メインコンテンツにスキップ

あるニーズを満たすために製品がどのようにデザインされたかを知れる記事です。例えば、メーカーがガジェットの機能を充実させたり、修理の難易度を改善/悪化させたり、ガジェットが頻繁に壊れる原因となるようなデザイン決定など取り上げています。

ガジェット

iPhone SEのパーツはどの程度、個別アップグレードが可能でしょうか?

Appleは新モデル全体の設計に経費をかせず、節約しながら、新モデルのスペックをアップグレードしているのに、なぜ私たちはお金をかけてアップグレードしなければならないのでしょうか? カメラはより高性能に、バッテリーはより効率が良く、プロセッサはより高速に。これらのアップグレードを得るためには、新モデルを手に入れるしかありません。Project AraやPuzzlephoneを聞いたことがありますか?自作PCの概念をスマートフォン市場に持ち込むという夢のような話です。コンセプトは簡単です。デバイスではなく、テクノロジーをアップグレードします。10万円を払って新機種を手に入れて、まだ使える携帯電話を引き出しの奥に眠らせるのではなく、カメラパーツを購入し、それをデバイス本体にインストールします。結果として、30gほどのe-wasteを廃棄するか、古いパーツとして売ることができます。少し時代の先端を走っていたNewtonと同じように、先導してくれるのでしょうか。 iPhone SEは第3世代モデルに突入しましたが、どれもiPhone 8の筐体にうまく収まります。iPhone 8、第2世代iPhone SE、2022年モデルiPhone SEは、すべて同じボディで、全体的に同じパーツを使っています。パーツを入れ替えてアップグレード可能なパーツの夢は、もうすぐそこまで来ていますが、重要なパーツの交換はどの程度可能なのでしょうか? iPhone SE 第3世代モデル iPhone SE 第3世代は基本的に第2世代モデルと同じです。サービスが必要な時は、 iPhone SE 2020の修理ガイドに従うことをお勧めします。また、Appleが公開している修理ガイドも参考にしてみてください。ただし、中身を見て驚愕しないでください。これはAppleが期待している現実です。 iPhone SE 2022のパーツ交換の互換性 2台のiPhone間でパーツ交換をする場合、正常に動作するもの、動作はするけれど機能を損なうもの、全く動作しないものに分けられます。最初の2つについては、パーツの形状が適合し、デバイスは正常に動作しますが、Appleのトレードマークである「確認できません」という警告が表示されます。しかし場合によっては、2つの新品のiPhoneの間で交換された純正パーツであっても、Appleからの恩恵(および/または手数料)がなければ、パーツのペアリングができないため機能が失われることがあります。そこで、2022年モデルのiPhone SE、2020年の前モデル、そして先代モデルのiPhone 8の間でどのパーツが交換後も機能するかどうかを、”可能”、”可能ですが…(限定的)”、”不可能”と判定した結果をお伝えします。 iPhone SEのバッテリー の交換 iPhone SE 2022のバッテリーを同モデルにインストール:可能ですが…バッテリーの交換を考慮した時、交換できるのは良い兆候ですが、残念ながら「非純正パーツ」の警告が表示されます。唯一失ってしまう機能は、バッテリヘルスを表示することができません。正真正銘、純正のバッテリーを使用していても、Appleは自身で承認できるまで、あなたが行なった修理を「純正ではない」ものと見なします。…

テックニュース

Appleはサードパーティのスクリーン修理によるFace IDの不具合を修正すると発表

本日、AppleがVergeに伝えたところによると、一般リペア業者やDIY修理によるスクリーン交換後、Face ID機能を維持できるソフトウェアアップデートをリリースするということです。これはiFixitブログで、この問題とリペア業界への影響について報告し、メディアからの注目を集めた数日後のニュースです。私たちが知っているのはこれだけです。Appleが常に取り巻くこの問題を解決するつもりだったのか、それともApple製品の修理を独占するための、新たなスタンスを試していたのかどうかは分かりません。 Appleは、ソフトウェアのアップデートがいつリリースされるか言及していません。また新iPhone 13ではFace IDのフラッドイルミネーターがスクリーンとは完全に分離しているにもかかわらず、スクリーン交換後にFace IDが無効になる理由についても説明を避けています。Apple以外で修理する問題の中で、驚くほどよくある偶然は、修理頻度の高いTouch IDやカメラの修理を行った際に、その問題が深刻で対応が遅いことです。 メディアの注目と世間からの反発によって、Appleがこの問題に手を打たなければならなかったとすれば、今日はなんて良い日でしょう。Googleが発売した新Pixel 6と6 Proでは、ユーザーであれリペアショップであれ、スクリーン上の指紋スキャナを交換した後、再キャリブレーションをすれば問題なく機能する設計も幸いしたかもしれません。Appleのライセンスを受けた技術者だけがログインツールを交換できるのに対して、Googleは誰でもブラウザにアクセスできます。全く議論の余地はありません。 これはリペア業界にとって戦略的な成果と言えますが、戦場が変わるまでは終わりの見えない戦いです。Apple社やこれに付随する多くの企業は、収益性の高い正規修理サービス以外では修理ができない理由を掲げて、さらなるパーツのロックダウン、機能の消失など再び前進してくるでしょう。クラウドから自社のファームウェアブロックを修正できる企業と競争する中、一般のリペアショップはマイクロソルダリングを伴う修理を行い、1つの修理により多くを時間を費やし、より厳しい利益率を伴う未来を見ています。 このような現実を変えるため、私たちは修理する権利を求めて、メディアや様々な場所で戦い続けています。