カメラ操作のガイドライン

これらの手順は特にCanon SX120ISに適用されますが、一般的な概念は任意のポイントアンドシュートカメラに適用されます。

絞り優先モード ¶ 

Block Image

Top of the Canon SX120IS.

Canon Canon SX120ISには絞り優先モードがあります。 通常、このモードで撮影するのが最も便利です。 カメラがシャッタースピードを自動的に調整する間に絞り設定(fストップ)と露出補正(+/- EV)を調整できます。

(絞りはカメラに入る光の量を制御し、絞り優先モードはその制御したいとカメラに指示し、それに合わせて他のものを自動的に調整しなければなりません。)

デバイスの写真を撮るときは、フラッシュを使用しないでください。 代わりに効果的なライトを使用してください。

カメラのボタン ¶ 

Block Image

Back of the Canon SX120IS showing camera buttons.

キヤノンSX120ISはメイン機能のボタン周辺に回転ホイールを使用して画面上の値を変更できます。 回転ホイールを上/下/左/右にクリックすると、それぞれISO /タイマー/マクロ/フラッシュ機能にアクセスできます。 他のカメラも共通機能にアクセスするため、同様の設定をすることができます。

絞りの設定 (f-stop) ¶ 

Block Image

Changing the f-stop.

カメラが使用できる最大f-stop設定を使用する必要があります(f-12.0を超えないようにしてください)。 大きなfストップは、前景と背景の両方に焦点を当てます。

Canon SX120ISでは、カメラをAv(絞り優先)モードにするとすぐにf-stopを変更できます。 ダイヤルを回して設定を変更します。 カメラの画面に”EVを調整”モード(次の項目で説明します)がある場合は、+/-ボタンを押して「f-ストップ調整」モードに戻ります。

画像のように、カメラの最大fストップ値は8.0です。

露出補正 (+/- EV) ¶ 

Block Image

Modifying the exposure compensation.

露出補正にアクセスするには、カメラ背面の右上隅にある+/-ボタンをクリックします。 デフォルトでは0に設定されています。数値を大きくすると写真が明るくなり、低くすると画像が暗くなります。 撮影している画像が暗すぎる/明るすぎる場合は、この設定を変更する必要があります。 Photoshop(または類似のソフトウェア)を露出補正と組み合わせて使用して、画像の明るさを調整することもできます。

露出補正を使用して、画像内のオブジェクトを適切に照らしてから、Photoshop Elementsを使用して画像を処理し、さらに改善します。 通常、Photoshopの”自動レベル”で十分ですが、照明に問題がある場合は、画像を受け入れられるようにもっと多くの作業を行う必要があります。 あなたが立ち往生する場合は、 "照明を調整 - >影を明るくする"を試してから、 "レベル"を手動で調整してみてください。

ISO ¶ 

Block Image

Setting the ISO.

ISOは可能な限り低い値に保つ必要があります。 ISO値が高いと非常にざらついた画像になり、良質の写真を撮ることができます。 ISOメニューの回転ボタンの "上へ"をクリックし、回転ボタンを使用して、値を変更するとアクセスできます。 Canon SX120ISの場合、最低値は80で、これに設定しておく必要があります。

粒状の写真とは何ですか? ここを見てください。 写真の黒い部分に灰色の斑点が付いているのが見えますか?それは粒状のグレインで、それは避けなければなりません。 ライトを増加して、ISOを減らします。

セルフタイマー ¶ 

Block Image

Canon SX120IS's 2-second timer.

小さなISO値(80)と大きいfストップ(8以上)の両方がシャッタースピードを遅くします。 タイマーを使用すると、シャッターボタンを押す小さな動作でも画像がわずかにぼやけるため、この問題を補うことができます。 ロータリーボタンの「下」をクリックし、2秒タイマーを選択します。 他のカメラは2秒または10秒のタイマーを持つことができます。 いずれか1つを使用することができます。

(シャッタースピードは、カメラがセンサーを使用して写真を記録する時間の長さです。 ヘリコプターのローターを考えてみましょう。まだローターのように見えるようにするには、非常に短いシャッター時間が必要です。)

==マクロモード==

Block Image

Setting the macro mode on the Canon SX120IS.

マクロモードは、ほとんどのカメラで”花”印のアイコンで識別されます。 あるいはカメラ背面に設定や(Canon SX120ISのように)、カメラ上部の回転ホイールの一部に設定がある場合もあります。 オブジェクトの拡大写真を撮りたいときは、マクロモードを使用します。 多くのプロジェクト作業では、マクロモードを使用することができます。モードはオブジェクトから0.5〜1.5フィート離れた所で効果的に機能します。テストモードの写真を撮ることで、どのモード(マクロまたはノーマル) ロータリーボタンの "左"をクリックして、マクロ設定にアクセスします。

ソフトウェアの編集 ¶ 

編集ソフトウェアの使い方を学ぶのを手助はできませんが、ここに便利なオンラインツールがあります。 これらのツールにあるマークアップ(円、長方形、矢印など)は追加しないでください。 私たちのオンラインエディタを使ってください。

Full Featured

  • Photoshop Elements (Mac+Win, $65 for students)
  • GimpShop (Mac+Win+Linux, Free)

Lightweight

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! 貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

統計データを表示:

過去 24時間: 4

過去 7 日: 37

過去 30 日: 170

今までの合計 27,276