メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

iPhone Xの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    iPhone Xの登場です! さてガラスのサンドイッチの中身は次の通りです:

    手順2

    iPhoneは10年間という長い道のりを経て、ここにたどり着きました。実際、デバイスのデザインは当初の姿に若干戻ったように見えます。iPhone Xは、ここ数年手にしてきたモデルに比べてオリジナルiPhoneに似ています。

    手順3

    内部を分解する前に、友達のCreative Electronが撮影してくれたX線画像を確認してみましょう。

    手順4

    このペンタローブネジは妙な形で、未完成のネジに見えます。ネジの先端は溝が無く、正直ネジというよりピンのようです。

    手順5

    デバイス横から開くデザインがここでも採用されています。Appleが7 Plusでこの小さなトリックを仕掛けた時、私たちは驚かされましたが、もう朝飯前です。

    手順6

    基板から巨大なブラケットを外した後、ついにクパチーノ(Apple本社)発、最新フラグシップを動かすハードウェアの一端を垣間見れます。

    手順7

    デュアルリアカメラには巨大なブラケットが付けられています。デバイス本体が曲がってしまい、デリケートなコンポーネントが破損してしまわないようサポートがされているのでしょう。

    手順8

    この密集度が高い基板を取り出して、詳細に確認していきましょう。

    手順9

    Appleは一体どうやって70%に縮小された基板上により多くのテクノロジーを搭載出来たのでしょうか?言うまでもなく、基板を半分に折り畳んだからです。

    手順10

    半分の基板情報です:

    手順11

    Apple/Murata USI 170821 339S00397 WiFi / Bluetoothモジュール

    手順12

    基板サンドイッチの外側にもまだチップが搭載されています:

    手順13

    Appleは一体どのようにしてPCB(プリント基板)のサンドイッチをデザインしたのでしょうか?

    手順14

    新しいデュアルパックのバッテリーには4つのプルタブが付けられています。これはiPhone 8に使用されていた短いプルタブとよく似ていますが、以前とは違う場所に付けられています。

    手順15

    もちろんFace ID機能はご存知ですよね?通常、私たちは分解のみ行いますが、稀らしく分解前に試行しました。撮影に使用されたビデオカメラは上手くドットパターンの投射を写せませんが、イルミネーションが出ているのは確認できました!

    手順16

    さて次は待望されてきたTrueDepthカメラシステムに注目してみましょう!このシステムはFace IDを機能させるため様々なセンサーと融合させています。

    手順17

    ゴールはもう目の前です。このリアケースに残されたコンポーネントを頑張って分解しましょう。

    手順18

    iFixitの素晴らしい分解エンジニアたちが2本のピンセットを使ってLightning コネクターを外すテクニックを紹介しています。

    手順19

    メインのアセンブリがバラバラになりました。この次はディスプレイに戻ってきました。最初に取り出すのは耳をあてるスピーカーです。ディスプレイからサウンドを送り出すための素晴らしい新回路がデザインされました。

    手順20

    さて、この謎のチップをもう一度確認してみましょう!TechInsightsの助けを借りてディスプレイ裏側にあるシールドの下を覗いてみました。以下が識別できたものです。

    手順21

    Xのベアメタルまで掘り下げていきましょう。次に見覚えのある内部がずっしりと詰まったパズル:ワイヤレス充電コイルを見つけました。

    手順22

    ボーナスラウンド: 新iPhone Xのリアガラスが割れてしまうと一体どうなるでしょうか?

    手順23

    22コースにも及ぶ分解ディナーを楽しんでいただけたでしょうか。栄養満点の内容でした。

    手順24 — 分解を終えて

    iPhone Xのリペアビリティのスコアは10点中6点です。(最も修理しやすい指標が10点です)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります