メインコンテンツにスキップ

YouTubeを始めとするソーシャルメディアなどで著名な、修理テクニシャンたちの作業場や愛用しているツールボックスの中身を垣間見ることができます。また修理作業中に出くわした、忘れることのできない心に残るストーリーなども楽しめます。

修理テック

あなたのツールボックスの中身を見せてください: Xyla Foxlin氏(Beauty and the Bolt、ディレクター)

この連載シリーズ”あなたのツールボックスの中身を見せてください”では、私たちがお気に入りの修理テックたちのツールや作業にまつわるヒントを紹介しています。今日は、オハイオ州クリーブランドを拠点に活動する、非営利団体「Beauty and the Bolt」のエグゼクティブディレクターXyla Foxlin氏に話を伺いました。この団体は、若い女性たちにものづくりや修理に興味を持ってもらうことで、STEM分野の多様化促進を目指しています。 まず最初に、あなた自身について、そして何をしているのか、iFixitコミュニティに教えてください! 私は根っからの作り手であり、エンジニアでもあります。Beauty and the Boltのミッションは、女性やマイノリティの人たちに向けて、ものづくりやエンジニアリング、テクノロジーに参入する際の障壁を低くすることです。私たちはエンジニアリングの基本概念や、楽しいDIYプロジェクト、工具に関するチュートリアルなど、女性による女性のためのビデオを作成しています。Beauty and the Boltに来る以前は、家電製品プロジェクトを創設し、Disney Imagineering社とiRobot社で研究開発に携わってきました。 修理を始めたきっかけは? 変な話ですが、私はもともと電子機器の取り扱いにはとても慎重な人間で、幼い頃から親に「高価なものは壊すな」と叩き込まれてきました。でも、10代の頃は安いアクセサリーを沢山身に付けて、いつも木に登ったりスポーツをしたりしていました。そのため修理を始めたきっかけは小さなチェーンやジャンプリング、靴、ジッパーなどの機械的で外観の修理でした。 あなたの工具箱には何が入っていますか? 私の緊急用工具箱には、ハンドツール、ドリル、半田ごて、接着剤とエポキシ、そしてiFixitのツールキット という基本的なものが入っています。ダウンタウンの小さなアパートに入るものは限られているので、大部分の工具類はスタジオ兼ワークショップに置いています。そこには、レーザーカッター、CNC、真空形成機、3Dプリンター、たくさんのハンドツール(私はヤードセールが大好きです)、オシロスコープ、半田付けステーション、ヒートガン、ファンクションジェネレーター、ワイヤー、たくさんのスペアコンポーネントとAdafruitボード、空気圧ツール、そして言うまでもなく基本的な電気を使うツールが揃っています。 ツールの整頓術について教えてください。 整頓術とは?一体、何ですか?いえ、冗談です(笑)。ハンドツールの一部はペグボードで壁に固定し、使用頻度の少ない電動工具や空気圧ツールは大型プラスチックボックスに収納して、必要な時に取り出します。レーザーカッター、3Dプリンター、CNCを上に載せた小さなデスクにキャスターを付けて、ビデオ撮影をする時はセット場まで転がしています。 使用頻度の高いツールについて教えてください。 ハンダゴテは、私と共に全米中を旅してきた相棒です。何か壊れたときのために、会議に参加するときは必ず持参していました。そして私の試作品で一番使用頻度が高いツールがレーザーカッターです。3Dプリンターよりもはるかに速いですし、私はAdobe Illustratorも自由自在に操ることができるからです。 一番お気に入りのツールでありながら、一番使用頻度の低いものは何ですか? 祖母は、従兄弟の中で唯一の作り手・メーカータイプの私に、祖父の形見の古いレザーマンを私に譲ってくれました。何度か使ったことがありますが、失したり壊してしまうのが怖くて、いつもはケースに入れたままです。きっと祖父は私にもっと使ってほしかったと思うので、残念です! 実際に使用頻度が高いものの、エンジニアの分野では異例と思われるツールや素材がありますか? 実のところ、頻繁に裁縫をしています。例えば、会議用のテーブルクロスや着用するウェアラブルプロジェクト、ツール用ケース、Tesla Coil Showの衣装などです。大学時代に働いていたMakers…