メインコンテンツにスキップ

壊れたデバイスを自分たちの手で修理する、世界中の素晴らしい女性技術者たちについて紹介します。

修理テック

あなたのツールボックスの中身を見せてください: Xyla Foxlin氏(Beauty and the Bolt、ディレクター)

この連載シリーズ”あなたのツールボックスの中身を見せてください”では、私たちがお気に入りの修理テックたちのツールや作業にまつわるヒントを紹介しています。今日は、オハイオ州クリーブランドを拠点に活動する、非営利団体「Beauty and the Bolt」のエグゼクティブディレクターXyla Foxlin氏に話を伺いました。この団体は、若い女性たちにものづくりや修理に興味を持ってもらうことで、STEM分野の多様化促進を目指しています。 まず最初に、あなた自身について、そして何をしているのか、iFixitコミュニティに教えてください! 私は根っからの作り手であり、エンジニアでもあります。Beauty and the Boltのミッションは、女性やマイノリティの人たちに向けて、ものづくりやエンジニアリング、テクノロジーに参入する際の障壁を低くすることです。私たちはエンジニアリングの基本概念や、楽しいDIYプロジェクト、工具に関するチュートリアルなど、女性による女性のためのビデオを作成しています。Beauty and the Boltに来る以前は、家電製品プロジェクトを創設し、Disney Imagineering社とiRobot社で研究開発に携わってきました。 修理を始めたきっかけは? 変な話ですが、私はもともと電子機器の取り扱いにはとても慎重な人間で、幼い頃から親に「高価なものは壊すな」と叩き込まれてきました。でも、10代の頃は安いアクセサリーを沢山身に付けて、いつも木に登ったりスポーツをしたりしていました。そのため修理を始めたきっかけは小さなチェーンやジャンプリング、靴、ジッパーなどの機械的で外観の修理でした。 あなたの工具箱には何が入っていますか? 私の緊急用工具箱には、ハンドツール、ドリル、半田ごて、接着剤とエポキシ、そしてiFixitのツールキット という基本的なものが入っています。ダウンタウンの小さなアパートに入るものは限られているので、大部分の工具類はスタジオ兼ワークショップに置いています。そこには、レーザーカッター、CNC、真空形成機、3Dプリンター、たくさんのハンドツール(私はヤードセールが大好きです)、オシロスコープ、半田付けステーション、ヒートガン、ファンクションジェネレーター、ワイヤー、たくさんのスペアコンポーネントとAdafruitボード、空気圧ツール、そして言うまでもなく基本的な電気を使うツールが揃っています。 ツールの整頓術について教えてください。 整頓術とは?一体、何ですか?いえ、冗談です(笑)。ハンドツールの一部はペグボードで壁に固定し、使用頻度の少ない電動工具や空気圧ツールは大型プラスチックボックスに収納して、必要な時に取り出します。レーザーカッター、3Dプリンター、CNCを上に載せた小さなデスクにキャスターを付けて、ビデオ撮影をする時はセット場まで転がしています。 使用頻度の高いツールについて教えてください。 ハンダゴテは、私と共に全米中を旅してきた相棒です。何か壊れたときのために、会議に参加するときは必ず持参していました。そして私の試作品で一番使用頻度が高いツールがレーザーカッターです。3Dプリンターよりもはるかに速いですし、私はAdobe Illustratorも自由自在に操ることができるからです。 一番お気に入りのツールでありながら、一番使用頻度の低いものは何ですか? 祖母は、従兄弟の中で唯一の作り手・メーカータイプの私に、祖父の形見の古いレザーマンを私に譲ってくれました。何度か使ったことがありますが、失したり壊してしまうのが怖くて、いつもはケースに入れたままです。きっと祖父は私にもっと使ってほしかったと思うので、残念です! 実際に使用頻度が高いものの、エンジニアの分野では異例と思われるツールや素材がありますか? 実のところ、頻繁に裁縫をしています。例えば、会議用のテーブルクロスや着用するウェアラブルプロジェクト、ツール用ケース、Tesla Coil Showの衣装などです。大学時代に働いていたMakers…

修理テック

Women of iFixit: 女性の修理愛好家の皆さんへ

3月は女性史月間であり、3月8日は国際女性デーです。世界中の女性の活躍を願う祝日です。今年のテーマは#BreakTheBias (バイアスを打ち破れ)で、女性や疎外されたコミュニティを阻む制度や偏見に挑戦し、より平等で多様な空間にしようという想いを込めたものです。 iFixitのゴールは、どんなものでも修理できることを誰にでも平等に共有することです。誰にでもです。性別に関わらず、スクリーンやバッテリーの交換、基板レベルの修理は誰でもこなすことができます。必要なのは、その方法を教えてくれる人です。  しかし現実には、技術者の世界は完全に平等ではありません。iFixitではスタッフの26%が女性です。つまり改善の余地があるのは間違いありません。 E-wasteが深刻なスピードで増え続ける中、私たちは修理について触れないわけにはいきません。  誰もが自分のものを修理するために必要なパーツ、ツール、知識を利用できる権利があります。修理とテクノロジー業界を平等にするために、iFixitで活躍している女性たちをご紹介します。 Sarah Westberg: エデュケーションエイド 趣味: 何キロも歩くこと! そしてHouse Huntersのテレビ番組をみること 女性修理愛好家へのアドバイス: もし修理に対して恐怖心があるなら、敢えて立ち向かってみてください。私たちはあなたを必要としていますし、あなたなしではこの修理業界は成り立たないのです。 最近行った修理: 仕事用のMacBook Pro 13インチUnibody Mid 2012のパソコンのハードディスクケーブルの交換を行いました。MacBook Proが新品同様になり、とても誇らしい気持ちになりました! Midori Doi: 日本語ローカライゼーションリード スーパーパワー: iFixitと日本を繋ぐ橋のビルダー 女性の修理愛好家へのアドバイス: もしあなたがお母さんなら、お子さんと一緒に簡単な修理から初めてみましょう!修理できる次世代を育てていきましょう。 印象に残っている修理:…

リペア業界で活躍する女性技術者たち

iFixitで活躍する女性スタッフたちが100万評価ポイントを達成しました。

iFixitの女性たちが100万評価ポイントを獲得しました! このチーム全員で勝ち取ったな大きなマイルストーンは、修理に関する解決策を見つけたり、修理ガイドを作成したりすることで、iFixitコミュニティに貢献しています。  では、iFixitで活躍する女性たちはどんな人たちでしょうか?現在、総勢51人の女性メンバーで構成され、長い年月にわたって3,000以上の修理ガイドを執筆または加筆を行い、リペアコミュニティーに486の回答ソリューションを提供してきました。このグループは、さまざまな部署や国籍から成っていますが、役職や肩書きにとらわれることなく、全員で世界中に修理を広めてきました。 アンサーフォーラムで質問に答えたり、修理ガイドを作成したり、既存の修理ガイドを編集してナレッジベースを改善したり、未解決の質問に取り組みながら、iFixitで蓄えてきたあらゆる知識をウェブ上で共有しています。 私たちの専属ガイドキーパーであるSam Goldheartは、この100万評価ポイントの大部分を占める44万3000ものポイントに加え、108の回答ソリューションを提供、2287種類の修理ガイドを執筆/編集してきました。「数多くの修理ガイドを作成してからずいぶん時が経ちましたが、今でも皆さんのお役に立てているのが嬉しいです。」とSamは言います。「自分が作った修理ガイドにコメントをもらうと、いつも幸せな気分になります。」最近の彼女の仕事は、リード・テックライターからブログライターへと変わりましたが、iFixitのオフィス内でマルチに様々なタスクをこなしています。Samは修理ガイドに直接関わっていませんが、インターネット上では今でも彼女の丁寧なインストラクションから様々な知識を享受しています。  あるユーザーは、Samが手がけたMacBook Airの修理ガイドのおかげで400ドル以上の節約ができました。また別のユーザーは、Samの精密なネジのサイズ情報は、デバイスへのダメージを避けるための重要な情報であると高く評価しています。「修理ガイドの作成は大変な事もありますが、その投資は見返りがあります。」とSamは言います。「お楽しみとして、私が入社前に作った最初の修理ガイドをご覧ください。かなりヤバいです!」  Samの率直さは、iFixitの哲学の核心をついています。キャリア初期に「かなりひどいガイド」を書いたとしても、少なくとも自分の持つ知識を共有しています。十分な忍耐力と好奇心があれば、スキルを磨き、自信をつけ、より多くのモノを修理できます。それこそが、私たちがiFixitで目指すゴールです!  iFixitで日本語ローカライゼーションを担当する Midori Doi は、日本語サイトを立ち上げる直前にiFixitに加わりました。その当時、iFixitは日本国内で修理ガイドよりもiPhone新モデルを速攻分解する会社として認知度がありました。既に何千もの英語版修理ガイドが公開されていた一方で、日本語に翻訳された修理ガイドはほぼゼロに等しい状態でした。 「私がiFixitで翻訳作業を始めた当初は、たった一人で広大な砂漠を歩き始めたような感覚でした。しかしこの6年間を通じて、数多くの翻訳ボランティアの方や修理愛好家の方たちが様々な方法で参加してくれました。そのおかげで、iFixitの日本語サイトは非常に充実したものになっています。」 彼女の修理に対する情熱は、日本で古くから言い伝えられてきた”もったいない”に起因します。この価値観は何世代にもわたって伝えられてきたもので、使えるものはできるだけ長く使い、無駄やゴミは極力減らすことが大切であることを気づかせてくれます。「我が家では10年以上も同じ洗濯機を使い続けています。その間、何度か簡単な修理を行いました。購入したパーツの総額はわずか$50(約4000円)程度です。」とMidoriは教えてくれました。  2017年夏、Midori はCEOのKyle Wiensと東京にあるスーパーサイエンス採択高を訪問して、修理しやすいプロダクトデザインやe-waste(電子産業廃棄物)について講演会を行いました。その会場で、”誰でも修理できる”というデモンストレーションを偶然にも行う機会がありました。Kyleが来日する直前に、彼女のMacBook Proのハードディスクケーブルが動かなくなり、お手上げ状態に陥っていたのです。プレゼンテーションの最中、Kyleが壊れたラップトップPCの修理をしてみようとMidoriに提案したのです。「私の手は汗まみれになりました。正直な話、一度もPCの修理をしたことがなかったからです。iFixitの修理ガイドを参照しながら、なんとかハードディスクケーブルを交換することができました。驚くことに、かかった時間はわずか15分でした!」と話してくれました。 全く予定外のライブデモンストレーションは、会場にいた高校生たちに「誰でも修理できる」ということを伝えることができました。日本でのリペアコミュニティを強くするというMidoriのコミットメントは、新しい物に買い換えるという考えから修理というマインドセットを起こし、彼女の評価は20万2000ポイントを超えました。「修理では、全くのアマチュアである私をみてください。テックマニアや専門家である必要はありません。修理は回数を重ねるごとに、コツを掴んで上達していきます。」 iFixitで活躍する多くの女性スタッフたちは環境保護や知識の利益が浸透し始める以前から長年に渡って、修理にチャレンジしています。 iFixitのコミュニティマネージャーである Amber Tausは、常にものが動く仕組みについて興味を持ってきました。 「4歳の時、自分でVHSのケースを取り外しました。他の皆んなが映画を見ている中、私だけがテープがリワインドするのをじっと眺めていました。」iFixitにおけるAmberの評価ポイントは、アンサーフォーラムや修理ガイドの作成から来ているものではなく、主にMetaサイトのメンテナンス活動が中心です。Metaは、修理をしたいユーザーたちがiFixitについて語るための専用スペースです。Amberは、ボランティアのモデレーターや、iFixitの活動に質問を投稿するコミュニティ・メンバーとつながり、オープンでフレンドリーな環境を育んでいます。  Amberは、2021年初めにiFixitに入社して以来、MetaとiFixitオンラインコミュニティを管理するというユニークな立場で、高い評判を得ています。Metaでは3,177の評判を獲得し、164のソリューションを提供しています。iFixitでは、2,864の評判ポイントを獲得し、35のソリューションを提供しています。彼女は一日のうち、サイト内をパトロールしながら、オフライン時に公開されたコンテンツ一つ一つを楽しんでいます。 「私のお気に入りの分解は、オレンジです。とてもユニークで面白いし、細部に至るまでこだわりを感じます。」とAmberは言います。「最後の手順で、オレンジの構成パーツを並べてみると、まさに芸術品です。」ユーモアはさておき、アンバーは、最高のガイドとは、作業内容が簡単に学べて、ユーザーがフォローしやすいものと公言しています。「義姉が自分の車のタイヤ交換のやり方を知らなかった時、全ての人が当たり前のように、自分のものをメンテナンスできるとは限らないのだと気付きました。」 評価ポイントがどうであれ、私たち一人ひとりが修理の針を一つ進め、修理を配慮していないプロダクトデザインや電子産業廃棄物が地球に与える悪影響を軽減するために(そして、いつの日かゼロに)できることを行っています。  さあ皆さん、これからもこの調子でいきましょう!世界中には、修理を待つ壊れたガジェットが積み上げられています。