれを行い、Windowsを使用している場合は、ラップトップの電源が入らなくなるまで再度電源を入れます。こうすることで、完全放電しているか確認できます。

  3. ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, ラップトップをプラグインします: 手順 3、 2の画像 1 ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, ラップトップをプラグインします: 手順 3、 2の画像 2
    • ラップトップを使用しても安全ですが、キャリブレーションの精度に影響を与えてしまうことがあります。

    • 全てのラップトップには異なる充電インジケータが付けられています。 ラップトップを完全放電したら、すぐにプラグインしてください。ラップトップを完全充電します。

  4. ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, 新しいキャリブレーションデーターの検証: 手順 4、 1の画像 1
    • この手順によって、バッテリーの寿命が終わる場合があります。

    • 作業が完了したら、BMSデータを確認します。 報告データを修正する必要があります。

  5. ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, (Windows 10)バッテリーヘルスチェック: 手順 5、 3の画像 1 ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, (Windows 10)バッテリーヘルスチェック: 手順 5、 3の画像 2 ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, (Windows 10)バッテリーヘルスチェック: 手順 5、 3の画像 3
    • OEM製品であっても、バッテリーが古い場合は動作しない場合があります。

    • 管理者としてコマンドプロンプトを実行します。 次のコマンドを入力してください:powercfg/batteryreport.

    • レポートの準備ができたら、レポートの場所を示すメッセージが表示されます。その データで、一貫性があるか確認してください。

  6. ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, (HP UEFI) 15%ロックアウトのバイパス: 手順 6、 3の画像 1 ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, (HP UEFI) 15%ロックアウトのバイパス: 手順 6、 3の画像 2 ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, (HP UEFI) 15%ロックアウトのバイパス: 手順 6、 3の画像 3
    • この作業をすることで、バッテリーが完全に放電できます。 HPの診断では、バッテリーの容量は確認できません。

    • ラップトップをプラグインし、電源を入れます。 電源が入ったらプラグを抜きます。 ESCを押して、システム診断を選択します。

    • コンポーネントテストのサブメニューを開きます。 [メモリ]または[ハードドライブ]を選択します。

    • 拡張テストを選択します。 エラーまでループを選択します。

    • ラップトップの電源が切れたら、すぐにバッテリーを充電してください。

  7. ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, (HP Legacy BIOS) 15%ロックアウトのバイパス: 手順 7、 3の画像 1 ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, (HP Legacy BIOS) 15%ロックアウトのバイパス: 手順 7、 3の画像 2 ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, (HP Legacy BIOS) 15%ロックアウトのバイパス: 手順 7、 3の画像 3
    • これらの設定をメインOSに適用しないでください。 バッテリーを損傷する可能性があります。

    • Linux Mint Cinnamonのライブセッションでラップトップを起動します。 設定を開き、次の変更を行います。

    • パワーマネージメントを開きます。 バッテリーの残量が非常に少ない場合は、何もしないに変更します。

    • シャットダウンするまでラップトップを使用します。 このセッション以降の全データが失われます。

  8. ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, (Lenovo 0190)非常に低容量のバッテリーのバイパス: 手順 8、 3の画像 1 ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, (Lenovo 0190)非常に低容量のバッテリーのバイパス: 手順 8、 3の画像 2 ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, (Lenovo 0190)非常に低容量のバッテリーのバイパス: 手順 8、 3の画像 3
    • 電源アダプタをラップトップに差し込みます。 POSTが終了するまで待ってから、ノートパソコンの電源を切ります。

    • ラップトップが起動したら、ラップトップの接続を外します。 バッテリーの放電を終了します。

  9. ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, (オプション) バッテリーにラベルを貼ります: 手順 9、 2の画像 1 ラップトップ用バッテリーのキャリブレーション, (オプション) バッテリーにラベルを貼ります: 手順 9、 2の画像 2
    • バッテリーの推定健康状態をよりよく把握するために、ラベルを貼ることをお勧めします。

    • キャリブレーションを行なった日を記入します。

    • 未使用の状態のバッテリー充電容量(設計された容量)を注記してください。

    • バッテリーの現在の容量(完全充電した容量)を記録します。

ゴール

14 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

作成者

5人の作成者と共同で作成されました。

Nick

メンバー登録日: 11/10/09

89,634 ポイント

52のガイドは作成済み

チーム

Master Techs Master Techs人のメンバー

Community

321 メンバー

1,512のガイドは作成済み

4 件のコメント

Did not help at all.

I have a Windows tablet, pretty old one - previously it was showing 39% battery wear (it actually was holding for about an hour, battery itself is a bir inflated).

A couple days ago it hard crashed and wear level was reseted to 0%. Now some weird stuff started: turning off when reaching 14% battery charge, screen dimming etc.

Tried this method, and as I said in the beginning - it did not help, still shows 0% wear.

Ослик Иа - 返信

Late response, but some laptops and Windows based tablets (notably HP) always show 0% wear in Batteryinfoview. You need to go into the UEFI diagnostics or use use HP Support Assistant and grab it from the advanced data on HP. If it’s Dell, UEFI SupportAssist (newer systems) or ePSA (legacy).

Nothing to worry about, but another quirk like the EOL capacity reporting response on some Dell batteries. Added a note in the quirks section about this.

Nick -

I’m curious, can we send command through the I2C interface from the laptop itself to the battery and do some calibration from there? is the built-in BMS has the capability to do that?

putraadriansyah08 - 返信

May battery charging shows 39% and it should be always plug in (windows 11) on Asus laptop.

Badri Momeni - 返信

コメントを追加

統計データ:

過去 24時間: 4

過去 7 日: 22

過去 30 日: 681

今までの合計 155,741