メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

ボタンの交換は、頻繁に必要になる衣類の修理方法です。ボタン付けは修理の中でも、とりわけカンタンです。このガイドでは、標準の4穴ボタンを針と糸でつける方法を説明します。このガイドでは、見やすくするために対照的な糸を使用していますが、実際にボタンをつけるときは、生地の色に一致する糸を使用することをお勧めします。

ツール

パーツ

  1. ボタンをつける場所を確認します。
    • ボタンをつける場所を確認します。

  2. ボタンホールのある布を上に、ボタンをつける布を下にして重ねます。ボタンホールの上から、チャコを通して、ボタンをつける場所に印を付けます。 ボタンホールのある布を上に、ボタンをつける布を下にして重ねます。ボタンホールの上から、チャコを通して、ボタンをつける場所に印を付けます。
    • ボタンホールのある布を上に、ボタンをつける布を下にして重ねます。ボタンホールの上から、チャコを通して、ボタンをつける場所に印を付けます。

  3. 糸を切ります。腕の長さ程度で十分です。 針に糸を通します。
  4. 針に糸を通します。針の両側に2つの等しい長さの糸が通るようにします。 糸の端を結んで、玉結びをつくります。 糸の端を結んで、玉結びをつくります。
    • 針に糸を通します。針の両側に2つの等しい長さの糸が通るようにします。

    • 糸の端を結んで、玉結びをつくります。

  5. 玉結びを大きくします。最初の結んだ玉の上に2番目の通常の結び目を作ります。作った結び目が生地をすり抜けないようにします。 玉結びを大きくします。最初の結んだ玉の上に2番目の通常の結び目を作ります。作った結び目が生地をすり抜けないようにします。
    • 玉結びを大きくします。最初の結んだ玉の上に2番目の通常の結び目を作ります。作った結び目が生地をすり抜けないようにします。

  6. 布の裏側から印をつけた部分に針を刺します。 結び目が布地の裏側に引っかかるまで、糸をぴんと張って引っ張ります。 結び目が布地の裏側に引っかかるまで、糸をぴんと張って引っ張ります。
    • 布の裏側から印をつけた部分に針を刺します。

    • 結び目が布地の裏側に引っかかるまで、糸をぴんと張って引っ張ります。

  7. ボタンの1つの穴に針を通します。通す穴はどれでも構いません。 ボタンを布の上に置きます。
    • ボタンの1つの穴に針を通します。通す穴はどれでも構いません。

    • ボタンを布の上に置きます。

  8. すでに通した穴の反対側にある穴に針を通します。 このとき、布ではなく、ボタンのみに針を通します。 このとき、布ではなく、ボタンのみに針を通します。
    • すでに通した穴の反対側にある穴に針を通します。

    • このとき、布ではなく、ボタンのみに針を通します。

  9. 最初に布に針を通した場所のすぐ隣に針を通します。 ボタンが布に対して平らになるまで、糸をぴんと張って引っ張ります。 ボタンが布に対して平らになるまで、糸をぴんと張って引っ張ります。
    • 最初に布に針を通した場所のすぐ隣に針を通します。

    • ボタンが布に対して平らになるまで、糸をぴんと張って引っ張ります。

  10. 元の結び目のすぐ隣で、布の裏側から針を布に通します。 残りの2つの穴の1つに針を通します。 糸をぴんと張ります。
    • 元の結び目のすぐ隣で、布の裏側から針を布に通します。

    • 残りの2つの穴の1つに針を通します。

    • 糸をぴんと張ります。

  11. 糸を一度も通していない穴に針を通します。 布地ではなく、ボタンのみに針を通するようにしてください。 今までの縫い目に近いところを狙って、針を布に通します。
    • 糸を一度も通していない穴に針を通します。

    • 布地ではなく、ボタンのみに針を通するようにしてください。

    • 今までの縫い目に近いところを狙って、針を布に通します。

    • 糸をぴんと張ります。

  12. 針を布の下側から上に通して、最初に通した穴に戻します。 糸をぴんと張ります。 糸をぴんと張ります。
    • 針を布の下側から上に通して、最初に通した穴に戻します。

    • 糸をぴんと張ります。

  13. いま針を通した穴の反対側にある穴に、針を通します。そのまま、布の下側に針を通します。 糸をぴんと張ります。
    • いま針を通した穴の反対側にある穴に、針を通します。そのまま、布の下側に針を通します。

    • 糸をぴんと張ります。

  14. 次は、3番目の穴に針を通します。 糸をぴんと張ります。 針を4番目の穴を経由して布の裏側に通します。糸をぴんと張って引っ張ります。
    • 次は、3番目の穴に針を通します。

    • 糸をぴんと張ります。

    • 針を4番目の穴を経由して布の裏側に通します。糸をぴんと張って引っ張ります。

    • このガイドの手順12〜14をもう一度繰り返してから、次に進みます。

  15. ボタンを布地に縫い付けました。次に、ボタンを正しい位置に保つための結び目を作ります。 布地の裏側にある糸の輪に針を通します。この時、針を布地を引っ掛けないように注意してください。 布地の裏側にある糸の輪に針を通します。この時、針を布地を引っ掛けないように注意してください。
    • ボタンを布地に縫い付けました。次に、ボタンを正しい位置に保つための結び目を作ります。

    • 布地の裏側にある糸の輪に針を通します。この時、針を布地を引っ掛けないように注意してください。

  16. 糸にたるませます。たるみによってできた輪にに針を通します。 糸をぴんと張って引っ張り、結び目を作ります。
    • 糸にたるませます。たるみによってできた輪にに針を通します。

    • 糸をぴんと張って引っ張り、結び目を作ります。

    • 手順15と16をもう一度繰り返して、結び目を2つ作ります。

  17. 余分な糸を切り取ります。 ボタンがしっかり付けられたか確認します。
    • 余分な糸を切り取ります。

    • ボタンがしっかり付けられたか確認します。

ゴール

50 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Joe lilyさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Brittany McCrigler

メンバー登録日: 2012年03月05日

85,693 ポイント

132のガイドは作成済み

4 件のコメント

What helps after the last step 14 is to wrap the thread around and around a few times underneath the button itself (binding all the threads together) and making one last pass through the cloth before the final knot. This makes the repair much more durable.

mccreerydennis - 返信

The wrapping below the button is not only more durable, but is actually frequently used when replacing buttons on blazers, sport coats, and the like as a protection from friction as the garment moves and shifts while being worn.

Matt - 返信

Wrapping the threads underneath the button to create a shank is useful for coat buttons where the fabric is thick and you don’t want the fabric to pucker. As noted, it adds durability to the button attachment. On a shirt collar, as seen here, it would create too much bulk where you need the button to lie quite flat, so this method is quite sufficient.

Jonathan Wells - 返信

Thanks Jonathan. Great insight.

Louie Leung - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 3

過去 7 日: 39

過去 30 日: 158

今までの合計 11,821